壮絶

時々、乃木坂のとある事務所で打ち合わせがあるのだが、この日
早くに仕事が終わったので、前々から気になっていた場所に足を
むけた。

それは「乃木邸」
乃木大将の家が当時のままに残されている。
その家は屋敷というには、あまりにも簡素で質素。
いかにも軍人の家という感じがする。

六本木と青山を結ぶ大通りから一歩はいると、そこは異空間だった。
まるで当時にタイムスリップした様な雰囲気。

        乃木邸4、玄関
        乃木邸の玄関

よほど馬を大切にしていたのだろう。
木造の家よりも、レンガ造りの馬舎の方が立派。

        馬舎2
        馬舎

乃木将軍のことは、明治時代を生きた軍人であったというくらいしか
知らなかった。

弱虫と言われた子供時代、不慮の事故で片目を失明したこと、
両親に厳しく育てられたこと、家出して長州藩士から明治国家の軍人
として明治維新、西南戦争、日新日露戦争(この時2人の息子を戦死
させている)と、激動の時代を生きぬいたこと、数々の挫折を繰り返し
最後は明治天皇崩御の後、静子夫人と殉死を遂げた、その壮絶な
人生を今回、初めて知ることとなった。

        乃木将軍、肖像画
        乃木大将肖像画

乃木邸の横には乃木神社がある。
そこの宝物殿には乃木大将の数々の遺品が陳列されている。
殉死当日の朝撮ったという写真も飾られていたが、そのお顔の何と
穏やかなこと。

生死の狭間を何度も体験してきたからこそ最後の「死」を選んだ人の
行き着いた「穏」であったのだろうか・・・?



       乃木邸3





この日のきものは
格子の八草紬
今秋初めての袷、ベージュ格子柄の八草紬。
帯揚げは黄色、帯締めは濃い臙脂で、紅葉を意識してみました。


冨田潤氏帯
帯は冨田潤氏の八寸。


この日、行きと帰りの電車の中で6人も着物姿の女性を見ました。
いよいよ着物を着てお出掛けするにはちょうど良い季節になったのですねぇ。












コメント

非公開コメント

まあ、素敵ですこと!!
最近格子着物に目がない私、こちらもツボだわ~
紅葉を思わせる帯もいいな。
この前久しぶりに「七緒」買いました。
着物、早く着たいでーーす♪

sognoさま
格子とか縞って飽きませんよね。
気候が良くなったせいでしょうか、今月は4回も
きものに手を通すことが出来ました。
仕事にもどんどん、きもので行きたい気分です。
(夏着れなかった分を取り戻してるんですね・笑)
sognoさんも、おきもの着られますように〜。

場所は知っていますが、脚は踏み入れていません。
乃木大将は、NHK放映の「坂の上の雲」で柄本明が演じて、愚直な軍人ぶりで、きれいに枯れて行く様が印象的でした。こんな穏やかなお顔の方が、あの激烈な旅順攻防を指揮した方とは、、、。
お着物も素敵ですね、、、こんなざっくりして軽いグリーン系の八寸帯が欲しいのです。私も念願のベージュの紬をあつらえましたが、あっという間に単衣を着ずじまいでした。

「大日本帝国」という映画の仲代さんとNHKの「坂の上の雲」の柄本明さんの乃木希典、この肖像画を見てパーッと蘇ってきました。
乃木ご夫妻も朋百香さんのステキなお召し物から秋の訪れを感じて喜んでらしたのでは・・・ 
いつも閉まっている時間しか前を通ったことがないので、今度ぜひ見学してみたいです(^_-)-☆

訂正です

先ほどの投稿、仲代さんの乃木大将は映画「二百三高地」でした。いま思い出しても胸が苦しくなるくらい過酷な戦闘と人生が描かれていました。

セージグリーンさま
旅順攻防では、多くの将兵を死なせてしまい、その責任をとって
割腹しようとしたそうですが、明治天皇に「まだ死ぬ時ではない。私が世を
去ってからにしなさい」と言われて、忠実にそれを守ったのですね。
乃木大将を褒め称えると、今はすぐ右派みたいに言われてしまいますが、でも
日本人の魂とか、自分の国を想う気持ちとか、今の若い人達に伝えるべきものが
あると思うのですが・・・。

もともと冨田さんは、タペストリーの作家さんなので、この帯もその延長線上
なのでしょう。軽くてしめ易い八寸です。

私も場所は知っていても足を踏み入れず。
乃木将軍のことはやっぱり司馬遼太郎さんの小説「坂の上の雲」で。
司馬さんの精神もふんだんに盛られた渾身作のひとつだなあ〜って思います。
でも、牧歌的な前半三巻をすぎたら読むのがしんどいのなんのってもう・・・。
小説よりも現在再放送中のドラマで見る方がいいかもですね〜。
小格子のお着物も秋深しといった帯も素敵。
通り過ぎた後ろ姿をきっと何人もの人が振り返ったに違いないですよ♪

yukikoさま
見学といっても、家の中には入れないのですよ。
でもこんな所にひっそりと残っているのが、なにかとても不思議でした。
ここから馬に乗って皇居まで行かれたのかと思うと、なんか凄くリアルで
写真を見たせいもあるのでしょうが、まざまざと目に浮かぶようです。
大変な戦争をいくつも乗り越えてきたのに、本当に穏やかな顔つきで
でも眼差しには深〜い悲しみをたたえて、孤高の人だったのですねぇ。

yukikoさま
ご丁寧に訂正をありがとうございます。

tomokoさま
娘に聞いたら、今の歴史では乃木将軍のこと教えないんですって。
まあ靖国神社だって参拝云々という時代ですからねえ。
でも日本の歴史として本当のことは教えるべきではないのか?と思いますけどね。
「○○○○国」に入りたいなんていう若者を見ていると特に。

「乃木邸」存じ上げませんでした。
ちゃんと保存されているのですね。
機会があったら訪ねてみたいです。
場所など調べてみたら、ご夫妻の命日に
一日だけ一般公開されると書いてありました。

↓伊兵衛織もこちらの格子の紬も本当によくお似合い♪
と、お会いしていないのに断言できるぐらいですわ!!

櫻子さま
そーなんですね、ご夫妻の命日ですか・・・。
せっかくなら、お家の中にも入ってみたいですよね。
でも、遺品を拝見してもまだ、そんなに風化してない
過去なので、ちょっと生々しい感じ(私だけかな?)が
しました。

ごめんなさい。写真を撮る時には付けてなかったの
ですが、懐中時計にちゃんと櫻子さんの帯飾り付けて
お出掛けしています、いつも。

乃木大将は殉死と言う事で死ぬ場所を見つけたんですよね。
ある意味、侍だったというか…。

わぁ、ステキな帯ですね〜♪

香子さま
そうですね、新しい明治政府の軍人でしたが、精神はやっぱり侍
だったんですねぇ。当時はもう割腹は禁止されていたそうですが、夫人と
共に見事に果てた姿を褒め称える人は多かったようです。
(でも、割腹って残酷〜)

はい、この帯、楽ちんで大好きな帯でーす。

こんにちは!わわ、出遅れました・・・。乃木将軍、エキセントリックな人生のように思えますが、当時はこういう人(自死しなくても、スピリットは似ているような人)が主流だったのでしょうか・・・。考えさせられます。
そのような、タイムスリップした空間に、格子のお着物×冨田さんの帯の装いが実にしっくりなじむ様子を想像しました。何か、ドラマが生まれそう・・・。よくお似合いです。

絵美さま
そうですね、当時の日本には多かったかも・・・
結局、基本流れているのは侍魂ということでしょうか。
大きく変化する時代について行くのも、行けないのもどちらも
大変なことですねぇ。

格子や縞のきものは、チェックやストライプの感覚で、着易い
ですね。

あれ??コメントしたはずなのですが…行方不明かも。
乃木邸、前を通ったことはあるのですが、、。この当時の上に立つ方たちの壮絶な人生は想像もつきませんが、こんなお屋敷が、静かに残っているのが、、じーんと感じます。
富田さん、やっぱりいいなあ!
去年、伺ったのですが、朋百香さんの帯のイメージで頭がいっぱいで、、、結局、違うものを選び帰りました。いつか…の憧れです。

とうこさま
あれ? それは失礼しました。どこに行っちゃったんでしょう
ねぇ? 
本当におっしゃる通り、当時のままに残っているこの建物を見た
だけで、感慨深いものがあります。
なにしろ六本木と青山の間ですから・・・。
よくぞ残してくれました。という感じです。

冨田潤さんは、基本、タペストリーの作家さんなので、あまり帯とか
作らないそうで・・・貴重ですよね。大事にしています。
でも何より締めやすいのが一番◎。