私もsousou

先日、友人のブログでsousouのことが載っていて私も
近くに行ったら寄ってみたいなぁ・・・と思っていたら
N子姉が「これ、履かない?」と 持ってきたのが、何と
sousouのものだった。

「うん、履く履く!」と、私は二つ返事。

sousouパンツ全体

ネットで調べてみると、どうもこれは「久留米絣 帯もんぺ」
というものらしい。


        履いた所

        履くとこんな感じ。



        パンツのタグ

パンツの内側にはタグがこんなに。
創業明治31年、野村織物という所が織った久留米絣。
縫ったのは京都の岡田縫工所。
そして「Monpe are traditional Japanese work pants.
their use became more widesupead during World War ll」と
書いてある。
つまり「もんぺは日本人の伝統的な仕事着です。
第二次世界大戦中に、より多くの日本人が着る様になりました」
という訳になるのだろうか?
そして赤い字で JAPAN DESIGN、JAPAN MADE と書いてある。

なる程、もんぺは日本人にとっては外国人にとってのGパンの
ようなものだったのだな。
日本で初めてジーンズを履いたのは、白州次郎氏と聞いた。
それまでは日本人は皆、もんぺを履いていたのだ。


この久留米絣のもんぺ、履き易いし涼しいし デザイン的にもおされ。

パンツのポケット

ポケットが側面に付いていて中の白い布がチラッと見える。


高温多湿の日本には、やっぱりもんぺが一番合っているのかも・・・と
実感した履き心地だった。

もんぺというのは年配の人には、あまり良い思い出はないかもしれない。
だがこうして 新しいもんぺが現代に蘇り、若い人達がファッションに
取り入れることは、素晴らしいことなのではないか・・・?
なにしろもんぺは日本の伝統的なパンツなのだから、廃れてしまうのは
あまりにもったいないもの。









コメント

非公開コメント

オサレです〜♪
シルエット的には似ていなくもないけど
お値段が10分の1のUさんのRを愛用(笑)

朝ドラのカーネーションで糸子の母方のお祖母さんが
大島紬でもんぺを作るシーンが印象的でした。

ふふ、それはご縁というものか、それとも想う一念というものでしょうか?笑
見るからに履き心地良さそうですよ。
しかしダボ系ジーンズしかり、このもんぺしかり、
ゆったり系のボトムのはいた時のシルエットが
私なんかとまるで違うのが羨ますい〜。笑

櫻子さま
この久留米絣をきもので着ようと思ったら、ちょっと柄が大き過ぎ
ですが、こうしてパンツで履くならOKですよね。
新しいうちは張りがあったのですが、何度か洗ううちにいい感じに
柔らかくなり履き心地もどんどん良くなってきました。
お気に入りのパンツになりました〜❤

tomokoさま
はいー、知らぬうちに念を飛ばしていたのでせうか?(笑)
「羨ますい〜」とおっしゃいますが、逆に私なんかは普通のが似合わない。
まあ、体系の悩みはつきませんが、いかに自分に似合うのを探すかですねぇ。
そこいくと、やっぱりきものはベスト! と、そこに落ち着くのですが。
早くきものを普通に着られる温度になって欲しいです。

わぁ、おされですねえ♪
朋百香さんのスタイルの良さも一役買ってますね。
短足のワタシは似合わないんですよねえ (^-^;;
もんぺと言えば裾が窄まってるイメージですが
そうなるとますます似合わなさに拍車がかかります(笑)

ああ、涼しそうですね~。
夏には厚手のジーンズやら化繊でピッタリするスパッツやらより、こういうパンツの方が気持ち良いですよね。
それに、あちこち細かいところまで気が配られていて「もんぺ」と呼んでは申し訳ないようにおされ!!ですわぁ。

香子さま
そうなんですよね、この形はもんぺというよりステテコに近いと
思うのですが、sousouではこんな形のいろいろな「もんぺ」シリーズ
があるみたい(笑)
まあいいんだわ、何でも。織元さんや縫製屋さんが少しでも活性出来る
なら・・・ね。

りらさま
私もほとんどが「Gパンの人」なんですが、さすがに日本の夏には
暑いんですよね。その点、これは涼しいし、着込む程風合いが良く
なる(きものと同じですね)し、◎です。
やっぱり日本の布って日本の風土に合ってるな〜と、今更ですが
思いました。

可愛いですう~。

ここ 京都が本店だと思うのですが 最初 小さなお店
だったのにあれよあれよと、、、

滋賀の高島ちぢみも大いに使っているみたいで、各地の
いい生地がいいデザインで商品になっていて いいな
と思います。
東京のお店もたまたま通りかかって 買いそうになった
のですが、あれ 近場で買えるのだった、と思いなおし
たのでした。

こんにちは! 風通しが良さそうで、まさに日本の気候にあった「伝統着(?)」ですよねぇ。大きなお花がマリメッコ調で現代的。靴下~スリッパとの統一感もオシャレです。

風子さま
そうなんですね、元は京都なんだ〜。
そうそう(しゃれではありません)高島ちじみのカットソーとか
ワンピースもネットショップで見ました。
着心地良さそうですね。
柄がマリメッコに似てるな・・・と思っていたら、デザイナーの
お一人が元マリメッコのデザイナーさんだったのですね、納得。
夏は汗になるので、じゃぶじゃぶ洗えるのが一番ですね。

絵美さま
ね〜、私もT子さんのブログを見た時からマリメッコぽいなと
思っていたのですが(風子さんのコメントにも書きましたが)
デザイナーさんのお一人がマリメッコ出身なんです。
マリメッコは柄が大きくて色が大胆でちょっとケンエンしていた
のですがこちらは、そこに日本のテイストが入っているので、
着れるかも。
「靴下とスリッパの・・・」アハハ、お恥ずかし。
家にいる時はこんなんですー(笑)

大人可愛い~~

朋百香さま

すらりと素敵な着こなし・涼しそうで肌触りよさそうですね
お気に入りが向こうからやってくる・・・ なんとも羨ましい限り

いいなぁ~と思いつつ体形的に無理だわ 
長さが足りない(足の)=シルエットが悪くなるもの

シャツや貫頭衣のようなワンピースはどうかしら?
部屋着は涼しくて楽なのが一番ですものね

sachikoさま
ご覧になりました? あの貫頭衣みたいなワンピース
お家で着るのに良さげですよね? 
でも私は次にもし買うならきものの打ち合わせのような襟のカットソー
が欲しいな〜と思っています。
幸いにもあちら方面に行く用事がないので、このまま夏が過ぎてくれれば
余計な出費が防げるな・・・と(笑)
夏は暑さのお陰できもの関係の出費がなくなるのですが、欲しいものって
なぜなくならないんでしょうか?
9月になれば、ほら、あれが来ますものね。フフッ