月も朧に白魚の〜

ひ、七之助さんが すぐそこに・・・
手が、手が届くくらいすぐ近くに・・・

コクーン歌舞伎に行ってきました。
初めてのコクーン歌舞伎、役者が客席の間を縦横無尽に動き回る。
テレビではよく観ていたが、実際となると迫力が違うのでした。

ご存知「三人吉三」 作者は河竹黙阿弥。
幕末の江戸の混乱した時代に、たまたま吉三という同じ名を持つ
不良達が血盃を交わし義兄弟になる。
そうね、あんた達 寂しいのよね。
親の因果が子に報っちゃったり、運命のいたずらで一生が狂っちゃったり
、本来は良い生まれだったのにやっぱり歯車が狂って放蕩のあげくに
悪党になっちまったりと、ちょっと可哀想な若者達のお話。

複雑な人間関係や入り組んだ状況を分かり易く演出した串田和美さんは
さすがです。

勘九郎さん、七之助さん、松也さんが体当たりで演じる吉三達は若さと
エネルギーが溢れて圧巻でした。


三人吉三プログラム
深夜の渋谷でプログラム用に撮られたスチール写真。
現代の不良になりきる三人吉三。




回りを固める笹野さんや片岡亀蔵さんも相変わらずいい味だしてるし、
中でも印象的だったのは夜鷹の三人。
もうキャラが濃くて、濃くて、七之助さんの美しさとは正反対の汚〜い
おばはん達なのだが、大笑いしながらも、ゾッとするようなインパクトが
あって絵美さんと思わず「夢に出てきそうね」と。



今朝もニュースで大阪のあの方が「問題児の個別指導」というのを
やるとかなんとか・・・いつの時代も若者の非行は社会の大きな問題
なんですねぇ。

けれどこの歳になると・・・人ってのは、どうしようもない、けれど
憎みきれない・・・あわれな生きものなんだなぁ〜と、しみじみ思う
のであります。

結論としては文句なしに楽しかったし、面白かったです。
若い人達が頑張っているコクーン歌舞伎、また観たいと思いました。
勘三郎さんは草葉の陰で喜んでるかな、それともダメだししてる
かしら?



この日、ご一緒したのは絵美さん、sachikoさん、k子さん。
皆様いつもの如く、それぞれに楽し、美しおきもの姿。

お太鼓だけ撮らせてもらいました。
           絵美さん帯
絵美さんは爽やかな紫陽花の付け下げに白の織りの帯
すみません、紫陽花の柄が入りませんでした。


           紫陽花帯
k子さんは、縞のおきものに紫のぼかしも美しい紫陽花の刺繍帯


          風神、雷神帯
sachikoさんは、大島に風神、雷神の帯
かっこいいー!


そして本日、私の目が釘付けになったのはk子さんがご自分で
染めたという長襦袢。
香子さんの長襦袢
あまりにきれいな紫、無理言って撮らせて頂きました。
ダイロンで染めたんですって。
私もやる! 絶対やる〜(笑) 


この日の私は
飛び柄小紋
青磁色の飛び柄小紋に母の帯。
薄紫の帯締めに小川郁子さんの江戸切り子の帯留め
帯揚げも薄紫で紫陽花を意識してみました。

お太鼓はこちら(絵美さん撮影)
私のお太鼓
この絽の帯、花や葉の形は紫陽花ぽいんですが、金糸なので
紫陽花に見えないのが残念。








コメント

非公開コメント

うん、みなさんの装い、季節ならではの色や柄、
それぞれにお似合いだったろうなあ〜ってうなずきながら拝読。
私、ここ数年のことですが、秋の末枯れたアジサイにl心惹かれていて
たとえば9月に秋色紬にあえて末枯れた秋アジサイ。。。という風情で
こんな帯あわせも素敵ではないかという気がします。(ひねりすぎ?笑)
コクーン歌舞伎、体感なさってよかったですね!
あそこは歌舞伎座とはまったく違うライヴ感ありますよね〜。
きっと勘三郎さんも舞台袖(そこが彼の草葉の陰?)から
毎日見ているにちがいないですね。w

tomokoさま
秋の立ち枯れたアジサイ、これもいいですよね〜。
色もぬけて、ドライフラワーみたいな・・・
秋にそんな帯締めてらっしゃる方をお見かけしたら、もう
絶対に声かけちゃいます(笑)

私としては簞笥の肥やしだった母の帯を締めてあげられて良かった
です。(昔の帯は固くて締め難いんですよね、帯芯変えようかと
思ってます)

そうそう、ライヴ感、それです。やっぱりああいうのは劇場に足を
運ばないと・・・ですね。

昨日は楽しかったです~ありがとうございました☆
今のところ、あの不細工夜鷹の3人は夢に出てきていませんが(笑)
忘れたころに出てくるかも…真夏の夜とか…怖いよー!

おっしゃる通り、演出が素晴らしくて、話の筋もわかりやすかったし、あの雪の場面も幻想的で感動。歌舞伎だとともすると「単なる符号(雪が降っている状況説明だけ)」になりそうなところを、とても凝った演出だなあと感心しました。

青磁色の飛び柄のお着物、いろんなシーンに合うし、お色目もよくお似合い。こういうタイプが一枚あると、とても重宝しますよね。帯も金糸で紫陽花風というのが、クリムトチックなような、アールヌーヴォーな感じで、朋百香さんの雰囲気にマッチしていました☆

は〜い、k子です(笑)
昨日はありがとうございました。
円熟芸もいいですが、若いってのはいいですね♪
そして皆さまの着姿も眼福でございました i-178
ぜひぜひダイロンお試しくださ〜い (^-^)/

あ、切り子の帯留め…もっとよく見させていただけばよかった!

絵美さま
こちらこそ、ありがとうございました。
楽しかったですね! 歌舞伎座とはまた違った芝居小屋の雰囲気で。
ほんと、ハラハラ舞う雪でなくて、あのドサッという雪(雪崩?)には
まいりました(笑)
そして三人組夜鷹、話の筋とはぜんぜん関係ありませんが、あの
おはぜ婆さん、あの歳まで夜鷹やってるなんてシンドイだろうな〜なんて
変なところに同情したりして・・・でも逞しく生きているって感じで、
なんか気になっちゃう。

絵美さんの綺麗な紫陽花柄が写ってなくてごめんなさい。
皆様には絵美さんのブログで見て頂きましょう。

香子さま
はーい、早速ネットで注文しましたよ、ダイロン。
やる気満々ですが、まず展覧会用の絵を仕上げねば・・・ね。
(そういう時に限ってやりたくなっちゃうんだな〜これが)

「若いってのはいいですね〜」はい、化粧のノリも違います。
七之助さん、ホント、触れるくらい近くにいたんです。
もー、触っちゃえば良かった(笑)

わー、楽しそうですねぇ。
コクーン歌舞伎ならではのお楽しみ♪
皆さまの初からしいお着物姿も壮観です!

楽しかったですね~(*^_^*)

朋百香さま

おはようございます 今日も良いお天気ですね(8時前から職人さん入っています)

なんとも楽しいひと時・・・
フ~ッと気が遠くなることもなく(笑) 
テンポの良さ・音響に気が付けば最後の山場・・・
芝居小屋の雰囲気 客席との一体感

お誘い頂き 感謝でございます(*^_^*)
またの機会 楽しみにしております

ありがとうございました

りらさま
たまにはいいですよね〜。いつも現実の世界にドップリですから
こういう派手な立ち回り、非日常の世界、きもの友との楽しい語らい、
疲れた心には必要です。
でも今月のお楽しみはこれでおしまい。
明日からまた、仕事漬け、家事漬け、子守り、そしてアトリエにお篭もりの
日々に戻ります。

sachikoさま
こちらこそ、久々ご一緒出来て楽しかったです。
若いっていいですね〜。元気をもらいました。
もっとも、もっと若いのがそばにいますけど(笑)
(そちらもご同様ですね)
またご一緒出来るのを楽しみに・・・❤

こんにちは!今回はご一緒できませんでしたが、こうして皆さまの素敵なお姿を拝見できて幸せ気分を分けていただきました。私は相変わらず音羽屋さんの円熟味と仁左さまの色気にウットリ、そして若さといえば、ウン十年ぶりに宝塚のレビューのキラキラしたエレクトリカルパレード並みの夢世界も覗いて、やっぱりパワーいただきました^_−☆

yukikoさま
宝塚ですか、それはそれは。
宝塚はちょっと苦手な私ですー(笑)
コクーン歌舞伎、またの機会にご一緒しましょう。