6月はアトリエに籠る

とうとう6月のスタート。
昨年から取りかかった生業の方の大きなプロジェクトもやっと
終わりがみえてきた。
「よく頑張った、自分」
(誰も褒めてくれないので、自分で自分を褒める)
さあ、6月は少しのんびり出来るか・・・と思いきや。

私の所属するJIAS(日本国際美術家協会)から今年の12月に
パリ、マレ地区で開催されるパリ国際サロンのミニ個展部門に推薦します。
というお知らせを頂いた。
もちろん、断っても良いのだが、折角のチャンスは活かさねば、と
思ってしまうのが私の性分。

しかしミニ個展部門には5作品必要だ。
いつものように新作1点を出すつもりで余裕だったのに、おっと大変。
フランス未発表の作品ならOKなので、対の2点「イザナミ」と「イザナギ」を
出したとしても後2点、描かなければならないことに・・・。
そして締め切りは7月初めである。
残された時間は約1ヶ月。
さあ「出来るか?自分」


             彼女の胸のうち
         今年はこの1点を出品しようと思っていたのだが・・・
         「彼女の胸のうち」 墨、和紙、アクリル
         縦94センチ、横62センチ

女はいろいろな想いを胸に秘めている。
だがそれがひとたび、爆発すると・・・というテーマで描いたもの。
写真では分かり難いが、金色や銀色を使ったかなり派手な作品。
なぜかこれを描き終わった時、スッキリしたものだ。
絵と共に自分の中のモヤモヤも爆発させたのだろうか・・・?



コメント

非公開コメント

それはそれは、描きたいパワーを発奮するいい機会ですね。
この前の作品にもでしたが
(けっして肌の色を区別して描かれているのではなくて)
なぜか内なるところからあらわれてくるジョセフィン・ベーカーのような人の
能動的な様子に、なにやら朋百香さんのとても内発的な発展を感じる私です。
暑さ対策も必要になるかもですが、どうぞ体調にお気をつけて
制作お気張りやしておくれやす〜!

tomokoさま
おお、言われて気がつきました。
この女性、ジョセフィン・ベーカーみたい。
別に肌の色を黒くしたかった訳ではなく、最近の
人間(または天使?)は墨一色で描くので、皆黒く
なってました。(あの「矛盾を抱えた天使」あたりから
ですねぇ)そうか〜、いろんな色の人も面白いかも
ですね。おかしなもので、全く肌の色は意識して
いなかったので、自分で描いておきながらなんですが、
新鮮な驚きです。
新しい発見をありがとうございました〜。

籠って仕事に没頭なさる、かげながら応援しております。
朋百香さんの作品は、とても抽象的に描かれているのに心臓の鼓動を感じて生きていることを感じる作品と・・・。
個展、是非拝見したいです。

こんにちは! そんなあ、誰も褒めないなんて…私が褒めさせていただきます!たいへんお疲れ様でした。
「個展」が開けることは、私のような一般の者から見れば一つのステイタス。しかもパリなんてカッコいい~ぜひぜひ、朋百香ワールドを展開させていってくださいませ。
「彼女の胸のうち」私は左上の黒いぽつぽつが気になります。細胞の核みたいな。素人の感想に過ぎませんが、胸部分の色彩の解放と良いコントラストになっているなあと思いました。

とうこさま
ありがとうございます。「心臓の鼓動を感じて・・・」
なによりのお褒めのお言葉、嬉しいです。
考えてみたら、自分そのものを描いているのかもしれませんね(笑)
「個展」そう、個展もそろそろやらなきゃ・・・とは思って
いるのですが・・・。
もう暫く、お待ち下さいませ。

絵美さま
ありがとうございます。絵美さんから褒められちった❤(笑)
仕事ってどんな業種でも出来てあたりまえ。苦労してもなかなか
評価されないものでですよね。

パリの個展の方は、個展と言ってもミニ個展ですから・・・。
でも、マレ地区のギャラリーに展示されるというのは嬉しいです。
それより何より絵を仕上げなくては・・・!

お仕事お疲れさまです!
今月はお籠り月ですか〜。。。
タマには息抜き…ですよね。

それにしても躍動感溢れてますね。
なんて言うんでしょう「生命力がある」感じがします (^-^)b

もう こもっておいでかしら、お邪魔にならなければいいけれど。

爆発した胸のうち、色彩が美しいと感じます。
そして勢いも。

また美しい作品が生まれるのですね、胸のうちを 絵という表現を通して表わすことができる朋百香さん 素敵だなあと思います。

香子さま
はいー、お籠りといってもそこは主婦のこと、亭主の
食事の仕度はあるは、もちろん他の仕事もあり、まあ仕事の合間に
絵を描くと言ったところですが・・・。
今月のお遊びは例のアレだけですー。
あ、半衿付け替えないと・・・。
「生命力がある・・・」ありがとうございます。
結構、この墨の人、定番になってしまいました〜。

風子さま
「もう籠っておいでかしら」はい、でも昼間の2、3
時間くらいですから。歳なので若い頃のように、一日
絵を描くといった事は出来なくなりました。
ましてや夜なんて、色も見えないし、もうダメ(笑)
のんびりモードですよ。はたして間に合うのかしら?
なんて人ごとみたいに思いながら・・・。
「爆発した胸のうち、色彩が美しい」
ありがとうございます。絵の具を紙にぶちまける、この
瞬間が幸せ(笑)和紙の上で絵の具がどのように動くか
分からないので面白いです。