行ってきました〜

きもの友達のブログを見ているうちに、どうしても
観てみたくなり、行ってきたのが、こちら


八重垣姫

文楽の第三部、「御所桜堀川夜討」と「本朝廿四孝」

皆様の感想では「御所桜」の方はあんまりカンバシクなかった
ので(忠義の為に子を殺すのは現代にはちょっと・・・)
期待もしてなかったのだが、内容はともかく、義太夫の節回しと
太棹三味線のあのべんべんという音を聴いているうちに、感情移入
してしまい、最後は目頭が熱くなってしまった。

「本朝廿四孝」は、単純に面白いお話。
恋しい人を助ける為にキツネの霊力を借りる八重垣姫の妖しくも
美しい姿。
なーんか、里見八犬伝思い出しちゃった(あれは犬だって)
狐がノリウツッてからの八重垣姫の動き、さすが勘十郎さん。
八重垣姫と4匹の白い狐さん、ラストに相応しい大盛り上がり。


と、初心者があーだこーだ言っていてもしょうがないので、
この日、ご一緒したtomokoさんのおきものを

岡田知子さん後ろ姿
tomokoさんとはいつも紬でお会いすることが多いので、縮緬の
小紋は新鮮でした。
椿の染め帯も素敵。
20年前くらいにお仕立てされたきものだと言うから、随分と
地味好みだったんですねぇ。


私は

うぐいす餅紬

まだまだ夜は寒〜いので越後の真綿紬。
梅春の頃に着たくなる1枚。
なぜかって、この時期 和菓子屋さんに出てくる「うぐいす餅」
に色も質感もよく似てるから(笑)

お太鼓、津田千恵子氏型染め帯

帯は津田千恵子氏の型染。


ウサコの帯飾り

帯飾りはsakurakoさん作のウサコ。


初心者目線でもう一言、言わせて頂くと文楽というのはどうも
暗かったり、悲しかったりするお話が多いので、落語のノリで
面白いショート作品なんかも、演目の間にはさんだら、もっと
楽しいのでは・・・なんて思ってしまうのは私だけ?
あは、諸先輩方に怒られそう。
失礼しました〜。


白紅梅もほころぶ

国立劇場の前庭には白梅、紅梅がほころんでました。







コメント

非公開コメント

こんにちは! tomokoさんのブログから飛んできました、着姿を見に(笑)。
わー、お二方とも、お二方らしさのある装いですね。tomokoさんのお召し物は、アップ画像では赤がぱっと目に入ってきましたが、やはり全体となると、程よくシックで、でも華やぎもあっていいですね。
朋百香さんの一揃いも、やさしくてどことなく「まったり」した白系に、津田さんの帯が映えること!

ふふ、今回の演目は両方とも時代物でしたが、
世話物では、独立した演目ではないものの、歌舞伎でもおなじみの
「チャリ場」という笑わせる場面が良く出てきて、
人形の滑稽な動きや、言葉遊びの利いた語りが面白いですよ☆

ふふ、こちらでTomokoさんの着姿拝見♪
お作りになられた時より痩せられたんですねえ。
や、地味好みだけどステキ。もちろん朋百香さんの鶯も (^-^)b

朋百香さん好みのノリのお話は今月の一部でしたわね〜 (^_-)-☆
七福神面白かったですよ〜♪

絵美さま
皆様があんまり「いい」とおっしゃるので、やっぱり
観たくなってしまいました〜。
今回はお天気も良く、きもので行けました。が、寒いと
どうしてもホッコリ真綿紬が着たくなって・・・江戸小紋は
おアズケです(笑)

「チャリ場」ああ、あの勘違い番頭さんみたいなヤツですね。
人形にしか出せない滑稽な動き、面白いですよね。
次回は世話物で・・・。

香子さま
そーなんだ、一部「七福神」、華やかでおめでたい演目
ですね〜。一部も観ればよかったぁ〜。
確実に文楽の道に嵌ってゆく私です(笑)

スッキリした中にも、なるほど「うぐいす餅」を思わせる質感とは、、、(*^_^*)
花鳥風月ではなく、お色目とテクスチャーで季節感を演出されるのに、いつも共感してしまいます。

どちらの演目もまだ観たことがありません。
あのベベンベンという太棹の音に乗せての人形の動き、目線、、、人間を越えた
心理表現には、目を見張り、胸を熱くしてしまいます。
歌舞伎よりもずっとリーズナボーなのも嬉しくて、、、。

セージグリーンさま
どちらかと言うと、お人形よりあの義太夫と太棹の三味線に
心奪われてる感があります。好きだわ〜あの音色。
お人形の方はいつか、前から2、3番目くらいで、動きを観てみたい
ものです。
身体は1つしかないのに、観たいものがいろいろあって・・・
歌舞伎は歌舞伎で捨てがたいですしね。
月に一度くらいは、どちらか観れたらいいな〜と思っておりますが・・・

帯ステキステキ♪
こういう柄のブラウスもいいなぁ〜なんてw
帯飾り、ご愛用いただいてありがとうございまーす(^^)

うふふ、Tomokoさんのブログでこの型染の帯(大好きなんです~♪)を拝見して「お~!朋百香さん♪」っと思い、こちらで拝見したかったお二人のお召しのお姿を・・・
気のおけない仲良しさんとの観劇って、楽しさもひとしおですよねぇ。

このポスター、挙げてらっしゃる方が多いのですが、本当に素敵!

櫻子さま
はい、ウサコ愛用しております。
最近は懐中時計に付けているのです。
なんか、帯から時計を出して見る仕草って好きなんですよね(笑)

この帯、最初は固くて締め難かったんですが、最近は締め易くなって
きました。きものとか帯って時間と共に馴染んでくるんですねぇ、
そして愛着が湧いてくる、といういつもの流れ。
「ブラウス」そうそう、洋っぽい柄ですよね、トランプのダイヤみたい。
シックな色使いだから、長く締められそうでしょ。
津田さんの色彩好きです。

りらさま
このポスター、最初人間だと思いましたよ。
tomokoさんも書いてらしたけど、文楽のポスターの写真撮る方、凄いですね。
どれも人間に見えてくる。

文楽って歌舞伎とはまた違った魅力がありますよね。
特に義太夫節が聴けば聴く程、良くなってくる・・・。
外国の方も何人もいらして、忠義とかって分かるのかな?って、特に自分の子供を
殺してまでの忠義って・・・って、人ごとながら気になりました(笑)