蔵の街へ

♪〜8時ちょうどの〜、あずさに乗ぉって〜♪
向かったのは、長野県松本市の中心地、蔵の街として有名な中町へ。
山梨の姉(漆のブローチの作家、T子)が、今回は松本市で個展を
することになったので、黒澤の姉(N子)と一緒に。

個展会場のギャラリーギャラリーの中、たかちゃん

バックルのような漆のブローチバックルのようなブローチ


今回のメインは個展ではなく、松本市は初めてというN子姉と私を
T子姉夫婦が案内してくれることに。
蔵の街と言われているだけに、蔵を改装してお店にしている所が
多かった。


家具屋さん蔵の家具屋さん



カレー屋さん
この古〜いお店はカレー屋さん


レトロなお店
レトロだな〜


女鳥羽川
街を流れる、女鳥羽川
(めとばがわ、と読む)


カフェギャラリー、建物
カフェ&ギャラリー,LABORATORIOの建物はその昔、薬屋さん
だったそうで、何と言う建築工法でしょうか?このきれいな窓。


ラボのカフェ、窓
2階は雑貨を扱う店とカフェ。これはカフェの出窓。


面白かったのは、「市ノ瀬ミシン商会」
何のお店か分からずに、ガラスごしに覗くと古布が・・・
本来はミシンの販売や修理をするお店なのだそうだが、今や
おかみさんの古布集めの方が勢いを増して、全国各地の
珍しい布や端布がお店のほぼ半分を埋めていた。
おかみさんは集めてきた布でジャケットやパンツを作っている。
N子姉の目にとまった麻のパンツに、「あ、それギャルソンの
型紙で作ったから可愛いわよ」と、おかみさん。

私は芭蕉布の帯を丸ごと見つけた!が、夏はあまりきものを
着ないので断念。
生成りに藍の格子が綺麗だったなぁ・・・
他にも古〜い久留米絣や、沖縄の布など、お宝いっぱいで、
見ているだけで、時間が・・・

市ノ瀬ミシン商会
市ノ瀬ミシン商会の店内


夕方は「時しらず」というお店で鳥鍋。

時しらず、中庭の蔵
中庭の向こうには、やっぱり蔵が・・・


テーブルに出てきたのは、何と土楽の鍋!
時しらず
うちのより、倍くらい大きい。


時しらず、鳥鍋
だし汁が白濁している。
ここまでだしをとるには、時間がかかって家ではなかなか
ここまでやらないなぁ・・・。

お味はもちろん、美味でございました〜。
そして、身体はポッカポカ。


レトロとモダンが同居する街。
知らない街を三姉妹で散策するのは面白かった。
3人ともいい歳だから「会える時に会っておかないと」という
N子姉に押されて乗った「あずさ」だったけど、北アルプスの
白い帽子をかぶった山脈と皆んなで歩いた街、楽しい思い出が
たくさん出来た。


さて、この日のお土産は
お土産のスプーン、
例によって木のスプーンと竹のトング


お椀と皿
赤い漆のお椀と白いお皿でした。
使う度に、思い出が蘇りそう・・・❤




コメント

非公開コメント

好きな街です

お姉様の作品、一度拝見したいです。
若い頃2度ほど参りましたが、街歩きにはもってこいですね。古い建物を壊さずに工夫して使いこなしているお店をあちこち訪ねると、時を忘れますね。で、「時しらず」、、、。
厚手のお椀、わが家の雑煮椀とよく似ています。お皿もお料理の色が移っていい感じに育ちそうです。朋百香さま、木のスプーンがお好きなのですね(*^_^*)

こんにちは! ば、芭蕉布の帯なんて超掘り出し物なのでは☆不思議な名前のお店、着物好き垂涎の的がわんさかありそうですね。
街並みも素敵…私、松本には一度行ったことがあるのですが、志賀高原からの帰りに立ち寄っただけなので、駅前で「リンゴで育った信州牛」のしゃぶしゃぶを食べた記憶しかありません(笑)。
お姉さまの作品も、いつもながら魅力的ですね。こちらで個展の開催予定はないのでしょうか。

今度は松本でしたか (^-^)
老松というお菓子が美味しいんですよねえ。
バックルのようなブローチ、そのまま帯留めに使えそう♪

セージグリーンさま
アハハ、そうなんですー。あの時も買いましたよね、木の
スプーン。どこか行って、見つけると必ず買っちゃいます。
主人も私もスプーンは木派なので・・・。
「時しらず」これまた、そうなんです。時間を忘れて
過ごしてほしいという想いが込められているそうです。
なかなか心憎いネーミングですね。

絵美さま
そーなの、掘り出し物ですよね、確かに。かなり危なかったの。
でもぐっと我慢しました。だって本当に、盛夏は着ないもの。
芭蕉布って7、8月でしょ?

皆さんにそうおしゃって頂くので、姉に東京方面でやるように
オファーしておきますね。

香子さま
面白い街ですよね。古い感覚と新しいアーティストの融合で
街を盛り上げようとしているようです。

そう、このブローチ、S子さんがしてたバックルの帯留めみたいに
真ん中の穴を通せばそのまま帯留めに・・・。
大きさも結構あるんですよ、迫力のある帯留めになりそう。

私、今回以前に買った蓮のブローチを帯留めに変えてもらってます。
土台は木ですから、軽くていいんですよね。

老松ですか・・・行く前に聞いとけばよかったぁ。

昨年叔父の葬儀で久しぶりに松本に行ったんですけど、
どこにも行かず、何も見ず(^^;
そう言えば、松本城に行ったことがあるくらいで
街歩きなどしたことなかったです。
こんなにステキな所がたくさんあるんですね〜
お姉様のブローチ展、ぜひぜひ東京で!!

櫻子さま
なんか、若いアーティストとか、デザイナーさんとか
いろいろ集まってきていて、活気がなくなる所が多い昨今、
ここはイベントなどあって、盛り上がってるみたいですよ。
ただ新宿から3時間なので、そうちょくちょくは行けない
ですけど・・・。(横浜までさらに1時間)
松本城、見たかったけどお店歩きでもういっぱいいっぱい
でした〜。(女3人寄ると、お城よりお買い物ですよね〜)

いつも思うのですが、姉妹で旅行、とっても
羨ましいです。前にも話したかもですが、私は三姉妹の
末っ子でして、こんなに年を重ねても姉たちの顔を
見るとシッカリ甘えんぼの妹に戻ります。
8時ちょうどの~♪、アレ私も実行したくちです。
美味しい珈琲飲んでブラッとして帰って来た記憶が
ありますよ。松本は水が美味しいから珈琲もグンと
美味しいのかな・・・

開運堂の老松は美味しいですよね。
最初は開運老松という縁起のいいネーミングに惹かれて買いました。今は同じお店の白鳥の湖という落雁のようなクッキーのようなお菓子が気に入ってます。
まあるい形にこれが白鳥?とおもわずにっこりしてしまう絵が浮かんでます。
壊れやすくて食べにくいのですが 見かけるとつい買ってしまいます。
福岡の三越には定期的にはいるようですので そちらでも買えるのではないかと思います。
でも今は無理ですね。売り場はすべてバレンタインですから。
娘が松本に本部のあるスズキメソードでチェロを習ってましたので 毎年のように夏期学校に参加しました。でも盆地なので暑くて暑くて 観光などほとんどしてません。今度季節のよい時に行ってみたいと娘と話していたところでした。
お水がとっても美味しかったのを覚えています。

sognoさま
姉妹とはいいもんですね。T子姉とは一緒に育ってない
んですが、それでも血の繋がりって、ありがたいものだ
な〜って、今は思います。
そうそう、私も末っ子です。でも甘えべたかな・・・
8時ちょうどの〜♪って、今の若い人は分かんないでしょうね
(笑)

cello87さま
まあ、お嬢さまがチェロを・・・それで、cello87なんですね。
残念ながら、開運堂には行けませんでした。
なにしろ時間のたつのが早くて。
確かに盆地は夏暑くて、冬寒い。でもその温暖の差が美味しい
果物とか作ったりするんですよね〜。お水も美味しいし。
ゆっくり訪ねてみたい所でした。

女学生時代 学校の山荘でのスキー講習で青木湖へ行くときに乗り換え駅でした
 
朋百香さんの街歩き拝見して 情緒ある雰囲気の街 散策してみたいです
姉上さまの作品展 ぜひぜひ企画なさってくださいませ
楽しみにしております


そうそう・・・ 「老松」ネットでお取り寄せしています

落雁のようなクッキー 白鳥の湖 知りませんでしたcello87さん情報ありがとうございます

sachikoさま
本当に皆様、よくご存知ですよね〜。
「白鳥の湖」私も、お取り寄せしてみようかな・・・。
今はネットでお取り寄せ出来るから、良い時代ですね。