毛万筋、そぼ降る雨より なお細く

小雨がぱらつく師走のある日、青山の八木さんに行ってきた。
「菊池宏美さんの江戸小紋が仕上がってきましたので、ぜひ
見てください」というご連絡を頂いたからだ。
あれはいつだったか、毛万筋の江戸小紋が入ったら知らせてね。
と言った私の言葉を店主が覚えていたのだ。


八木さん店内2
いつもながらスッキリと上品な八木さんの店内


江戸小紋とは江戸時代の武士の「裃(かみしも)」から発達
したもの。他の藩と区別する為、徳川将軍家は「御召十(おめし
じゅう)」紀州徳川家は「極鮫(ごくさめ)」加賀前田家は
「菊菱」など各藩で「定め柄」を決めていた。
戦のない平和な江戸時代の武士達はより細かい柄を競うように
なり、その要望に答えるべく型を彫る職人も、それを染める職人も
切磋琢磨して、より細かい柄が生み出されていった。
それが現代に繋がり、きもの好きなら男女を問わず、1枚は
欲しいと思うきものだろう。

しかし、ご多分に洩れず江戸小紋の世界も後継者不足。
藍田正雄さん(七十一歳)といえば、江戸小紋の染師の第一人者
だが、その彼が私財を投げ打って江戸小紋の型である「伊勢型紙」
を集めているそうだ。
昔のような型紙を彫れる人がいなくなっているからだ。

ふと先日の文楽で「人形のカシラを彫れる人がもういないから
今の人形を大切に、大切に使っているんです」という勘次郎さんの
言葉を思い出した。


伊勢型型紙
伊勢型紙。これは数年前、京都で手に入れたもの。当時はそれと知らず
あまりに美しかったので、思わず買ってしまった。
この小さな細かい穴を1つ1つ、手で彫るとは気が遠くなる作業だ。


藍田さんも昔の幅のない型紙をずらして、何とか工夫して現代人の身長や
手足に合わせた反物を作っているのだとか。
昔の型紙を大事に使い続けるそのひたむきな姿に染職人の魂を感じる。


菊池宏美さんは、その藍田さんの弟子。
一流企業で3年周期でモデルチェンジする最先端の機器を扱っていた彼女が
ある時、藍田さんの作品を見て「時間がたっても変わらないもの」に
衝撃を受けたのだとか。
「自分の作るものは3年たったら残らない。けれど藍田先生の作ったものは
いつまでも残る。自分がしたいのは、どっちか?」と、自問自答して
何もかも捨てて弟子となる。
安定した生活を捨て、生活の保証のない職人になるという決断は、どれ程の
ものであったろうか・・・。
だがそういう人がいてくれないと、江戸小紋も残ってゆかない。
よくぞ決心してくれました。と、エールを送りたい。


菊池さん江戸小紋
菊池さんの江戸小紋「毛万筋」


菊池さんは師匠の奨めもあり、藍田工房を卒業して独立した。
「不思議なもので、独立すると『菊池さんの江戸小紋』になるんですよね」と
八木の店主は言う。
確かに彼女の毛万筋は師匠に比べると優しい感じがする。
女性らしさが出るのだろうか。
同じ柄でも作り手の「色」というものが出てくるものなのだなぁ。
菊池さんも独立して3年、自分の江戸小紋というものを確立してきたのかも
しれない。これからの彼女の活躍が楽しみだ。


江戸小紋地の色
地の色は紫がかった青。
江戸小紋の魅力はその正確さと変わらぬ品格だろうか。


当時の武士達がいろいろな裃を着て登城する姿を想像してみる。
その同じ柄を着れるということが、江戸時代と繋がっているようで楽しく
なってくる。
きもののそういう歴史や作り手のドラマチックなところが、たまらなく
好きなんだろうな・・・と、自己分析し、納得したのでありました。



この日の私は、仕事もあったので地味めに
焦げ茶の紬に黒西陣帯
焦げ茶の八草紬に黒地の西陣帯。

焦げ茶紬の後ろ姿、お太鼓
お太鼓

ビロードコート、ベージュ
コートは軽くて暖かいベージュのビロード。






コメント

非公開コメント

こんにちは! で、で、こちらの菊池さんの毛万筋は、お嫁に
もらってきたのでしょうか…。私まで胸が高鳴ります☆
菊池さん、独立されたのですね。実力がおありになるからでしょうね。
藍田さんももう71歳なのですか…。いつか、いつかと思いながら
(基本、カジュアル着の多いワタシは)まだ手に入れられず。
すきっとしていながら、優しさもある菊池さんの江戸小紋は
これからきっと多くの方の支持を得られることでしょうね。

朋百香さんのこの日のお召し物、帯締めが甘めで優しいアクセントに
なっていて、はっと目を奪われます☆
コートも、ビロードのような適度な厚みのある起毛素材っていいですよね。ウールほど分厚くならないし…私、7年ほど前に懸賞で当てたビロード生地があって、まだ反物のまま持っているのですが(笑)、
そろそろコートに仕立てようかな・・・。

絵美さま
え、それを言わせます?(笑) 毛万筋、欲しいと思った時
からコツコツと積み立てしてましたから・・・フフフ。
藍田さんはさすがにもう手が出ませんけど、菊池さん、今のうち
に・・・と。

ビロードはいいですよ、軽くて暖かくて。
今の若い人にビロードなんて言っても、なんのこっちゃですけどね。
ぜひ仕立ててくださいまし〜♪

わーい、以前から濃紺の毛万筋と仰っていましたものね、ふふふ。
こういうスッキリしたお召し物が、実によくお似合いになるのですよね。
こちらのコートもステキですね。「森田襟」でしょうか、この形で単衣のコートを仕立てたいと思っています、よぉし!

コメントを拝見して、、、あらっ お持ち帰りに、、、
うわ(って私が喜んでどうするんでしょ)笑

江戸小紋 いいですよね~好きです。
銀座の某所で見かけた薄紫の万筋、未だに あのとき
手に入れておけば良かったと後悔しているのです。
もし 可能なら 毛万筋かお召十がいいなあ、と妄想
しています。

朋百香さんは紬を端正にお召ですね♪

江戸小紋、法事用に単衣の万筋を持っているのみです。
(ワタシのは単衣なので洗えるモノですけど…笑)
ふふ、他所さまのお買い物は楽しい〜♪
そして朋百香さまのピンクの帯締めがキュートでかわいい☆

わあ!!菊池さんの江戸小紋、昨年、某お店で拝見して・・・優しい!と思ったんです。(その前に師匠のを手に入れてしまい、後ろ髪ひかれつつ断念)やはり、毛万筋という直線的な模様なのに、優しい雰囲気ですね。
朋百香さんの、ブレのない選択。。。いつも見習おうと思うのですが、まだ何が似合うのか迷路の中なのです。
帯は何を合わせるのかなあv-343と勝手に妄想しています。

いいですねえ〜毛万筋♪ もう私たちまわりの人間の誰に云われずとも
お似合いなのはご自分でよ〜くおわかりですよね?(笑)
万筋をお召しの女性でカッコイイと思ったのは、
鶴見和子さんと中村好江さん(勘三郎夫人の)。
万筋も毛万筋も、暖色よりは黒や寒色がいいなって思っちゃいます。
でもって、どこかハンサムウーマンな女性の方が着こなしが上手な気がするのは
思い込み・・・でしょうか?

セージグリーンさま
あれ、私セージグリーンさんにも言ってました?
あは、皆さんに言ってるんだ・・・きっと、自分に宣言してるんで
しょうね(笑)言い訳ではありませんが、江戸小紋があれば、仕事でも
観劇でも食事会とかでもオールマイティではないかと・・・。
これは濃紺ではありませんが、性格が男っぽい私には、これくらい
柔らかい色の方が良いのかもしれません。
そうそう、森田襟。私はこの形が好きです。
単衣コートですか? オシャレですね〜。

風子さま
はい、今年最後の自分へのご褒美です。
今年は夏休みもなく、働きましたから・・・。
来年はもっとゆったり生活したいです。50代最後の年ですものねぇ。
いい歳をしていつまで働かせるんだろ、うちの社長は(って主人ですけどね)
あら〜、風子さんも後悔なさったの?
私のあの「波」と同じですね(笑)
きものは、本当に出会いだから・・・。

香子さま
きもの好きの人達は面白いですね〜。
人の買い物で喜んで頂けるんですから(笑)
そういう私も、人様の帯やきもので盛り上がりますけど。
例えば絵美さんのポインセチア帯とかは1年に1度は見ないとねぇ。
自分では着ないであろう着物、人様の着姿で満足してる感は
ありますね〜。今年も皆様にいっぱい楽しませて頂きました。
香子さんのあの「薔薇」🌹帯も・・・

とうこさま
ぶれがない・・・と言うか、後何年元気できものを
着られるか、と考えると失敗は許されないのです(笑)
だから、絶対これは必要か?と、考えすぎて逃して
後悔することも・・・。
きものを始めたのが遅かったので、皆さまのように
たくさんないので季節感のない、無難なものになって
しまってつまらないかも。季節感は他の方の着姿で
楽しんでます(笑)
とうこさん、いつも凄いおきものばかり。
師匠の方を持ってらっしゃるのですかぁ、いや〜、もう
師匠は手がでません。

tomokoさま
そうそう、私も安藤優子さんとあと誰だったか、作家さんがテレビの
対談で着てらして、かっこいいな〜と。
私も万筋は地の色が寒色系の方が好きですね、キリッとして。
無地紬好きとしては、こういう柔らかものはその延長線上にあって
着易いのでは、と思っています。
仕立て上がってくるのに、まだ1ヶ月くらいかかりますから、待つのも
楽しみですー。

実は美容師で着物好きの姉が毛万筋持っていまして、
帰省した折りに見せてもらったことがあります。
ひええっ~、もう緻密さに、腰を抜かしそうでしたよ!
朋百香さんにもきっとお似合いだと思います。
デビューが楽しみ♪
因みに私が自力お誂えした江戸小紋は角通しです。
最初で最後でしょうが・・・ハハ(笑)

sognoさま
「自力で誂える」ところが凄いですね〜。
きもの縫える人って尊敬しちゃいますー。
私なんて半衿付けで、もういっぱいいっぱい(笑)
江戸小紋1枚あればいいですよね、来年は活躍して
もらいます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ふふ、お持ち帰りされたのですね♪

着物を着始めて、最初に誂えたのが墨色の極角通しでした。
「縫いの一つ紋を入れれば万能!」と言われて(笑)
出番は少ないですけど、持っていて安心な一枚です。


櫻子さま
やっぱり皆さま、1枚は持っている江戸小紋ですね。
普段にもいっぱい着れるように、紋はいれませんでしたが
・・・(ま、後からでも入れられるもんね)
孫の七五三に着ようと(まだ2年先ですが・・・ハハ)