Emptiying the brush 空の筆

今年も展覧会納めはシドだった。
いつも新しい挑戦をし続ける彼の今回のテーマはChawanシリーズ、他。
日本に暮らすシドならではの目のつけどころ。
私達日本人には、あまりにも当たり前すぎる日常の器から、
インスピレーションを得て描かれた作品や、雪、月、花といった
これまた日本人には馴染みの深いモチーフを彼ならではのアレンジ、
色彩で描かれていた。

美+静=癒、などという方程式が浮かんでくる。
ああ、そうだった・・・
この暖かさ、包容力、信頼感、静寂・・・すべて今の私に必要なもの。
「大丈夫、すべてはうまくいっているよ」と、彼の絵が語りかけてくる。


シドの作品前
彼の作品の前で


そして、彼のいつもと変わらぬ、優しい眼差し。
仕事も掃除も おっ放り出して、ここに来て良かった。
今年1年の「お疲れさま」


シドの画集
シドの画集


このところ、生業の方が忙しすぎて自分の絵を描いていない。
心がすべて外に向かっていた。
いかん、いかん 師走の空気に流されず 落ち着いて自分の
居場所に戻らねば。
そう思い出させてくれたシドの展覧会だった。


お手々つないで
お手々つないで♪♪♪
(私、目をつぶっちゃってますが・・・)




この日の私は
ドット帯
柴崎氏のざぐり織りの紬に
ヨーガンレールの昔の布から作った帯。

ドット柄帯、お太鼓
例によってカラフルなドットをクリスマスの
オーナメントに見立てて、ジングルベル!




Sidd Murray-Clark Exhibition 2013
2013.12.18(水)〜22(日)12:00~20:00
最終日 19:00まで
作品は1.28まで一部延長展示
お問い合わせ・スターポエッツギャラリー
collect@star-poets.com 真田さんまで
世田谷区太子堂1-1-13佐々木ビル2f-D
tel&fax 03-3422-3049

Star Poets Gallery







コメント

非公開コメント

色彩で表現できる才をもった方が、本当に羨ましい。
時に、色が駆け巡る作品の前で涙してしまう。。。
素敵なツーショット。とても、寛いでいらっしゃる朋百香さん、お着物も楽しそうで、こちらも、ホンワカな気持ちになりました。

あ〜今年は伺えませんでした。
お元気そうなお姿、こちらで拝見できてよかったです。

わぁ〜、残念!
この土日、三茶に行ってたんですよ。
日曜日で終了しちゃったんですね〜、惜しかったです。

朋百香さん、意外に水玉好きですよね (^_-)-☆

> 「大丈夫、すべてはうまくいっているよ」と、彼の絵が語りかけてくる。
こんな風に感じてもらえるというのは、画家にとって至福のことなのではないでしょうか?
私も、もっと「絵が語りかけてくるもの」に耳を澄まして見てみよう、そう思ったりしています。

今回もお召し姿にうっとり・・・・帯の見立てがまた素敵です~。

とうこさま
私が抽象画を描くようになったのは、シドのお陰ですが
それ以上に、いつもシドには癒されます。
外人と日本人、男性と女性、ぜんぜん違うのに、共通する
何か、があるんですね。そう感じるのは、私だけじゃない筈。
不思議な人です。

tomokoさま
相変わらずのあの雰囲気で、お元気そうでしたよ。
会場に飾れない程、たくさん絵も描いてらしたし。
私もいつになったらシドみたいな心境になれるのかしら?
まだまだ修行がたりないなぁ・・・。

香子さま
あら、そうだったんですね〜、お知らせすれば良かった!

えへへ、気付かれました?
草間彌生さんじゃないけど、水玉は好きで絵のモチーフでも
よく使ってるんですよー。

りらさま
彼はね、私の抽象画の先生なんですが、描き方を
教えるというよりも、絵をとおして「もっと、自由に
生きていいんだよ」とか「もっと遊んでいいんだよ」
というような事を教えてもらった気がします。
昔の私は鎧着てましたからねぇ・・・(笑)

こんにちは!「美+静=癒」まさに、まさに。
ホントに美しいものを見て、言葉を失うのは、
心が癒されている証なのかも知れません。
シドさんと朋百香さんとの手つなぎ、ほのぼの~。

絵美さま
あは〜、シドさんと手をつなぐと子供にかえったみたいに
なります。
大きな子供ですね!(笑)

だいじょうぶ すべてうまくいっているよ

この言葉を絵から感じることができるなんて、、、
シドさんの絵を拝見したくなりました。
受け取る側にも アンテナがないといけないのだろうなあと
感じつつ お二人の姿で やさしい気持ちをいただきました。

帯、こういうポップなものも上手にお使いになりますね、見習おうっと♪

風子さま
シドとはあんまり話さないし(彼が英語だから・笑)
絵のワークショップも1年に1回くらいだから、そんなに
会ってる訳でもないんですが、言葉ではなく絵をとおして
生き方を教えてくれてるみたいな気がします。
絶対に批判しないし、何でも受け入れてくれる懐の深さが
あって・・・いつも飄々としてるのですが、優しさもあり、
彼は人生のマスターですね。

この帯、私にしたら本当に珍しいです。
これもご縁があって出会った帯でして・・・。
(雑誌の片隅に載ってたんですよ。販売先に連絡したら
以前に会ったことのある方で、ほんと、面白いですよね
ご縁って)