知られざるミュシャ展

アルフォンス・ミュシャは好きな画家で今回のそごう
美術館で開かれる展覧会を楽しみにしていた。

アルフォンス・ミュッシャ

私が特に好きなのはポスター画家としての彼の作品達だ。
「ミュシャ様式」と呼ばれた「まばゆいばかりに豊かな髪を
もつ象徴的な理想家された女性」達はまさに「美の女神」で
学生時代、どうしてこんな風に描けるのだろう・・・と、
飽きることなく眺めていた。
顔の表情とかしなやかな肢体は写実的に描かれているのに
それを黒の強い線で縁取ったり、動きのある髪の渦や、その
女神達をさらに縁取る装飾の模様はミュシャの真骨頂だろう。
ポスターを最初に芸術の域にまで浮上させたのはミュシャでは
ないだろうか・・・。(ロートレックがいるだろう、という
声も聞こえてきそうだが・・・)

彼はチェコ出身なのでパリの華やかな時代を経て、やがては
スラブ民族の精神に目覚め、祖国の為に絵を描くようになる。
そこにはもう、美の女神の姿はないが、国家と人類愛に
満ちた作品からは崇高で強い信念が感じられる。

今回初めて晩年の作品をじっくりと観て、あらためて彼の
偉大さを感じられたことは大きな収穫だった。

人はどこにいてもやっぱり魂は祖国に戻るのだな。
そして最後は「愛」そこにたどり着くのだということを
教えてくれたミュシャの作品達だった。


「知られざるミュシャ展」故国モラヴィアと栄光のパリ
10月19日(土)から12月1日(日)まで
そごう美術館・横浜そごう内






この日のきものは
awai、ウール
グリーン系の縞のウールのきもの。
これは「お家きもの」で、外に着て出たことは
なかったのだが、今日は完全offだし、たまには
・・・と。帯飾りはsakurakoさん作の「うさこ」

黄色帯、お太鼓
帯はそれこそ、きものを着始めた頃に京都で
買ったもの。ずーーーっと簞笥の肥やしに
なっていた、みちのく・まほろば絣の八寸。
銀杏の葉色で秋らしく。


ウールに羽織
大島の羽織、羽織紐はやはりsakurakoさん作の
「弁慶」


帰りは夫と落ち合って、やぶそばで「牡蠣そば」を。
美味でございました〜◎
やぶそば








コメント

非公開コメント

銀杏色、素敵です。お着物に映えて、そして帯締めも効いていて・・・いつもワぁって思っちゃう。
ミュシャ・・・高校の頃、私もカード?を集めていました。
異国の雰囲気でなんとなく怖かった。。。
好きなのに怖い・・・という不思議な雰囲気。
西欧とはまた違う雰囲気(今初めて東欧の方と知りました)で少女を描いていても、どこかに大人の愁いががあったせいでしょうか。

長のご無沙汰、ご容赦くださいませ~♪

わぁ!素敵!と思わず乗り出してしまいました、縞のお着物。
ウールでちょぃとお出かけって、良いですねぇ。
銀杏色の帯と帯周りの若緑(でしょうか?)がすっきり軽ろやかに効いていて、朋百香さんの色使いにはいっつもうっとりしてしまいます。

とうこさま
そうなんですよね、私もパリで活躍しているポスター画家
だと思っていたので、チェコ出身とは知りませんでした。
彼の描く女性達、パリのそれとはまたちょっと違う雰囲気は、スラヴ
民族の血のせいだったかもしれませんね。
スラブの民族衣装を着た女性ってみんな、自分の意志をもった
強い女に見えます。確かに子供もあどけなさはなく、大人びて
描かれてますね。

良いタイミングで「銀杏帯」思い出してよかったです。
でも春には「菜の花帯」で締めていると思いますが・・・(笑)

りらさま
縞のきものが好きなくせに、こうして縞がたつきものは
意外に少ないんです。いつもりらさんの素敵な縞きもの、
いいな〜って拝見してました。
他のウールのきものって知らないんですが、このawaiさんのは
単衣で軽く(ウールにしては)、足さばきもいいし、お家きもの
だけでなく、もっと普段に着ても良いなって思いました。

お引っ越し、お疲れさまでした〜。

ウールの着物と聞くと、小さい頃にお正月用に母が縫ってくれた
赤いアンサンブルを思い出します(^o^)
ウールはやはり暖かさが違いますか?
こんなステキな縞なら、お家きものだなんて勿体ない〜
うさこちゃん、銀杏帯にもピッタリですねん♪

櫻子さま
そーですね〜、私もそのイメージが強かったです。
が、さすがawaiさんのは日常のきものを目指されてるだけあって
着易くて、お値段的にも良い子です。
暖かいですよ、この日は一日デパートの中で暑かった(笑)です。

おお、粋な姐さんっぽくてステキです♪
朋百香さんに縞はめずらしいですね。
(どちらかといえば無地っぽいイメージでした)
〆の牡蠣ソバもおいしそうだなあ〜☆

こんにちは! 私も週末にミュシャ展、観に行ってきました。
画風は「孤高の人」ですよねー。ジャポネスクの影響をほとんど
受けなかった稀有な存在(サラ・ベルナールのポスターの形だけは
浮世絵を参考にしているそうですが)。
高校生のころは、女性がキレイなんだけど何だか上っ面だけな気も
していて、好きというほどではなかったのですが、
彼が自国チェコのために尽くしたことを知ってから、とても好感を
持って観ることができるようになりました。
私もブログ記事、アップしましたので、お時間のあるときにでも
遊びにきてください~☆

大人になってあらためて見たミュシャは
その技巧の上手さにもう完全脱帽なのでありました。うなってしまいます。

最後のショット、着物と手前の蕎麦、ばっちりキマってます〜♬(羨)
私もウール着物は外へは着て出ないので、いま上っ張り直して
寒い日にセーターの上に重ね着するつもりです。
なんか震災以来(暖房費節約だとかで)着る化繊毛布が流行ってる?って
いつだったかテレビで見ましたけど、動きにくくて、
しかもそれで台所にたつのはチョー危ないですよね。
で、私はウールの上っ張りはよ仕上げねばと決意した次第です。

香子さま
そーなんです。縞が好きなわりには、ハッキリした縞は
少ないです。(縞でも遠目には無地っぽく見えたり)
牡蠣、旬ですね〜。
亜鉛をとりませう(笑)

絵美さま
おお、絵美さんもいらしたのですね♪。
ミュシャの経歴を知って観るのと、知らないで観るのとでは
同じ絵でも随分と感じ方が変わるものですね。
私は「チェコの心」という女性が男の子の頭を抱いている絵が
好きでした。

tomokoさま
おっしゃる通り、絵の上手さは凄いですよね。でも上手い絵って
得てして「上手い」で終わっちゃうんですが、彼の場合、そこに
愛国心やら慈愛やらが加わってさらに昇華した感じ。
上手さを越えて伝わってくるものがある事が凄いと思いました。

なんか縞のきものと蕎麦って合いますよね(笑)
ウールの上っ張り、仕上げてください。でも頑張りすぎずに、
ボチボチと。

朋百香さま

お蕎麦もミュシャも大好きですe-266

独特のスタイルを貫き その時々に表情が変わっていきましたよね~
華やかでしなやかで それでいて憂いをふくむ眼差し・・・
見に行きたいけれど月末お仕事モード(涙)

ウールの着物良いですね。
お嫁ちゃんや孫姫ちゃんと揃って着ようかしら(*^_^*)

朋百香さんの〇子ちゃん 両おばあちゃまのお着物DMA
しっかり受け継がれていらっしゃるわ
楽しみですね

sachikoさま
あら〜、お嫁さんやお孫さんとウールのきもの着て
お正月を迎えるなんて素敵ですね〜。
他のものを知らないので、比べようがありませんが
awaiさんのウール、着易いと思います。ボテボテも
してませんし。(って、awaiさんの回し者ではありま
せん・笑)

最近ご紹介下さったお召し物、みんな素敵でどれもウットリ拝見しております☆
久留米絣といい、こちらのウールといい、六本木に足が向きそうで、コワイ(^^;;

ところでこれまたバッチリの牡蠣蕎麦のお写真、ご主人さまが思わず自主的に撮って下さったのかしら?それとも朋百香さんのディレクション?(笑)

yukikoさま
ヨソユキのきものも良いですが、普段何気なく着られる
こういうきものも良いですね。(気を使わないし、荷物も
ガサガサ持てちゃう・笑)
awai さんのきもの、デイリーきものをうたってるだけになかなか
よく出来ていると思います。スーツ生地の着物なんてのも
あるんです。
六本木、お供しますよ〜。