ネイチャーワールド・その2

自然界のことは、静かに見守らなければいけない。
よく分かっているつもりだったが、スズメバチの偵察が
長平庵の巣の方にも飛んできたのを見た時には、頭に
血が上ってしまった。
まだ1匹だ、今のうちに何とかしなければ・・・。
私の和蜂の師であるW先生に即、ご相談。
「良い方法があります」という心強いお言葉。
そして今朝、早速先生が、秘密兵器を携えて出動と
相成った。

それは、日本蜜蜂だけが通れる装置(装置と言っても
木と細い棒で作られた簡単なもの)を巣の入り口に
取り付けるという方法だ。


w先生1
床下の巣の入り口に装置を付けるW先生。


棒と棒の間が狭いので(牢屋の窓みたい)体の小さな日本蜜蜂しか
巣に入れない。


w先生2
こちらは軒下の巣の入り口。
ここは小さな板を貼って巣の入り口を狭くした。

こうした作業中にも中くらいの大きさのアカバチが偵察に来ていた。
しかし、これで一安心。
どんな蜂が飛んで来ても絶対に中には入れない。


スズメバチ
こちらは悪名高きスズメバチ。
先生持参のベタベタシートに引っ付いている。
不思議なもので1匹が捕まると、助けようとするのか
匂いで寄ってくるのか、何匹か飛んで来てまた付いてしまう。
何か可哀想な気もするが、W先生は冷静な口調で「見せしめです」と
おっしゃった。これを巣の近くに置いておくと、警戒してスズメバチも
近づかなくなるか、又は近づいたものは、同じ運命をたどる事になる。

さあ、これで出来ることはやった。
これで今夜はぐっすり、眠れるだろう。
W先生、ありがとうございました。



さて、前記事のコメントにご質問がありましたが、もうこれからは
涼しくなってくるので、スズメバチは数を減らしてゆき、女王蜂も
卵を生まなくなってくるそうです。
持ち帰った「エサ」は女王蜂の越冬の為と働き蜂達のエサとなるそう。
女王蜂が冬ごもりして、エサも底をつくと働き蜂達は統制を失って
バラバラになり、やがて死んでゆくのですね。
同じ「蜂」と名が付いても、種類が違うと随分と習性も違うものです。


スズメバチ豆知識
今回、和蜂の巣に入ったスズメバチがカチカチと音をたてるのを
聞きました。これは、彼らの威嚇の音で「攻撃するぞ!」という
合図なのだそうで、これを聞いたらそーっと後ずさりしながら
その場を離れるのが一番。
騒いだり、振動をたてず(蜂を刺激するので)速やかに遠ざかる方が
良いですね。
もし、スズメバチに刺されてしまったら、指でつねって毒を出すこと。
(口で吸って出さない)抗ヒスタミン軟膏か、ステロイド剤を
応急処置に塗って、すぐ病院に行くこと。(猛毒なので、軽くみない)





コメント

非公開コメント

おおお、さすがプロは適切な対策を取ってくださったのですね。
ベタベタシートがスズメバチにも有効とは、始めて知りました。
あのカチカチ音を聞かれたのですか、うううー。偵察隊が威嚇し、それでも敵が退かないと攻撃開始のフェロモンをまき散らすそうですね。
騒がずに遠ざかるのは至難の業ですが、知識があるかないかでは違います。刺されては命に関わりますものね。そうそう、香水もいけないとか、、、。

セージグリーンさま
見れば見る程、派手で獰猛なスズメバチですが、こうして
ベタベタシートにくっついてもがく姿は哀れです。
なるべく側に行きたくないですね・・・。

なるほど〜、そういう対策が取れるわけですね!
この世にはいろんな生きもののバランスがあって、
どちらか一方だけが悪いんじゃないと分かってても、
やっぱり人間に馴染み深いちいさき者たち、ましてや同居の虫たちですもん、
そっちの味方しちゃいますよね。(笑)
ひとまず心労の種がすこし解決してよかったです。

tomokoさま
こんなものがあるんですね〜。
巣の入り口に立派な門が出来ました(笑)
日本蜜蜂達も、取り付けている間も別に大騒ぎする訳でもなく、
落ち着いてましたよ。巣を守るものだって分かっている筈も
ないんですが・・・。ただ、春の分峰の時は取ってやらないと、
今度は逆に女王蜂が巣から出られなくなっちゃうんです。
私はまだ、日本蜜蜂の女王を見たことがないんですが、やっぱり
少しは大きいんでしょうね。
自然界の営みは見ていて飽きません。

蜂 いろいろ・・・

朋百香さま~♪

その道のプロにはいろいろ対策があるのですね
よかった 一安心ですね
この台風で日本蜜蜂たちは巣篭りでしょうか
床下の巣は大丈夫かしら?

屋上果樹園で受粉用の蜂を育てようかな・・・と 一時ダーさまが真剣に検討した時期がありましたが
大きな(人の親指ほど)蜂 が出没し蜜を吸うというよりは果樹を齧るって感じ
怖さが先に立ち 蜂の話は立ち消えました


そうそう・・・ ↓の帯 良いですね~
ちょっと寂びの利いた茜色 色々楽しめますね
ツボですわ~~ん(*^_^*)

sachikoさま

果樹園農家でもミツバチが激減して、大変だと
ニュースで見ました。
不思議なもので、人間が筆などを使って受粉しても
なかなか、うまくいかないのだそうですね。
ミツバチ、飼うと可愛いと思いますよ〜。
(特に日本蜜蜂は)

はいー、この帯早く締めたいのですが、なかなか
気温が・・・