秋晴れの日に

この夏、最後にきものを着たのは7月の終わりだった。
と言うことは、丸2ヶ月近く 全くきものに袖を通していない
ことになる。

やっと涼しくなってきて、そろそろきものを・・・と思った
矢先に届いたのは、夏の間にawaiさんでお願いしていた
久留米絣。

秋は雨が多いので、いつも悩むところであったが、店主の
奨めで「雨が降っても全く気にしなくて良いのは、やっぱり
これです」と、何点か目の前に並んだ木綿のきものの中で
パッと目についたのがこれだった。


久留米絣2


縞の中に絣が入っていて、素朴といえば素朴だが、
モダンにも見える(かな?)


取りあえず、単衣で作ってみた。
木綿のきものは、初めてなので裾さばきがどうなのか?とか
感覚的に分からないことが多いので、まずは着てみましょ。


グンボウの帯と
島仲由美子さんのグンボウの帯と合わせてみる。


こーんな普段着を着て、ぶらりとまた寄席にでも行きたいな。
そこまで来た秋に、きもの気分を刺激されて、そろそろ
きものの虫が騒ぎだしたぞ。



コメント

非公開コメント

こんにちは~! おお、こちらが以前お話を伺っていた木綿のお着物ですね。とってもawaiさんらしいし、朋百香さん好みだと思います。スマートで洗練された久留米絣、意外と見つからないようにも思うので、良い出合いでしたね。
ちょっと落ち葉がちらほら…な時期の遊歩道をのんびりと、
ほどよく陽だまりに当たりながら散策、、、なんて絵が頭に浮かびました。みんなが振り向きそう!

こんにちは!
やっと着物が抵抗なく着られる季節になりましたね。
木綿って、着心地などすごく気になります。
裾さばきや、皺になりやすさ、後は結構保温性のあるものと聞いていますが、単衣の時期に着て暑くないのかどうか・・
お召しになってのご感想など、是非ブログでご報告くださいね。
こちらはあまり民芸、民芸していない久留米絣で、街着としても違和感なく着られそうですね。

モダンな久留米絣♪

朋百香さま

こんばんは~(*^_^*)

子供の頃に久留米絣のアンサンブルを着せられたような・・・
昨今のようにお洒落な久留米絣ではなく
子供が汚しても乱暴に(おてんばさんなので)着ても
丈夫で長持ち・・・ 肩上げしてあったような~

今では手が出ないような高級久留米絣・・・

朋百香さんセレクトの久留米絣 モダンでお洒落~

あらステキ♪
もう一人のT子さんもお好きそうな柄ですね i-179

久留米、よいですね

ニューフェースのお迎え、おめでとうございます。
モダンな色柄、朋百香様らしいお見立てですね。
私も叔母から譲られた久留米を単衣に仕立て直し、重宝しています。
木綿の着物でふらりとお散歩、、、これからよい季節ですね。

あ、私も昨日 久しぶりにきものを夏のぐったりから回復してきものを着ました。
いい季節になってきましたね。

久留米 素敵です。
帯との取り合わせもなんておしゃれ なんでしょう。
木綿って着心地がいいので もっと欲しいのですが、、、
うう、、、です 笑

絵美さま
そーでしょ? ありそうで、なかなかない柄ですよね。
遠目で見るとよく分からないのですが、近くで見ると凝った
絣ですよね。これにawaiの紅子さんお奨めのグレーの
博多帯を合わせると、モダンな感じだったのですが、それは
今回諦めました。手持ちの帯で合わせようと・・・。
(フフ、ちょっとは成長したでしょ?)

straycatさま
はーい、さっそく着てどんな感じかお知らせしますね。
確かにこのほっこり感は単衣でも、保温性ありのようです。
でも木綿と一言で言っても、地厚のものから薄いものまで
いろいろで、これは中くらいと言ったところかな。
このところの、昼夜の温暖の変化に対応可かどうか?
夜はバッチリな気がしますが・・・

sachikoさま
あー、そうなんですね、だから何となく懐かしさを感じる様な
気がします。確かに丈夫で長持ちしそう。
でもawaiさんの久留米絣、リーズナブルでしたよ〜。
洋服でいうならGパン感覚。本当の普段着ですね。
果たして現代の久留米絣はどこまで行けるのか?
やっぱり私のイメージだと寄席、下町の散策、親しい友との
ランチ(自由が丘とかで)、近くの美術館とか、図書館、
そんな感じかな〜。他にあるかしらん?

香子さま
樋口可南子さんが、藍染めの弓浜絣を着ているのを見てから
1枚は欲しいと思っていた木綿のきものでした。
このほっこり感が何とも優しいですね〜。
同じきものでも、絹とは全く違う着心地で、丈夫そうなので、
雨でも槍でもどんと来い!(笑)みたいな。

セージグリーンさま
おお、やっぱり単衣でお作りになったのですね。
「木綿のきものでふらりとお散歩」それ、やってみたいです(笑)
今日は日差しは夏でも風はもう秋でしたもの。
こういう日にはピッタリですよね。

風子さま
そうですかぁ、風子さんもお召しになったのですね。
このところの急激な気温の変化についてゆくのがやっとの
私ですが、確実にきもの着る気分は上がっております。
木綿のきもの、着心地良いですか?
んー、まずいなそれは・・・
最近はよ〜く考えて、本当に必要かどうか、よ〜く考えて
から決めることにしております、はい。(って、これ
自分に言って聞かせてるみたい)

モダンで帯も合わせやすそうだし、
いろんなシーンで活躍しそうですね♪
雨の時に…と思って用意するわりには
雨っぽいと速攻洋服に路線変更する私がおります(^^;

こんばんは。私は木綿を一つも持っていないのです(チビでぽっちゃりな私が着ると普通のは民芸!!ってなるかなあと思い)。こんなモダンシックな木綿・・・興味津々です。ニュアンス色が朋百香さんにお似合い!是非着姿と着心地をレポート?してくださいませ。

櫻子さま
そーですね、朝から雨だとちょっとめげるかも。
でも雨ゴートもありますし、今年は頑張ってみようか・・・と。
雨よりも、もっとトーンダウンするのは風の強い日です。
なかなか「現代のきもの」も難しいものですね。

とうこさま
そうですね、そこが木綿の難しいところ。
どうしても民芸チックになってしまいますよね。
これは、ちょうど狭間かな・・・
ただ、気を使わずに着られるところが魅力かしら。
着心地レポート、しばしお待ちくださいませ。

ようやくお気に入りの一枚が見つかってヨカッタですネ!
思いっきり民芸調のお着物も、私はドーンと来い!ってクチなんですけども(笑)
でも小絣の方が持ってる帯を合わせやすいんですも〜〜ん。
朋百香さんのこの久留米絣もお持ちの帯が大活躍してくれそうですね。

木綿もホントに幅が広くて奥が深くて、一度久留米絣の人間国宝だった松枝玉記さんのを仮纏いさせてもらったことがありますが、割合薄手で、単衣でも九州の気候に合っていそうでした。もうそれこそド民芸調の絣でしたが(いまどきは避けられがちですよね)、品格があって素晴らしかったです。
(松枝さんのはさすがに三桁の札がついていましたが、三桁の普段着ってどうなの?って思っちゃうところもありますねえ。工芸の難しいところでしょうか)
手紡手織りの木綿はやっぱり高価ですから、はあ〜・・・。
それをお召しになって、寄席に下町散策、行きましょう!

tomokoさま
探している時は見つからないのに「雨用のきもの」と
言ったらコレに出会いました。
そうなんですね、作家ものだと三桁になっちゃうんだ〜、
ビックリ。とても普段着とは言えませんね。
awaiさんのコレは、お値段もとっても可愛い子でしたよ。
普段着だったら、これで十分って思っちゃいますけど・・・