家庭料理

特別、料理が上手い訳でもなく、人様にお見せする程の
ご馳走でもないが、この夏の料理と器を並べてみた。


漬け物
まず漬け物は欠かせない。冷蔵庫にタッパで麹漬けを常備。
器は10年くらい前だろうか、青山のギャラリーで展示会をして
いた時に一目惚れしてお持ち帰りしたもの。
もう作家さんの名前も忘れたがお気に入りの深皿。


冷や奴
夏と言えば冷や奴。細ネギや生姜、庭の大葉やミョウガをとって
きては、刻んでたっぷりかける。
この器、私達の結婚式の引き出物。
という事は、もう34年も使っている訳だ。
よくもってるなぁ、器も私達も・・・(笑)


厚揚げ
厚揚げと白滝の煮物。
上にのせたのは庭の山椒の葉、彩りに。
この器も新婚時代から使っている古株。


牛肉
さっと牛肉を塩、胡椒で炒めたもの。何のヒネリもない。
でも、美味しいお肉はあまり手をかけない方が美味しい。
この器、程よい深さで気に入っていたのに、棚にしまう時に
手がすべって割ってしまった。
これが記念の写真になってしまったが、まあ形あるものは
いつか壊れるもの。「ありがとう」を言ってお別れした。


枝豆
料理と言えるのかどうか・・・?枝豆を茹でたもの。
この器は四日市の友人の所へ行った時に連れていってもらった
工房で、初めてろくろを回して自分で作ったもの。
歪んでいるが、それが味がある。と、自分では思っている。
こういうものは、ただの器ではなくて思い出付き。


エリンギ
エリンギを炒めてオイスターソースで煮込んだもの。
ホーントに簡単だが家族には好評。
唐草模様の正方形のお皿に盛りつけて。
四角いお皿も意外と重宝する。


水キムチ
水キムチ。花丸マーケットで見たレシピから。
胡瓜、大根、リンゴのパリッとした食感が美味しく、ニンニクが
効いている。備前焼(?)の片口の器。
野菜が映える色だ。


大根カレー味
こちらも花丸マーケットから大根カレー。
大根とカレー?と思ったが夏には、このピリッと感が良く合う。
TVではご飯にかけてカレーライスにしていたが、もう少し
煮詰めておかずの一品にしてみた。これは義母が使っていた器。
変な所に窪みがあって面白い。


春雨の酢の物
春雨と残り野菜の細切り、錦糸卵を混ぜた酢のもの。
野菜がちょっとづつ残ってしまった時に細く切って何でも
これに混ぜてしまう。
この器は・・・いつからうちにあっただろう?
自分で買った覚えもないし・・・貰ったのかしら?
ともかく長年あって、使い込んでいる事は確か。


茄子の味噌炒め
茄子といえば味噌炒め。
この器は新顔で目黒の骨董屋さんで見つけた作家ものだが、三島には
珍しい色なのとお手頃なお値段に惚れて購入。

三島
こんな柄です。


あ、忘れちゃいけない。
今年、作った梅干し。
今年の梅は大きくて果肉が柔らかく梅干しには最適。
これのお陰で猛暑を乗り切れたかも・・・。
毎年たくさん実を付ける古木に感謝して頂く。

梅干し


外食もたまには良いが味が濃かったり、調味料が多かったり、油が
多かったりとだんだん身体に合わなくなってきた気がする。
特別なものは何もない我が家の料理。
でもこんなおかずが飽きないし、身体が喜んでいる気がする。









コメント

非公開コメント

着物も器も、、、

朋百香様とは着物も器も、クオリティはともかく、趣味が近いかも知れません。
染め付けをメインに焼〆、青磁、三島手、ちょこっと色物、和洋中、何を持っても違和感がなく美味しく見えますね。
春雨と錦糸卵の入った酢の物、涼拌三糸でしたか、里の母がよく作ってくれました。
料理は素材が一番。猛暑の夏はシンプルにスッキリと頂くのが一番ですね。
私もしっかり頂いたお陰で、何とか乗り切れそうです。

美しい器とお料理

朋百香さま、

どれも美しい、素敵な器ですね。どの器もお料理が映え、美味しそうです。 

私も自分で焼いた備前焼の器がいくつかあります。ゆがんでいたり、重すぎたり、いろいろですが愛着がわき、作った時のことを思い出しますよね。

セージグリーンさま
まあ、嬉しいです。セージグリーンさんと趣味が似ているとは。
もう何十年って料理してると、簡単で早くて美味しいのが一番
ですよね。これでも若い頃はジャガイモからコロッケ作ったり
してたのですが・・・。
器も和食器で洋も中もOKですね。
新婚の頃はちゃんと洋食器もあったのですが、結局残ったのは
和食器でした。
娘達が独立して、主人と二人ご飯、好きな器で食べたいです。

ルリ子さま
わー、備前焼作られたの?凄〜い。
備前焼は白や緑が映えますね。

おっしゃるとおり、作った時の土の感触やなかなか
形にならずに苦労した事など、忘れられません。
もう、大皿はいらないので、小ぶりの伊万里なんか
欲しいかな〜。(フフ、欲望は尽きず・・・)

拝見していて思わずゴクッとノドが鳴りました・・・(笑)
私もセージグリーンさんと同感で〜す♪
器も、焼き〆なんて大好きですが、
義母さんの三島手と梅干しの乗っかった豆皿がことに好きな器かもです。
なんでもなくても美味しい手料理と器、
どちらも互いに映えてくれたら、二人だけの食卓も楽しいですよね。

わ〜い、料亭みたいです♪
お酒が進みそう(笑)
お皿にも1枚1枚思い出がありますよね。
お気に入りから割れるのはなぜでしょうね?
粗品でいただいたお皿などは絶対割れないのに…(^o^;

わぁ、ステキ♪
ちょっとぽってりした土色の感じがお好みなんですね〜。
ウチは…まだ食器にベクトルが向いてないので、あるものそのまんま(笑)
自分で買った物ってあんまり持ってないです i-229

tomokoさま
家族が多かった時は(特に子供達が小さい頃)とにかく、食事時は戦争で器を
楽しむ余裕もありませんでした。要介護の義母もおりましたし。
これからやっとですかね、二人でゆっくり食事を楽しめるのは。
器にも凝りたい、ただし食器棚に入る範囲で・・・ですね。
梅干しの豆皿、私も大好きです。

櫻子さま
お酒、ダメなのに酒の肴は大好きなの。
主人も必ず晩酌するし、どうしても酒の肴系の料理が多くなっちゃう。
これで婿どの(体育会系)が来ると、ガッツリビーフシチューとか
ポットローストとか作るのよ。若い人は量ですものね。
もう最近は、頂きもののあまり好みでない器は好きな人にもらって
もらうの。「これ、ちょっとね〜」と思いながら使うのイヤだから。
歳とるとワガママになるわね(笑)まあ、それでも可愛いワガママだから(許)

香子さま
『あるものそのまま」でしたよ、うちも。
本当に最近です。家族形態が変わったからなんでしょうね。
やっと本来の好みの器が使えるようになったのは。
5人家族が4人になり、2人になり・・・寂しい気もしたけど
自分のペースで暮らせるのが最近は楽しいです。
そうは言っても、時々「○子ちゃん台風」が押し寄せますが(笑)
それもまた楽し。

わー、素敵!!朋百香さんの雰囲気、憧れます。
お漬物のお皿も結婚式の引き出物のお皿も、、、大好き。春雨のお皿が私っぽいです。そして、このごろ好きになったのが三島手なので、色が変わっているお皿をじっと見つめてしまいました。お料理も美味しそうで、、、レシピ知りたーい。
毎日の食卓・・・お皿もご馳走だなって思いました。

こんにちは!
大根カレーを入れた器、私、陶香堂さん(赤坂見附の器やさん)で見たような。Tomokoさんも書かれていますが、三島焼きだったかと・・・可愛らしいですね。
キムチと備前焼もとても良いコントラスト。ホント、うつわって美味しくいただくのに大事な役どころと思います。

先日、九段の花田さんに、中尾万作さんの器いただきに行ってきました。ブログにアップしたので、良かったらお手すきのときにいらしてください~☆

とうこさま
いやだ、お恥ずかしい。
料理という程の料理じゃないのよ、どれも。
最近は手抜きもいいとこ。だから器が大事かも・・・。
同じ料理でも器や盛り方でかわりますものね。
私も三島、好きです。
今度欲しいとしたら、やっぱり伊万里焼か三島かな〜。
普段に使えるお手頃なところなのしか買えませんけど。

絵美さま
わー、絵美さんも器のこと書いてらしたのね。
中尾万作さんの器、日常に使い易そう。そして
可愛らしい。
絵美さんがお持ち帰りされた楕円のも楽しいですね。
器もきものに通づるところが多々ありますね〜。
食事は1日3回ですから、その度に使う器って、
思ってるよりも大事かも・・・って最近思います。
好きなものに囲まれた生活って幸せですものね。

わぁ、お料理雑誌か料亭の写真のようですわぁ~。
っと・・・ドッカン大盛&取り分け方式ばっかりになっている我が家の食卓をちょっと反省中。

りらさま
りらさんのところは、食べ盛りの男の子だからドッカン大盛りは当たり前ですよ。
うちも人数が多い時はそうでした。
新婚時代は「お皿の数で旦那が早く帰ってくる。」と言われて頑張って作り
ましたけどね・・・。今は基本、一汁三菜です。