メッセージ

頑張ってきものを着よう!・・・とは、思っていた。
しかし猛暑がぶり返し、気温34度と聞いて、あえなく撃沈。

7日がオープニングだった「日・仏現代美術世界展」、
レセプションにはワンピースで参加。
もう、無理するのはやめようと心に決めたので、チラホラ
いらしたきもの姿を見ても「きものを着てくれば良かった」
とは思わなかった。
年齢がゆくと、あきらめなければならない事も多くなる。
無理せず、気張らず、ゆっくりと・・・


会場入り口
3階の会場入り口


絵も自分のペースで描いている。
若い頃の様な野心もなくなった。
つまり、これで賞をとってやろうとか(笑)


レセプションルーム前
レセプションルーム前にて
竹の緑が夏の日差しに眩しい。



好きな絵を好きな画材を使って描く、それが楽しい。
今は和紙に墨とアクリルを使って描くことに嵌っている。
和紙に和紙をコラージュしたりもする。


絵のまえで2
友人のYさんが作品の前でパチリと。
Yさん、ありがとうございました。
左が「秩序と無秩序」右が「ひまわり咲く」


抽象画なので、見る人が好きに感じてくれれば良いのだが
私が「ひまわり咲く」に込めたメッセージは”人生を楽しもう”

生きていれば楽しいこと、辛いこと、悲しいこと、いろいろ
あるが、それもこれも全部ひっくるめて、人生を味わいましょう。
この世の法則は陰と陽。
影がなければ光に気付けないかも・・・。
そんな想いを込めて描いた絵だ。


絵を描く作業というのは孤独なものだが、たまにはこうして
晴れがましい場所に展示されるのは嬉しいもの。
好きな絵が描けること、それが続けられることに感謝。




第14回 日本・フランス現代美術世界展
会期:8月7日〜18日まで
六本木、国立新美術館 3A展示室
入場無料 10:00〜18:00







コメント

非公開コメント

昨日さっそく拝見しに行ってきました ♪(工芸での応募・受賞もあるんですね)
数ある作品の中でも「秩序と無秩序」は完成度が高いなあ〜と感じました。
「ひまわり咲く」は、花が開いたさらにその先までをも
表現しようとしている印象を受けました。
フランスの絵画は、やっぱり油彩の扱いや表現が上手いなあ〜と感心しながら
会場をあとにしました。
(そのあと友だちと合流して赤坂の奥地でホットケーキを満喫。
しばし暑さを忘れる美味しさでした〜♪)

こんにちは! ご自身がコンフォタブルなのがイチバンですよねー。
今年も深みのある、こうしてお写真だけでも魅力のある絵ですね。
レセプションは、いかがでしたか?華やかだったのでは…。

向日葵だって、夏の間は輝いているけど、
その後は枯れて種を残し、咲いていた花の存在は消えていく。

咲いている間だけ、満足感を求めてはいけないと
思うんですよねーナンテ。

お盆と重なっているので微妙なのですが、
できるだけ時間を見つけて、作品に会いに行こうと思います!

本当に暑い日でしたi-6
レセプションの合間のお忙しい時にご案内くださってありがとうございました。
ブログで拝見した時から和紙を使ったコラージュがどんな感じかぜひ直に拝見したいと思って駆けつけたのですが、予想以上に大きな作品で、和紙の透かしの麻の葉模様や紫の色が和の風情を添えて、とても品のある素敵な作品でしたe-266
思いがけず、お嬢さまとお孫ちゃんともお目にかかれて、猛暑の午後でしたがご一緒の時だけ涼やかないい時間を過ごさせていただきました(^-^)

本日、拝見して参りました。
昨年の作品から比べると明るい黄色が入った事で
気分的にウキウキされてきてるのかな?って感じでした。
(お孫ちゃんパワーかしらん♪)
相変わらず見応えたっぷりの会場でしたね。
すてきな作品をありがとうございました。

会期中には伺いますね。
和紙に墨とアクリル!
実物を拝見するのが楽しみです♪

tomokoさま
まあ、お暑い中をありがとうございました。
2年前まではこの展覧会も1月だったんですけどね〜、国立になってから
8月になちゃいましたー。
この会は、やれ日本画はこうだ、油絵はこうであるべきとかうるさい事を
いっさい言わないので自由な雰囲気が好きです(笑)
だから続けられるんですけどね。
まあ、ボチボチ続けてゆきたいと思います。

絵美さま
まさにおっしゃる通り、見えている花の存在より見えない部分の
方が大事なんじゃないか・・・そんな風に感じて頂けたなら
とっても嬉しいです〜。
でもまあ、しょせん絵ですから、描き手はいろいろ想いをこめますが、
見る方は好きとか嫌いとか色が好きだから部屋に飾りたい、とかそんなレベルで
見て頂いておおいに結構なんです。見て頂けるだけで、嬉しいですから。
暑いのでどうぞ無理なさらないでくださいね。

yukikoさま
本当に暑い中、お出でくださり、恐縮です。
主催者ももう少し、良い季節を考えてくれるとありがたいの
ですが・・・きっと良い時期は空いてないのでしょうね。
若い頃のように気負わずに絵が描ける年齢になったので、今は
本当に楽しんで描くだけで、歳をとるのも良いものだと思える
ようになりました。
お写真、ありがとうございました。
暑さのせいか自分が撮るという頭が全く働かず、レセプション風景も
会場風景もなし。
毎年同じような写真を載せてもつまらないので、ま、いっか・・。
てな感じです。ポルトガル大使(女性)がみえていたのですが、
堂々として素敵な方でした。彼女とは一緒に写真撮りたかったな。

香子さま
お忙しいのに、ありがとうございました。
そうですね、去年はほとんど墨だけの作品でしたから。
でもあっちの方が珍しいのです。本来、色を使うのが好きですから。
絵の具はアクリルなのですが、和紙に墨と一緒に描くと和っぽい色になるから
不思議です。これは雲肌麻紙を使っています。私の一番好きな和紙ですが、
高いのが難点。失敗出来ない緊張感(笑)があります。


櫻子さま
いやいやいや、暑いですし、櫻子さんまだ足も完治していらっしゃらない
ですよね?どうぞ、ご無理なさらないで。
少し気温が下がって、足も調子良いかな・・・なんて日がもしあったら
お越しくださいませ。決して無理は禁物なお年頃です、私達。(って、櫻子さんの
方がお若いですね、失礼)

先日はお伺いできず残念でした。次回は是非!
しかし、きょうも恐ろしいくらいの暑さですね。
無理せず、気張らず っていうの同感です。
これからの十年をどう過ごすのかっていうのは、私たち世代にとって重要な課題ですよね。
朋百香さんは「絵」で・・・私はどうしようかな?笑
お暑いのでどうぞご自愛ください。

straycatさま
いえいえ、この暑さ、もう来て頂くのが申し訳なくて。
そのうち、個展でもやりますから(もっと季節の良い時に)
その時にでも・・・。
絵はきっと描ける間は続けてゆくでしょうが、そろそろ人生の棚卸し、
いらないものをどんどん処分して軽やかなおばばになるのが
私の理想ですー。
(その割にはまだまだ、きものへの執着ありますが・・・笑)