もつべきものは・・・

えっちゃんとは中学時代からの友達。
(・・・ということは、もう40年以上の付き合いになるのか)
彼女は、美大をでてから暫く版画などを制作していたが、いつ頃
からだったろうか・・・布バッグとTシャツを作り始めた。
持ち前のセンスで個性的な作品を作り、小さな店などで展示会を
始めた。

あれから何年になるのか、久しぶりに展示会に行った。
場所は横浜ルミネの中の「アッシュペーフランス」というお店。

「アッシュペーフランス」は当時、銀座や原宿など、あちこちに店舗が
あり、バイヤーさんがフランスなどで最新の物、面白いものを
仕入れてくるお店。若い頃は、えっちゃんと連れ立ってよく行ったものだ。
彼女はお洒落に厳しいので会う時は気が抜けなかった。
この服にこの靴はちょっと合わないかな〜?
「ま、いっか〜」はないのだ。
すぐに指摘されてしまう。
私にとっては、ちょっと怖いファッションリーダーだった。

しかしこうして歳を重ねて、未だ自分のポリシーを貫き通し
「m*etsu」という名前で作品を作り続ける彼女は凄いと、改めて思った。
しかも彼女のセンスは歳をとらない。
20代、30代のファンがいるというから脱帽だ。


エツ、Tシャツ
その日、お持ち帰りしたTシャツ
私は自分の好みでモノトーンを選んでしまうが、ピンクや
ペパーミントなどカラフルなものが多い。


彼女の作品がいつまでも若いのは、彼女の中に変わらぬ反骨の精神が
あるからだと思う。
幾つになっても長いものに巻かれないのだ。
(歳をとってくると、楽な方に行きたいけどね〜)

「そうだ!」制作者たるもの、いつもどこかに反骨の精神を持たねば
と、久々に彼女に喝を入れられた気がした。
歳をとったればこその遊びの精神もね。

「枠にはまっていちゃ、あかんぜよ」(なぜか土佐弁)
そんな心の声が聞こえてきて、暑さにだれていた身体にピシッと
1本筋が通った。
さあ、私も来年の展覧会に向けて描かねば。


バッグ
もう一点、お持ち帰りしたナイロンバッグ、フリフリが
カワイイ。
TシャツにGパンはいて、お財布をポンと入れてちょっと
そこまで・・・にピッタリ。もちろん、サブバッグとしても。


これから名古屋パルコや大阪なんばパークスでも展示会が続くの
だとか。灼熱の関西、頑張れ〜 えっちゃん。
いつも応援してるよー。





コメント

非公開コメント

歳をとらないセンス!

>彼女の作品がいつまでも若いのは、彼女の中に変わらぬ反骨の精神が
あるからだと思う。
幾つになっても長いものに巻かれないのだ。

うわぁ、痛い!姿勢を糺さねばと思いました。
ステキなTシャツですね。これをお召しの方は、ただものではないと思えます。
バッグもジーンズにぴったりです。バッグが主役の着こなしですね。

厳しいことを言ってくれる友人は、大事にしたいものですね。
なぁなぁでなれ合っては、オバサン坂を転げ落ちてしまいますもの。

わー、H.P.フランス、好きですよ~。
最近はとんとご無沙汰ですが、石がルーズにじゃらじゃらした
大ぶりの指輪(すごく流行った)とか、先のとんがったブーツとか、
いろいろ買いました。
今もハイセンスな品揃え、さすがですね。
お友達の作品も、オンリーワンなデザイン力が満ち溢れていて
素敵ですね。

バッグもカットソーもスパイスが効いてておされ〜 ♪
こういうのって、なんでもないようにサラリと着こなすと素敵ですよね!
来年、いよいよ展覧会ですか?楽しみにしています〜!!

セージグリーンさま
そーなんです。彼女と会うといつも、「ああ、いかん、
いかん」と思います。
ファッションも制作の姿勢も守りに入ってはいかん、と。
でも彼女の真似も「いかん」ので、どこかに自分らしさを
出せば良いのだと、思っています。
本当の事を言ってくれる友は貴重ですね。

絵美さま
おお、アッシュペーフランス、ご存知ですか!? なかなか面白いものが
ありますよね、あそこは。
「石がルーズにジャラジャラついた指輪」、私も買いました(笑)
久しぶりにお店に行って、さすがにもうこの歳では・・・
と思っていたのですが、そうでもないんですね。
「出会い」がありまして(へへへ) それももう、感激の出会い。
次回、ブログに載せようと思ってますぅ。

tomokoさま
そう、ご本人もスパイスが効いてます(笑)
それでいて親御さんの介護もキチンとしているので
本当にエライな〜と思います。

展覧会はいつもの海外のヤツです。個展はまだの予定。
なにしろ、「タロット」が完成してから、と思っているので。
人物カード、あと10枚ですー。
ちょっとエンジンかかってきましたぁ。

アッシュペーフランスに相当注ぎ込んだ口です(^o^;
私はもっぱらラフォーレ店に通っておりました。
今でも愛用しているものがいろいろありますよー

ファッションセンス抜群の方が、
ご自分の表現方法としてここに辿り着くのは、
然もありなん。必然の理ですねっ!

Tシャツかわいい〜♪
Tシャツの形からデザインされてるんですか?
プリントじゃなくて、布を縫い付けてるんですね。
こんなの自分でできたら楽しいだろうなぁ。
無理だけど。。。

櫻子さま
おお、ここにもお仲間がいましたか。
嬉しい限りです。
懐かし〜、ラフォーレ、昔はよく行きましたよ〜。

そう言えば、櫻子さんの帯留めもH.Pフランスの
アクセサリーに通づるものがあるかも・・・。

えっちゃんは、フランスで布なんか買ってきたり
してました。ちょっとした端切れとかリボンが
可愛かったりするんですよね〜。
しかし、すべて手作り、だいぶ腕とか肩にきてるみたいで
大変な仕事です。好きだから続けられるんですねぇ。

朋百香さま

最近は(昔も?)着物以外、とんと物欲が湧かなくて・・ブランドの話題にもさっぱりついて行けない私ですv-356
横浜に住んでいてもルミネにも行かないなぁ。
でもせっかくご紹介いただいたのだから、今度機会があったら行ってみます。
こんなお洒落なナイロンバッグ初めて。
ナイロンだから折りたたんで、バッグの中に入れても皺になりにくそう。
サブバックとしても活躍しそうですね。

straycatさま
私もそうですよ〜。正確にはきものにお金使って洋服まで
回らないというのが実状(笑)ですが・・・。
ルミネも基本、近寄りたくない場所です。
見ざる、聞かざる・・・んー、誘惑はひっきりなしに
チャイムを鳴らす・・・と言ったのは誰でしたっけ?

> すぐに指摘されてしまう。
私にとっては、ちょっと怖いファッションリーダーだった。

こういうお友達って宝だと思います。
そして、こういうお付き合いって、若い頃から長年培ってきたものがあるからできるのでしょうねぇ。

私は全く物を作る人間では無いのですが、平凡な暮らしの中でも「反骨精神」や「長いものに巻かれない」生き方、心していきたいものです。

りらさま
はいー、貴重だと思います。でも彼女も歳とって丸くなった
せいか、若い頃のようなキツーい一言はなくなりました(笑)

りらさん、十分に「長いものに巻かれてない」生き方なさってると
思いますよ。

今は寿命も伸びたし、私ももう孫もおりますが、「老いては
子に従え」なんてマッピラ。ましてや夫に従うどころか、彼の間違いを
(一緒に仕事しているので)ビシバシ指摘する毎日。
ハードではありますが、これが「私」なので仕方ない。
きっと死ぬまでこの性格は治らないでしょうね(笑)