花を活ける

梅雨の合間の晴れた日、庭の花を活けてみた。


ネジバナ2

生前、母が好きだったグリーンのグラスに大量のネジバナを
無造作に活ける。
普段、雑草扱いされるネジバナも これだけたくさんだと豪華。
(長平庵の居間にて)



李朝の花器

こちらは、白磁に青い染め付けで中国人風の人と植物が描かれた
花器に花桃の実をなげいれてみる。
無作為の作為。
「一日一花」の花人、川瀬敏郎氏にならって自然にあるがままの
姿をそっと花器に移す。
(長平庵、食堂の窓辺にて)



クチナシ

ガラスの空き瓶にクチナシをなげいれる。
甘い香りがたちこめ、とたんに花の存在感が増す。
(自宅のバスルームにて)


目についた庭の花や実を好きな器に入れて好きな場所に飾る。
それだけで幸せな気分になれる。
何気ない日常の小さな贅沢。

どんなに忙しくても、美しいものを美しいと感じる そんな心の
余裕を持っていたいものだ。






コメント

非公開コメント

雑草、雑にあらず

私も何気ない、ひっそりとした佇まいの花々が好きですので、雑草の美をめでたいと思います。
ネジバナはモジズリとも言いますね。わが家の回りにも沢山咲いていています。「みちのくの偲ぶもじずり、、、」の歌にも詠まれたように、ゆかしい花のようですが、これだけ沢山まとまると、なかなか壮観です。

染め付けの花器の耳は鯉でしょうか、人物は釣り人ではないのでしょうが、おもしろいですね。

バスルームにクチナシの香り、、、暮らしの隅々まで行き届いた朋百香様の美意識を感じます。

ネジバナ、だ〜い好きです♪
うちの3つの鉢にも植えた覚えもないのにほんの1本ずつ咲いてくれました。
キレイなピンクの花、和みますよね〜。
クチナシの花も好き。映画「旅情」で、ヴェネチアの彼とヘプバーンがデート中に、
彼が花売り娘から花を買ってくれるというのでヘプバーンが選んだのがクチナシ。
女学生時代の思い出を語るシーンがありますよね。
その場面を見るたびにあの甘い香りを思い出します。好きな映画のひとつです。

セージグリーンさま
もじずり、知りませんでした。
花屋の花より、雑草と呼ばれる小さき花達の方が活けた時に
よりパワーを貰える気がします。

そうですね、染め付けの耳はお魚です。
これも母の形見ですが、どこのものでしょうか?
調べても分かりませんでした。
白磁に藍は陶器の中でも好きで、飽きがきませんね。
なので古伊万里とか大好きなのですが、器にまで手をだすと
大変な事になるので(笑)今は母の残してくれたものを
大切に使っております。

tomokoさま
このネジバナ、芝生の中にぴょこぴょこ生えて
きちゃうんです。
この時期、それを引っこ抜くのが日課です(笑)
クチナシの香りは特別ですね。
白い花はみんな、良い香りですが中でもクチナシは
言葉では表現出来ない素晴らしい香りです。
ヘップバーンにクチナシ、んー似合いますね。

どんなに忙しくても美しいものを美しいと感じる・・・そうですよね。夜遅く、朝早くだと、なかなか自然の小さな変化に気づかないのですが、10分外に深呼吸するだけでも、見える青の違い、香る花々の違い、そよぐ風の違いを五感で感じます。
今年、工事で外に出る機会が少なかったせいか、季節が分からなくなる私です、反省。

とうこさま
今年、お庭の工事なさっていたのですよね。
あんなに素敵なお庭があるのですからぜひ、外に出て
季節を感じてくださいませ。
とは言え、もう蚊に悩まされる季節になってしまいました
が・・・。

ネジバナ・・・

右にネジネジ・・・ 左にネジネジ・・・
よ~っくみるとねじり方に左右あるんですよね
濃いめのお色と薄いお色

身近に愛でるお花があることは 安らぎ 心豊かなひと時
朋百香さん 素敵e-266

道路際のオオテマリの根元にポツリポツリと咲いていたのですが
そろそろだわ~♪ と楽しみにしていたのですが
そのあたりにボコッ・・・と穴が(泣)

取っていった方 ちゃんと咲くように養生しているかしら 

sachikoさま
よくよく見ると、本当だ右回り左回り、両方あるんですね。
植物って遠くから見ても可愛いし、近くで見ると発見が
あるし飽きないですね。
それにしてもsachikoさんはよくお手入れなさってて
エライ! 私なんか自然主義(笑)というか、ほったらかしで
知らぬ間に消えていっているものもあるし、知らぬ間に増えて
いるものも・・・。

こんにちは! 私も藍の染付の白磁、大好きです(…って言っても、大して持っていませんが)。涼を呼びますよね。
仕事でどんなに忙しくても、仕事より優先させるものをきちんと決めておけば、気持ちにゆとりが持てるし、仕事だってちゃんと回るものですよね。

絵美さま
絵美さんのブログで時々、出てくる器やさんとか、行ってみたいな
と思うのですが、グッと我慢です。
これ以上、行く所を増やさないように・・・(笑)

偉そうなこと言ってますが、仕事が重なるとパニクる私です。
でも自分を信じて「すべてはうまくいっている」と、呪文のように
唱えます。そして深〜い呼吸と笑顔、これで乗り切るしかないですね。
絵美さんのこぼれる様な笑顔、自然な笑顔、お手本にしたいですー。