羽二重の晴れ着

「平織りと呼ばれる経糸と緯糸を交互に交差させる織り方で
 織られた織物の一種。
 絹を用いた場合は光絹(こうきぬ)とも呼ばれる。
 通常の平織りが緯糸と同じ太さの経糸で織られるのに対し、
 羽二重は経糸を細い2本にして織るため、柔らかく光沢の
 ある布となる。」(ウィキペディアより)

○子ちゃんの曾祖母さまが作ってくださった羽二重の晴れ着。
今時、こんな立派な羽二重の晴れ着を作って頂けるなんて
本当に幸せ者。

退院の日には、まだ着るのは無理だったのでくるんで退院した。


晴れ着
真っ白とは違う、ほんのり暖かみと優しさのある絹の白さ。
触るのが怖いくらい。


背守り
背紋には厄除けの印が。



「絹のよさは羽二重に始まり羽二重に終わる」といわれる。
生まれたばかりで、もうお誂えの最高のおきもの。
これは、将来がちょっと怖いゾ。









コメント

非公開コメント

こんにちは! 羽二重の晴れ着、お写真から色のまろやかさだけでなく、生地のとろっとした感じや、ほどよく地厚で上質なものであることもよくわかります。お孫ちゃん、着道楽になること間違いないわ☆ これを機会に、ご長女さんもお着物、いかがでしょう(笑)

あぁ、いいですねえ♪
羽二重にくるまれて退院なんて幸せなお子さんですわ〜。
ホント、将来がいろんな意味で楽しみですね i-179

無垢なる命に無垢なる衣・・・ですねえ〜。
背守り、効きそうな繍いですね。どうぞお健やかでありますように・・・。

羽二重、男物の礼装にはよく登場するのに、
女性の礼装にはとんと登場しなくなったそうですね。
どんな着心地か、想像するのみです。
*子ちゃん、グランマの着物姿を見て、
将来お着物好きになってくれるといいですね〜♪

絵美さま
本当にトローっとした綺麗な絹です〜。
最高級ですよね。 お宮参りに着せたいですが、
もう暑いかもしれませんね。
ユニクロもいいけど、上質なものに触れさせるのも
大切なことだと思うばばであります。

香子さま
はいー、楽しみでござりまする〜。
ばばは今から考えちゃいますね〜、七五三には何を
着せよう?って(笑)

tomokoさま
「無垢」って言葉、久々に聞きました。
もう忘れてますね〜、長いこと。 皆んな、生まれた時は
無垢だったんですけどね・・・。
煩悩がでてくるとダメですね〜、そこからが苦労の始まり(笑)

お孫さんのお誕生 お祝い申し上げます。
「かわいいっ」というお気持ちが伝わってきてこちらまで
ほっこり いたします。

このお祝い着、生地といい 背守といい、いまどきこんな
素晴らしいものを送られる赤ちゃんがいったいどのくらい
いるのだろうとため息が出ます。
素晴らしい人生がきっと待っているのでしょうね。

まぁ、ステキですね〜♪
本当にお幸せな◯子ちゃん。
きっと着物好きになられますわね。
そして、朋百香さんのお着物も三代受け継がれる…
と思えば、多少のキヨブタも許されたりして〜(笑)

風子さま
ありがとうございます。
親以上に○子の幸せを願うばばでございます。
この間まで子供だった娘が、一生懸命新米ママを
やっている姿にも感動いたしました。
母親って凄いものですね〜。

櫻子さま
あはは、飛び降りっぱなしのjumping babaで
ござりまする〜。

文字通りお蚕ぐるみですわねぇ。
皆さんのお気持ちを受けて、きっと幸せにお育ちになることでしょう。
お孫お嬢ちゃんがいる着物友達がいるのですが、それはもう楽しそうに晴れ着の用意をされてるんですよ。

着物好きな方にお嬢ちゃんや孫お嬢ちゃんができると、こちらまで嬉しくなりますわぁ。

わぉ

朋百香さま
おばあちゃまになられたんですか?どんな感じかしら?
おめでとうございます。
未知の領域に突入ですね。
今度ゆっくり、お話しお聞かせ下さいませ。
後学のために‥って、うちはいつの事かしら。

りらさま
そうですね、日本に生まれたからには、きものの良さを
小さい頃から伝えたいですものね〜。って、娘の時には
そんな事、ちっとも考えませんでしたけど(笑)

straycatさま
ありがとうございます。
これはもうなってみないと分からない感覚です。
私も自分がこんな「ばばばか」になるとは思いません
でしたぁ(笑) 確かstraycatさんもお嬢さんが
いらっしゃるのですよね? いつの日かこの幸せな
感じをたっぷり味わえると思います。
可愛いですよ〜。