まさか現実になるとは!

青山の教室で憧れの森田空美さんの着付けの個人レッスンをした。
きもの好きな人なら一度は聞いたことがあるはず。
「和樂」の連載や他の雑誌での着付けや監修、テレビ、映画、CMなどの
スタイリングも手掛ける、あの、きもの界のカリスマ。

お出迎えくださった森田先生の第一印象は「カッコイイ」の一言につきる。
きものの着方はもちろんだが、話し方、立ち居振る舞い、すべてが歩く
お手本だ。小柄な方だし、派手な感じでは決してないのに内面から
出ているものが何か違う。流石です。
人に着方を教えるなんて10年はやかったのではないか・・・と、恥ずかしく
なったが、でも10年たったらもう、教えられないだろう。今、頑張って
猛スピードで吸収するしかない。これも流れだ。

だいたいは私の着方で間違いはない。ただ、細かいところのちょっとした事で
楽にも苦にもなることを学んだ。不思議なのは同じ紐の結び方なのに、先生が
結ぶと緩まない。同じ帯揚げの結び方なのに、先生だと一回り小さくなり、
やぼったくならない。マジックだ。先生はポイントだけをアドバイスして
くださったのだが、着てきたのと同じきものと帯とは思えないくらい、帰りの楽
だったこと。緩めるところ、締めるところの絶妙の加減はきものに限らず、
すべてに通ずるな~と、実感。

緊張しまくり大汗をかいて終えた1時間。
最後に森田先生が言ってくださった「きものが、よくお似合いね」の一言で
俄然、やる気と勇気が湧いてきた。
20100422.jpg

コメント

非公開コメント