一足早く春を着た!


1月の久米島展に来てくれた友人が実は浦野理一氏の
大ファンだったことが判明。
「理一さんの作品、ありますよ」という山本さんの一言で
「じゃあ、見せて頂きに行くわね」

という事で彼女と山本きもの工房さんへ。
私より10以上もお姉様だが、いつお会いしてもキチンと
お洒落してらしてお料理が上手な良妻賢母。
ヒールの踵をカッカッカッと鳴らしてさっそうと歩く
カッコイイ大人の女性。


そんな彼女が久米島展で選んだ紬は無地のベージュピンク。
「ちょっと派手かしら・・・?」
と気にしてらしたが、いえいえゼンゼン。
大人のピンク系だから、むしろ熟女にこそ似合う色かと・・・。

浦野理一帯

彼女の選んだ紬に浦野さんの鶴亀の帯を載せてみる。
もちろん、ピッタリ!
この藍色に惹かれる。


長襦袢

その他にもこんな綺麗な長襦袢やら、
「ええっ、こんなお値段でいいの?」という大島など
見せて頂き大満足の私達。

が、話はここで終わらない。
後日、彼女の持っている浦野理一氏の帯を見せて頂き、


理一帯2


「!」絶句してしまった。
私の大好きな桜柄、しかも桜の奥に満月が・・・
おお、何と言う幽玄の世界。
いつまで見ていても飽きない・・・。

理一サイン

垂れのすぐ上には「理一」の二文字が・・・。
まるで水戸黄門の印籠のように目に飛び込んできて
「は、はー」と頭を下げてしまいそうになった。
お、帯からオーラが出ている。
それもその筈、この帯は理一さんの遺作なのだとか。
やっぱり一流の仕事というのは凄いものだ。
濃紺のちりめん地に地が見えないくらいに描かれた
満開の桜。理一さんの最後の想いがすべて込められた
迫力の帯。


あまりに食入る様に見つめる私に彼女が一言
「良かったら締めて頂戴。桜の時期は短いから」

「ええー、いいんですかぁ?」

きっとその時の私の口からは涎が垂れていたことだろう。
あー、何とも幸せな春は もうすぐそこに・・・。

で、一足早く

着てしまった(来てしまった)春!

理一帯3

銀鼠の紬に合わせてみましたぁー。
帯揚げは薄黄、帯締めは桜の蕊に合わせてちょっと
緑がかった水色。

さて、もうすぐ3月。
これを締めてどこに行きませうか・・・
夢見るオバンは桜の帯に誘われ、しばし妄想の世界へ。
(あー、まずい。人のものも自分のものも見境が
なくなってきた・・・重症だぁ〜)






コメント

非公開コメント

すごお〜〜い!閃光眩しすぎるう〜〜!(笑)
しかし、ある着物や帯は、どこか「人を選ぶ」ようなところがあるように思います。
ふさわしい人の装いとして纏われるのが、お蚕さんと作者にとってもすごく嬉しいこと、喜びと思います♪
いやあ〜ため息ため息、お見事です!!

tomokoさま
いや〜、ほんと、持つべき人の所に行くのですねぇ。
他にコブシの帯もお持ちなんですよ〜。
彼女も箪笥の肥やしになっているより帯も喜ぶと言って
貸してくれたのですが、彼女とはきもの繋がりじゃないので
お互い、きもの好きだったなんてビックリです。
私ももう派手になった帯を出してみてお若い方に締めて
頂こうと思いました。こうして好きな人に締めてもらうのが
帯も喜ぶというものですよね。

ぎゃアー―(思わず雄たけび!)すごい!!
桜が重厚な音楽を奏でているみたい。
そして、銀ねずの紬に合うこと!
今年こそは安物買いはせず、こんな紬に素敵な染め帯と思っているのですが、、、
やはり、布は人を選んでやってくるのかなあ。

こんにちは! うわー写真でもすごい存在感がありますね。浦野さんは織も味わいがあって好きですが、染めも結構大胆なものが多く、惹かれます。
それにしても、朋百香さんのハイテンションぶりが微笑ましいわー。春が一足も二足も早くきそうですね☆

んまぁ〜、なんてなんてステキな帯でしょ!!
満開の桜は春待ちの今こそお洒落ですよね♪
どこに行かれても、注目の的まちがいなしですね(*・∀-)b

私も・・・・あまりの素晴らしさに絶句です・・・
美しい帯ですねぇ。
そしてこんなお宝を貸し借りできる関係というのが、とても素敵だと思いました。

鶴亀帯にぐっと来ていたのですが、満開の桜とそのお話で吹っ飛んでしまいました~。

とうこさま
迫力ありますよね、さすが理一さんです。
帯というより芸術品だな〜て、見惚れてしまいます。
帯に力があるから普通の紬じゃ負けちゃうんですよ。
その点、柴崎寿一さん(銀鼠の紬の作者)もさすが、
という事でしょうか。

絵美さま
失礼しましたぁー。浦野さんの帯、で桜となると
もう正常ではいられません(笑)
桜の季節、お誕生日月だからでしょうか、3月は
ちょっと変になります。ご容赦ください。

櫻子さま
はい、いろんな所に来てゆきたいのはやまやま
ですが・・・さすがに、人様の帯なのでそこまでは。
取りあえず、この春に一度だけでも締められたら本望
ですぅ〜。

りらさま
そ〜ですねぇ、考えてみたら、こんな凄い帯を
さらっと「よかったら締めて」という彼女はかなりの
太っ腹ですね。九州出身の方ですが。
お借りしている間は、毎日眺めて暮らします(笑)

あ〜、ステキ×2♪
自分では買えない物だけに
こうして画像ででも拝見させていただけて
目の保養をさせていただきました♪

香子さま
買えませんよね〜、作者はもう亡くなっているし
貴重な帯です。
人の帯ながら大切に保存して頂きたいです。
時々、こうして人様に見て頂きながら・・・。