玉止め帯

ビターチョコレートを思わせる焦げ茶の織りの帯、
細い縞が入っているのだが遠目には無地に見えて
何かつまらない。

そこで

先日の久米島展に出ていたポツポツ帯を思い出し
自分でポツポツしてみることに・・・

刺繍帯2

小学校の時、家庭科で習った「玉止め」これを
色とりどりの木綿糸の3本取りでひたすら
おこなって・・・

刺繍帯3


こんな感じに、
ちょっとしたアクセントになったかしら?
題して「玉止め帯」の完成!


刺繍帯1


姉から貰った雲取りの紬に合わせてみた。
帯締めは玉止めの中にある水色をチョイス。


刺繍帯4

お太鼓はこんな感じ。
面白い帯になった!(かな?)
まあ、玉止めが楽しかったから良しとしよう。


さて、出来立てホヤホヤの「玉止め帯」を締めて
明日は尊敬する大先輩の友人のお供でお出かけ。

続きは次回に・・・。




コメント

非公開コメント

朋百香さ〜ん、さっそくやられましたねえ (^-^)b
玉留めを気が遠くなるほどたくさん!
ふふ、玉留めって相良刺繍ですよねえ。
すごい×2!!

すっごーーーーい!!
色合いと言い、入り具合と言い、ますます素敵になりましたねぇ。
面白い帯に、なってますなってます!

りらさま
そーですかぁ? 自分では客観的に見られないので
いいんだか悪いんだか・・・
でも、いくらでも訂正がきくので、その点、気楽です。
こんな帯もあってもいいかな〜くらいで(笑)

香子さま
はいー、早速やっちゃいましたぁ〜。
西陣さん、パクってごめんなさいです。
でもあちらは織りですから・・・
そっか、言われてみればこれ相良刺繍なんですね。
家庭科の先生に宿題忘れて、怒られたことなんか
懐かしく思い出しながら、作りましたが(笑)
顔は覚えてるのに、名前なんだったかな・・・
あの先生。

むふふ!愉しんでやってらっしゃる様子が
浮かびましたですよ~。
お太鼓では縦に、前柄は横になってるとこがまた
洒落た感じに仕上がりましたね!
私も無地帯が多いので、たまになんか手を加えたくなります。
まだ想像止まりですけども…。
朋子百香さんのこの帯は濃暗色の大地に降る明るい春の雨みたいで
雨雪の季節にピッタリ~!

おぉ、有言実行ですねっ!すばらすぃ〜♪
(言ってみるだけの私とは大違いでつ)
西陣さんと遜色ない仕上がりと思います(^o^)/
自作だと愛着がわきますし、活躍しそうですね。

tomokoさま
ありがとうございます。「春の雨」素敵な表現ですね。
「玉止め帯」じゃ、色気ないから「春の雨帯」に
しましょう(笑)

櫻子さま
「西陣さんと遜色ない仕上がり」とは嬉しいことを
おっしゃる。でも私なりに玉止めのグルグルの数を二つに
してみたり、五つにしてみたり、いろいろ変化をつけて
みました。 有言実行というより、「あの帯欲しかったけど
買えない勢い」ってやつですかね(笑)

いえいえ、勢いだけではこんなにステキな帯、生まれませんでしょ?
色使い、大小の変化、雨だれの散らし方、さすがのセンス、
なかなかこうはできないな〜と
羨望の眼差しで拝見しております。ほんとにあの時の西陣帯みたいe-266

yukikoさま
アハハ、ありがとうございます。
そんなにお褒めいただいては、恥ずかしい限り。
でも何となく似たる帯になり、気がすんだで
ござります(安く済んだぁ〜・笑)