鬼が笑う

今日はアトリエのある長平庵にお客様がみえた。
仕事のミーティングではあるが、前回の頂いたアドバイスを
活かして紬でも、優しい色合いのものを選んだ。
回りはすべて男性。 場の雰囲気を少しでも和らげる効果は
あったのだろうか?


121205_134730.jpg
きものは姉から譲り受けた雲取り柄の紬。
帯は焦げ茶の縞の八寸。
(写真では縞がうまく写りませんでした)


IMG_0002.jpg
長平庵の庭にて


さて、来年はこの長平庵で展示会があるので、ここでお知らせ。
ブログでも何度かご紹介している山本きもの工房さんが、
久米島紬「いい理由あり展」を開催。
平成25年1月23日(水)〜27日(日)
10:00〜17:00

(24日、25日、26日は久米島から織り手さんがみえて
 貴重なお話も伺えるそうです。)

20121126_2740110_t.jpg



おまけ
鬼が笑ってるついでに もう1つ。
来年も永田町・黒澤で「蕎麦と落語を黒澤で」を開催。
人気急上昇の林家たけ平さん、あっという間にお席が
うまってしまって、残り僅かになってしまいました。
お知らせが遅くてごめんなさい。
お申し込みは下記にお早めに。

「新春 蕎麦と落語の会 」
平成25年1月12日(土)
12時45分から
落語、蕎麦懐石、税込みで8000円
永田町・黒澤 03-3580-9638





コメント

非公開コメント

こんにちは! オヤジ的な物言いで恐縮ですが、その場にいた男性陣は鼻の下が伸びていたのでは(笑)。朋百香さん、黒系もお似合いですが、こうした少しピンク味の入った薄いお色もとても素敵です。
久米島展のお知らせ、おいおい私のブログでも紹介させてくださいねー。

絵美さま
ありがとうございます。
いつも洋服でお目にかかっていた方達なので、最初「おっ」という様な
反応はありましたが、リアクションはそれだけでした。
女性なら「あら、素敵な紬ですね〜」から始まって、いろいろと話が
そこから広がるのに・・・。
日本の男性も少しはイタリアの男性を見習えばいいのに(褒めてほしい訳では
ありませんよ)笑。

久米島展、楽しみです、特に現地から織り手さんがみえるというのが。
またいろいろとお勉強になりそうです。

はじめてお会いしたとき、たしかこのお召し物でしたよね?
優しい色合いがお似合いでしたし、失礼ながら、
自分とほとんど変わらない年齢かと10年はお若く見積もっておりました〜。
久米島の展示会、楽しみにしています♪

tomokoさま
キャー! 嬉しいこと言ってくれちゃってぇー。
何にも出ませんよぉ〜
思うに余計なものを入れないのがいいんですよね、きっと。
もうこの歳になったら、出すのみ。汚れも、感情も、日々、
出すことに専念しています(笑)

山本さん、力入ってますね〜、久米島展。
私も楽しみです。

こういう媚びないコーデ好きです〜♪

柔らかな雰囲気 良いですね~

朋百香さま

こんばんは~v-410
と~~ってもお似合いですよん

柔らかなお色でしっとりと優しい雰囲気
いつものコーディネイトとはんなり系とTPOで着分けたら・・・

久米島展楽しみですね
新幹線乗継いでお出掛け計画立てましょv-392

sachikoさま
ありがとうございます。
はんなり系、得意でないのであまり持ってないのです。
sachikoさんをお手本に、これは!というものを少しづつ・・・。

まあ、長平庵でお目にかかれたら嬉しいです。
でも遠いからご無理なさいませんように。

香子さま
ありがとうございます。
媚びたくても、媚びれない性格で・・・。