七五三

先日、写真の整理をしていたら懐かしいものが
出てきた。
私の七五三の時の写真だ。


IMG_0003.jpg


思えばキチンときものを着たのはこれが初めてだったかも。
今でもこのきものは覚えている。
淡いブルーとピンクのぼかしに、金の鶴が飛んでいた。
頭に付けた大きな白いリボンの上にも鶴が付いていた。

母のきものも覚えている。
黒地に赤紫の絞りで唐草模様の大胆な柄。
黒いきものに黒地の帯。
お祝いの時に黒に黒は普通、選ばないだろう・・・。
しかしこれが、当時のモダンだったのか?
母はこの時、37歳くらい。
個性的といえば、個性的なコーディネートだ。
店も軌道に乗って、女将として自信もついてきた頃だった
かもしれない。
リウマチもまだ発症せず、母にとって一番幸せな時だったかも。

ところで、お参りは店の近くの日枝神社だったが、私の
娘達も七五三は同じ神社だった。
不思議なのは、長女の婿どの。
住まいが近い訳でもないのに、やっぱり同じ日枝神社だったと
いうのだ。
婿どののお母様に伺ったことがある。
「なぜ、日枝神社だったのか?」と。
返ってきた答えは「あら、何でだったかしら?あんまり昔の
ことで、忘れちゃったわ」

日枝神社の取り持つご縁とは言わないが、二人が二十数年たって
結ばれたのは事実。
生まれた時から赤い糸で結ばれていたのかも・・・?




コメント

非公開コメント

わ〜っ、いいお写真!!朋百香さんのお顔、いまもお変わりないですね。おかあさまのお召し物もすっごく素敵!!お似合いでいらっしゃいますねえ〜。こんな写真が残っているなんて羨ましいです〜。
私のちいさいときのおべべ写真には鼻水たらり・・・光ってるし。ああ・・・今もくしゃみと鼻水の悩まされています。やっぱり三つ子の魂百まで、でしょうか(笑)。

お母様も、お着物もほんとに素敵です。やっぱりという思いですが、その方のお着物にハサミを入れさせていただいているので感無量です。朋百香さんとお逢いする以前に、日枝神社に参拝しては黒沢でお蕎麦をいただいていましたのも必然ですね、きっと。

tomokoさま
えっー? そうですか? 変わらないですかねぇ・・・。
この頃は利発そうな顔してたんですけどねー。
しっかしセピア色の写真、いかに昔か、ですね。
子供時代の写真、あんまりないです、特に母と写ってるのなんて。
貴重な写真です。

やまもとさま
そーでした。山本さんに母の付け下げ直して頂きましたものね。
日枝神社は学校帰りの遊び場でした。あの頃は池もあって(今は駐車場ですが)
ザリガニが釣れたんですよ。
神社も店も変化しましたが、でも未だにそこにあることが嬉しい限りです。
また、お蕎麦食べに来てください。

想い出の一枚・・・

まぁ~~~ なんと素敵なお写真

お美しいお母さまと幼さの中に理知的な雰囲気の朋百香さん
お召し物の拘りも お洒落でモダン
セピア色に 過ごしてきた思い出がいろいろ浮かぶ
大切な一枚ですね

お着物が素敵なこともですが、お母さまのお顔拝見していると、朋百香さんかと、一瞬思ってしまう。たおやかな雰囲気が似ていらっしゃる。
七五三の髪飾り、羽がついていて、いつもボーイッシュな格好をさせられていた私は、心の中で涙が出るほどうれしかったのを思い出します。

こんにちは! 実にいいお写真ですねぇ。朋百香さん、可愛いし顔ちっちゃい!
お母さまのお着物、アーティストが着るみたい。個性的ですが本当によくお似合いですね。
私は三才のときに着物を着たのですが、もちろん?記憶になく…。いかにもな赤い着物に、白く塗ったぽっちゃり顔、ちとせ飴を引きずるようにして持っている写真が実家にあるはず(笑)

あら、ステキ♪
今の朋百香さん、お母様そっくりですねえ。
いいなあ、七五三のお写真。
ワタシは歳の離れた従姉のお下がりを着て
家の前で撮っただけでした。

そうそう、蒸しタオルのアドバイスありがとうございました。
じつは、先月末から2種の目薬と蒸しタオルの両方で対処してますが
まだ角膜のピンホールが減りません (^-^;;

sachikoさま
アハハ、あまりに古くてお恥ずかしい限りです。
最近は古い写真も新しく出来るようですが、これはおっしゃる通り、
このセピア色が良いような・・・。
セピアは思い出の色、ですね。

とうこさま
どちらかと言えば、私は父親似だと思っていたのですが、
歳をとってくると母にも似てるところがあるような・・・。
七五三なんて、もう遥か昔の事ですが妙に覚えてますよね。
私もハコセコの形や固さなんかよく覚えてます(笑)
やっぱりきものを着てちゃんとした写真を撮るなんて事を
したのが、初めてだったからかしら?

香子さま
え〜、そうですかぁ? 母に似ていると言われたことは今まで
ありませんでした。この歳になって、少し似てきたのかも・・・。

歳をとるといろいろなところに不具合がでてきて、いやですね。
眼医者だ、歯医者だって忙しいです(笑)

絵美さま
やっぱり今のきもの好きの土台はこういう母の姿をずーっと
見てきたからなのかもしれませんね〜。
あの頃は授業参観に来るお母さんの三分の二くらいは、きもの
でしたよ。逆に洋装のスーツを着たお母さんがカッコイイと
思っていたものでしたが。

か、か、可愛い・・・・
朋百香さん、可愛い~!し、賢そうなお嬢ちゃまでらしたのですねぇ。
今のお姿がしのばれますねぇ。
私の三歳の時の七五三は、なんだか如何にも利かん気そうな顔をしてます。ああ~。

そうそう、参観日や入学式の写真などを見るとお着物姿のお母さんが多かったですよねぇ。

りらさま
アハハ、そうですね、賢そうに見えますね〜。
どこから賢くなくなっちゃったんでしょー?(笑)
でも子供の頃、無愛想で(今も?) 決して可愛い子では
なかったのですよ。
笑うと「何だヘラヘラして!」と、父に怒られたので無表情な子に
なっちゃったんです。