大島紬色語り~『結晶』

Career Colorの若山真由美さんが、4月に長平庵で大島紬の語り部としてデビュー!

いろいろあって現在、門を閉めている長平庵だが、今回ご縁を頂き大島紬の展示会をする事となった。
4月4日まで、あと一カ月ちょっとあるが、それまでに門は開くのだろうか・・・?という心配もあるのだが、いつも元気一杯のワカさんを見ていると、きっとすべてうまくいく!と思わずにはいられない。文字通りオープンゲートとなる事を信じて、というか事はすでに動きだしているのだが(これもワカさんのパワーか)大丈夫、もしもの時は自宅側の門から入って頂こう。と覚悟を決めた。

さて、展示されるのは奄美大島が誇る大島紬の染色家(伝統工芸士)、生多良さんの作品の数々。歴代グランプリ受賞作品や[本物]の大島紬。
そして、umu-wakaが生んだ何とも美しい和の色のストールなど。
(詳しくは3月にinfoにてUP)

「日本は八百万の神様の国。ものには魂が宿る。神々が宿る日本の色」を長平庵にてご紹介出来るのは私にとっても無上の喜び。


1002161.jpg
生多良さん作、大島紬「さくら」


展示会・2010年4月4日~5日
4月4日はワカさんが大島紬について熱く語るトークショーを予定。 女性だったら、いつか自分の大島紬を持ちたいと必ず思うもの。 それはなぜか・・・?ワカさんは語る「大島紬には日本女性の魂の 鎮魂のテーマがある」と。う~ん、深いぞ、これは。

http://umu-waka.jugem.jp

コメント

非公開コメント