さまようアラフィフ

先日、ブログでもお知らせした通り、今日は永田町「黒澤」で
林家たけ平さんによる「怪談話」の日だった。
もう1ヶ月以上、きものを着ていないので この日こそは、と
準備万端整えた。

白鷹織りのきものに島仲由美子さんのグンボウの帯か
IMG_0467.jpg


鳥の子色の紬にウズベキスタンのペイズリー文様の帯か
IMG_0459.jpg


朝、起きたら その日の気分でどちらかにしよう、と決めていた。

ところが、不覚にも風邪をひいてしまったのだ。
前夜から頭が痛くなり、喉も痛い。熱っぽい感じもする。
「マズイ」
この猛暑を乗り切って ここまできたのに。
よりによって今日という日に・・・

思えばあれがいけないのだ。
「冷房」
私は冷房嫌いなのに、外出すればこの暑さでどこでもガンガン冷房を
きかせている。
うちでは殆どドライか冷房をかけてもすぐ切ってしまうのだが、
アトリエでは冷房をきかせてしまう。
なぜなら、汗が紙に落ちるからだ。
おまけに集中して描いていると冷え過ぎも気付かない。
そんな事を繰り返してひいた風邪なのだろう。
と、反省しつつ しばらく休みがなかったことにも気付いた。

若い頃の様には無理がきかない、という事を自覚してるつもりで
ちっとも身にしみない愚かな私。
体力より気力が勝ってしまう。

もう歳なのだ・・・だけどそれに屈するには、まだ抵抗したくなる
微妙な年頃。
まだ、大丈夫。まだ、いける。
アラフィフのおばさんは「いける、いけない」の境界線を模索しながら
今日もさまよう。

「ほーら、ちょっと良くなると すぐこれだ。
ブログ、書いてないで早く寝なさい」と、夫の声が・・・
はーい、スミマセ〜ン。









コメント

非公開コメント

うちの相方も先週半ばに風邪をやらかし、喉をやられていまだカスレ声。
自分も気をつけないとです。
季節の変わり目ですから、どうぞくれぐれもお大事に〜。

tomokoさま
ありがとうございます。でも主婦って寝てられないのですよね〜。最低でも食事と洗濯はしなきゃならない。「寝てろ」って言うわりに主人は何もしてくれません。
今の若い旦那さんは(うちの婿ですが)ご飯も作るし、掃除もするし、ほんと娘が羨ましいです(笑)

残念!

その後、如何ですか?
暑さが続くとは言え季節の変わり目ですし、お大事になさってください。

>アラフィフのおばさんは「いける、いけない」の境界線を模索しながら今日もさまよう。
嗚呼、右に同じでございますわぁ。
最後になりましたが、このウズべキスタンの帯、本当に素敵です!

りらさま
ありがとうございます。お陰さまで、だいぶ良くなりました。

そうでしょ! 私も一目惚れして買ってしまった帯です。なんでもウズベキスタンの王族の
ストールだったとか・・・ それを帯に仕立て直したものです。オールドアドラス、ペイズリー文様とか言ってました。日本の古典の柄ももちろん素敵ですが、シルクロードの香りがするこういうアジアンな布にも心惹かれてしまいます。
あ〜、早く涼しくなれ。

夏の疲れが出る頃ですね・・・

朋百香さま
いかがですか?
体からの信号 気が付かないうちに疲れが・・・
季節の変わり目ですもの 無理なさらないでくださいね

 着姿拝見できないのは 残念ですが
ウズベキスタンの帯 なんとも言えない味がありますね~
一目ぼれ・・・ 分かりますわんe-266

sachikoさま
はい、ありがとうございます。
疲れって見えたらいいのに・・・と、時々思います。
女って疲れていても、化粧したり身支度するとピッと仕事モードになって
つい、疲れてないフリしてしまうのですよね。(あれ、これ私だけ?)
疲れていても娘夫婦が来るなんていうと、いそいそと食事の支度をしてしまう、とか。
sachikoさんもご経験おありなのでは?

この帯のどこに惹かれたかというと、色彩と柄のインパクトですかね。

yukikoさんから当日ご欠席されたと伺いました。
残念でしたね、その後体調はいかがでしょう?
自分の我が儘を聞いて上げられるのは自分しかいませんので、
ご無理はなさらず ゆるゆると (^-^)b
ホント、もう無理は利かない年齢になりましたねえ(ワタシもアラフィフ)

香子さま
ありがとうございます。だいぶ良いですが、いい気になって動き回るとダメですね〜。
懲りない私です。
ええ〜、香子さん、アラフィフ? 信じられない、お若くみえますね。
アラフィフたって前の方でしょ? 私はもう後ろの方です(笑)
変な気候ですから、気をつけましょう・・・お互いに。

だいぶ以前の記事にコメントでなんだか・・・ですが、たけ平さん!!!すごく頑張っている二つ目さんですー。ちなみに彼の宣材はわたしが撮りましたです〜(緑の背景だったらですが)。明るくって抜けのいい高座を毎度きかせてくれるたけ平さんです。どうぞご贔屓に〜!

ムーチョさま
そーなんですね。ムーチョさんとはモンジューといい、たけ平さんといい、
なんか意外なところで共通の知り合い多いですね(笑)
たけ平さんは姉の店によく来てくれて、そのご縁から店で落語をやってもらう
様になりました。きもの脱ぐと今時の若者ですが、高座にあがると声は通るし
元気いっぱいで楽しい人ですね。