ゆく夏に

ある朝、殻から抜け出たばかりの蝉を見つけた。
木があるのに何でこんな所で・・・
勝手口の下のブロックの所だ。

抜け出た直後の蝉は半透明だった。
時間の経過と共に蝉はしっかりとした「蝉」になっていった。

蝉の一生が短い事は知っているが、その生態について詳しくは
知らない。
調べてみると・・・

「セミは木の樹皮などに卵を産み、1年で卵からかえる。
 羽化した幼虫はすぐ幹を這って地面に潜り、木の根の樹液などを
 吸いながら大きくなる。
 この期間約5年から7年。
 成長すると、幼虫は地面から出て木に登り、殻を破って成虫になる。
 成虫(雄)は、子孫を残す為、一生懸命鳴いてパートナーを探す。
 この時期が一週間といわれているが、3ヶ月生きた例もある。
 パートナーを見つけると、卵を産みその一生を終える。」

んー、儚い。
ある意味、死にゆく為に鳴いているようなものだ。
しばらくして また蝉を見に行くと、もう蝉は飛び立っていた。
短い夏、短い人生、のんびりしている時間はないのだろう。
「短くても頑張って、生きろよ〜 」と、エールを送った。
蝉に聞こえる筈もないが・・・。


IMG_0450.jpg







コメント

非公開コメント

うちの相方は、土中にいるセミの幼虫時代を「楽しくて居心地いいんだと思う」と言います。目からウロコでした。
長く和やかな時代が土中にあるとすれば、羽化してからの困難さは一生のうち一層の輝きだろう、セミの一生もなかなか乙なものだ、な〜んて思うようになりました。

tomokoさま
なるほど、新解釈ですね。 さーすが、ネイチャー青年、発想がユニーク。
私には考えもつかないことです。
最後の短い人生は、一瞬の輝きなんですね。
最後に輝く人生ってのも、いいかも・・・。

蝉の羽化、ご覧になられたんですね。
いいですねえ☆
ついついセミと花火をリンクさせてしまいます。
ながいなが〜い助走の後の華やかさ!
鳴き声がうるさかろうがそれを思うとしょうがないかと
我慢しちゃいますね (^-^;

香子さま
ああ、なるほど似てますねぇ。 日本人のツボかもしれない、なが〜く耐えて、最後にドンっていくの。 忠臣蔵もそうですものね。あは、飛躍しすぎ?

今年は蝉がいっぱい鳴いていたような。
抜け殻はみますが、羽化したばかりの蝉は初めて見ました。
そして、もうすぐ秋なのですね。

オンブルパルフェさま
残暑というには、あまりにも暑い今年ですが それでも秋は確実に近づいているのですね。
朝夕の一瞬の風にその気配を感じます。
お忙しいオンブルパルフェさん、どうぞご自愛くださいね。