降りだした雨

定期的に作品をサロンに発表し続ける「サロン文化」が
現在でも浸透しているフランス、パリ。
そのパリで唯一 日本が主催するのが「パリ国際サロン」だ。
秋のパリで歴史あるル・サロン、サロン・ドトーヌ、サロン・コンパレゾンなど
フランス画壇と並んで 今回、27回目を迎える「パリ国際サロン」に
日本独自の芸術美の鑑賞を楽しみに毎年、多くのフランス人が訪れる。

何回か この展覧会にも出展したが、今回は迷っていた。
今年は思いがけずサロン・ドトーヌに出展が決まったので、もうそれでいいかな・・・
と思っているところに「パリ国際サロン」に推薦いたします。という通知が
届いた。これは、前にも出展しているので届いたものだと思うが、
そのパンフレットにある「パリで発表し続けるという意味」という文面が妙に
響いた。
んー、そうか 継続は力だよな~。
と、心が動いた。

あと3年でアラカンの仲間入りをする私。
いつまで元気に絵が描けるのか・・・という疑問も最近頭に
浮かぶようになった。
絵を描くというのも結構、気力、体力がいるのだ。
来年はどうなっているか分からない、と思えば このチャンスに
乗らない手はない。

と、言う訳で短期集中して描いた作品が「降りだした雨」
何も題材が浮かばなかったので、ありのまんまそのまんま、今の季節「梅雨」
からインスピレーションを得て描いた。

自然は素晴らしい、鬱陶しい雨でさえも。
その素晴らしさを感じ、感じたままを紙の上におろした。
久々に全力投球した疲労感。
だが、絵が完成すれば すべてが報われる。

いつもの様に和紙と墨に拘って、アクリル絵の具も使ったミクストメディア。
真っ白な紙に 真っ黒な墨を垂らす、この最初の瞬間がたまらない。
あー、やっぱり私は筆が持てなくなるまで絵を描いているのだろうな・・・と
つくづく思う。


IMG_0142.jpg
「降りだした雨」部分






コメント

非公開コメント

うーん、幻想的ですね。日本ならではの湿度も感じます。雨に濡れた花々が窓ガラスににじんでいるようにも(→これは私が素人目線で勝手に持ったイメージですので、気になさらないでくださーい)。
筆が持てなくなるまで…というフレーズは確か2年前、マン・レイの作品展でも見かけたような。アーティストとしての天寿をまっとうするというのは、そういうことなのかな、と思います。

絵美さま
抽象画の場合は特に、見る人が想像力を膨らませて見てくれるのが、面白いと
思います。ですから絵美さんのように「勝手に持ったイメージ」大変、ありがたい
事です。作者が思いもしなかったような反応が、実は凄く刺激になったりして。
へ~、そんな風に見えるんだぁ・・・って。

私はこの2~3年の朋百香さんの絵しか知りませんけれども、かつての植物画と同じ作者とは思えないほどの変化をなさいましたよねえ。
どんどん変化、変容、変移なさっていく様がとても興味深いです。きっとこれからも、ご自身の心のままに変わっていくのでしょうね。楽しみです~♪

tomokoさま
そうなんです、よく言われます。同じ作者と思えないと・・・。
でもこれが私なので仕方ないです(苦笑)
年齢的なこともあると思います。植物細密画は細かく細かく、とにかく本物に
近く描くということを13年やってきましたから、その反動ですかね。
目もしんどくなってきましたし。
でも今は制約なく、思いっきり好きなように描けることが楽しくて仕方ないです。
本当は抽象と具象と両方描くとバランスがいいそうですよ~。

すごい・・・

朋百香さま
全くの無芸大食としましては、ご自分のイメージをこんな風に絵にされることが本当にすごいと思います。
使われた青を見て「そう言えば日本の梅雨って鬱陶しいだけじゃない、夏の日への希望もあったっけなぁ・・」と、子供のころを思い出しました。

>あと3年でアラカンの仲間入り
スッキリ立たれたお姿を思い出すと、とてもそうな思えませんわぁ。
お手入れのみならず、作品を作るという精神がその源なのでしょうか?
私も、気持ちをしっかり持つことなど、できるところから見習っていきたいです。

深いです!

朋百子さま

自然の現象を心で捉えると、本来の美しさの触れるのですねぇ

りらさま
ありがとうございます。
いや~、疲れますよ、最近。やっぱり歳には勝てないんだな~っと。
でも好奇心だけは、旺盛で いろんな物に興味ありすぎるのが良いような、
悪いような・・・。

みっちゃんへ
なる程、素敵な表現ですね、「自然の現象を心で捉える」って。
確かに文字にすると、そんな感じかもしれません。
このフレーズ、気に入っちゃったから今度、何かの時に使わせてもらいます~(笑)

先日、ずっと作品を経年的に見せていただいたので、今も尚、進化し、変化している朋百香さんを感じました。
表現できるって素晴らしいですね。本当に羨ましいです。

オンブルパルフェさま
いえいえ、私はたまたま絵で表現しますが、皆様 日々、お仕事だったり、着るものだったり、いろいろなものでご自分を表現なさっていると思いますよ。
それが個性というものなのでしょうね。
まあ、そうは言っても人間無い物ねだりなので、私は歌の上手い人が羨ましいです(笑)