梅雨の晴れ間に

腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)、6月も半ばとなると
いよいよ湿度の高い季節となる。
蒸されて腐りかけた草の下で、孵化した蛍が光を放ち始める、という
意味だが、今年は爽やかな日が多く、蛍の孵化はまだだろう。

それでも紫陽花は色とりどりに咲き誇る。
梅雨の晴れ間に庭のアジサイを撮ってみた。


IMG_0124.jpg


IMG_0125.jpg
タイミング良く蝶が止まって、ベストショット



IMG_0126.jpg
土壌が酸性かアルカリ性で花の色が変わるというが、
白は何なのだろう?


IMG_0127.jpg


IMG_0128.jpg
先日、頂いた鉢植え。こんなピンク系もあるのですねぇ。
地植えしたらどんな色になるのでしょう?


最後の読み込み - 1
おまけは、紫ツユクサ。
朝露にしっとり濡れた紫が鮮やか。


明日からは、また暫くは雨だそうな。
紫陽花たちにとっては、嬉しいお天気だが・・・。









コメント

非公開コメント

わー、色とりどりでキレイですね。近所に、1本の木から違う色の花が咲いているのを見ましたが、それも土と関係あるのかな…。
雨は憂鬱ですが、紫陽花は雨に濡れている方が嬉しそう♪な気がします。

絵美さま
そうですね、紫陽花は雨に濡れていた方が生き生きとしてキレイですね。その代わり空梅雨の時は可哀想なぐらい萎れてしまいます。だから雨が降らないと水やりが大変です。紫陽花の花言葉は、移り気でしたっけ? きっとその花色からきているのでしょうが、私は好きな花の一つです。雨に打たれる紫陽花は風情がありますよね。

はじめまして

お邪魔いたします、やっぴーと申します。
今、Tomokoさんのブログから飛んで参りました。
絵美さんを通じて来月はお世話になります。
どうぞよろしくお願いいたします m(__)m

いろいろな紫陽花の画像がきれいですね♪
紫陽花の帯があるのに今年はまだ出してません。
画像を拝見しながら、締める機会の算段をしました (^-^;;

やっぴーさま
こちらこそ、初めまして。絵美さんのブログでお名前は拝見しておりました。お目にかかるのが楽しみです。

紫陽花の帯、素敵ですね。きものは季節感を楽しめるのも魅力の一つですよね。ただ、時が早くて時期を逃してしまうことも・・・。
7月の皆様の夏きもの、拝見するのが楽しみです!