ハードな一週間

人は自分の許容範囲を超えると、どうなるのだろうか・・・?
この一週間はまさに そんな実験をしているような日々だった。

次女から彼が求婚に来る、と知らされたのはなんと彼が来日する二日前。
夫と私は一瞬、パニクったが一晩で立て直し。
前のブログにも書いたが出した結論は彼を受け入れることだった。

その数日後には長女の結婚披露パーティー。
前回の親族のみの式とは違って、友人達とお祭り騒ぎ。
140人以上の人が集まって二人を祝ってくださった。
本当に幸せな二人だと思う。

そして当日は次女の彼も参加。
果たしてアジア系アメリカ人の彼が皆さんに受け入れてもらえるのか・・・と、
私はそれが気がかりだったが案ずるより産むが易し。
意外に英語の話せる人たちは多く、次女の気遣いもあって彼は独ぼっちに
なることなく、あちこち引っぱり回されていた。

親はいろいろ考えすぎてしまうが、すべては成るようになるものだ。
一番頭が固かったのは夫と私だったのかもしれない。
地球レベルでものを考えなければいけない新しい時代に人種の壁など以ての外。

翌日は次女の婚約を家族で祝った。
二日酔いの長女の婿殿も駆けつけてくれて、我が家の食卓に久しぶりに娘達と
それぞれのパートナーが集い、6人に増えた家族を見ていたら嬉しすぎて涙が
出てきた。私はこの光景を一生、忘れないだろう。

たいしたご馳走もないし、TシャツにGパンで皆んな前日のパーティーで
疲れ気味だったし、英語と日本語がごちゃ混ぜの会話。
それでもお互いを家族と認め合った日、私はこの日を忘れない。

そして今日は二人がハワイに帰る日。
昨夜は夫と彼は夜遅くまで話をしていた。
仕事のこと、将来のこと、子供の教育のこと、主人には言いたい事は山程
あるだろう。

私は彼らの未来を信じることにしたので、何も言う事はない。
自分たちの人生は自分たちで切り開いてゆくしかない。
人のご縁を大切に・・・それだけだ。

今日を精一杯悔いなく生きる。
毎日はその繰り返し。
クルクル、クルクル それが人生なんだな・・・。
今日も良いお天気、すべてが希望に輝いているように見える。


image.jpeg








コメント

非公開コメント

先日はありがとうございました。
次女さんの彼、直接お話しする機会はありませんでしたが、周りの方と仲良く、もちろん次女さんとも信頼関係でしっかりと結ばれているようにお見受けしました。
親ですもの、いろいろ心配になるのは当たり前だと思います。頭は固ければ固いに越したことはありません(笑)。ただ、誰でも自分の未来を創っていくのは、自分自身しかいない、とも思います。
新しい家族との楽しい団らんに涙・・・で私までうるっときちゃいました。人生はその人自身が歩む道、でもその道をキレイにしたり、花を咲かせたり、休憩所をつくったり、というのは家族が手を取り合いながらしていくことなのかな、と思いました。

おめでたいこととはいえ、このたびはお疲れさまでございました。
私などには想像の外ですが、すいれんさんにとっても、ご家族のみなさんにとっても、まるでジェットコースターで天と地を馳せめぐったような一週間だったのでしょうね。
お祝いも弔いも、本当にまわりを巻き込んで大きな渦となって、それぞれの人生の章扉になっているのものなのでしょうか。そんなイメージがあります。
お嬢さん二人それぞれに新しい人生がはじまったように、すいれんさんも新しい人生が始まったというコトなのかもしれないですね。新しい一章にむかって、どうぞゆったりとエネルギーを補充なさってくださいませ~。

絵美さま
暖かいお言葉、ありがとうございます。いろいろありましたが、今は心からこれで良かったんだと思えます。よくネイチャー番組で巣立ちをさせる親鳥とか動物を見ますが今はそんな心境でしょうか・・・寂しさと嬉しさと。
これも自然な流れなんですね・・・。

tomokoさま
そうですね、おっしゃる通り主人と私にとってもまた 新しいスタートなのですね。
tomokoさんには算命学で娘達がそれぞれお世話になり、そしてそれぞれが良いアドバイスを頂けてこれからの人生に参考にさせていただくと思います。
人生、山あり谷あり また何かの時には相談にのってやってくださいませ。

おめでとうございます

すいれん様、

お嬢様のご結婚、そして次女のお嬢様の婚約、重ねておめでございます。お祝いに出席できず残念でしたが ロンドンの空のしたよりお祝いの気持ちを送りました。 私も怒涛の2週間を過ごし、今日やっと静かな日本に帰って参りました。 沢山のお客様や友達に久しぶりに会い、刺激も頂き、これからまた一がんばりしなければ、と気持ちを新たにしております。 皆様のそれぞれの門出を御祝いしたいと思います。

6人でテーブルを囲む。幸せの情景が目に浮かびます。
良いことも悪いことも話し合えたりけんかし合えたり出来ることは、家族としては、満点なんだなって思いました。部外者なのに勝手言ってすみません。

ルリ子さま
おかえりなさ~い! 実り多いご旅行だったようで、またお土産話、聞かせてくださいね~。
私も笑っちゃうしかないくらいバタバタの一週間でしたが、また今日から気分を新たにして頑張りたいと思います。またきもの女子会、ご一緒してくださいね。

オンブルパルフェさま
いえいえ、おっしゃる通りだと思います。それが家族というものですよね。思いっきり喧嘩出来るのも、家族だからこそ。本音でぶつかり合えるって、幸せなことだと初めて思いました。その分、想い合う気持ちも深い。
神様はこの一週間で本当に色々な感情を味合わせてくれましたが、お互い離れてより絆が強くなった感じがします。それですべては◎ですね。