吼えろ、ママザウルス

娘婿が私につけたあだ名は「ママザウルス」
彼の家庭は男兄弟で女性はお母様だけ。
お母様はお父様に口答えすることはないのだそうだ。
そんな彼が、うちに来て主人に真っ向から反論する私を見て
驚いたのは無理もないこと。
うちは3対1の家族。
つまり男性は主人だけ。
主人に同情する友人、知人は少なくない。

しかし、私は言いたい。

私だって初めからママザウルスだった訳ではない。
二人の娘を育て、姑の介護をし、仕事上で考え方の違う夫と議論を
戦わせながら業者を相手に何年も仕事をするうちに、ママザウルスに
なってしまったのだ。

きっともっと優しく女性らしく出来たら、周りの印象も違っていた
のだろうが元来、男っぽい性格の上に 言葉をオブラートで包めない。
良く言えば 裏表がない。
この性格が災いして娘達にもよく「冷たい」とか言われたものだが
もっと悪いことに、自分ではこの性格が気に入っているので直そうと
いう気がない。

ここ何年か主人が体調を崩してから、さらに自分がしっかりしなければ
と、吠えまくっていたかもしれない。
そんな私もそろそろ気力、体力の限界を感じる。
今までのように100%で毎日走れない。

歳をとると言う事は良いことだ、と思う。
自分の限界を知るのは大事な事だ。
歳をとればとる程、抱え込むのではなく いろいろなものを手放して
次の世代に渡してゆかなくては・・・。
そうは言っても まだまだ若い人達では頼りないこともある。

この狭間で揺れながら ママザウルスはの~んびり好きな絵だけを描く
生活を夢に見ながらも もう少し吼えなければ・・・と、自分を
叱咤激励するのだ。


120416_121108[1]
いつの間にか庭のカイドウも満開に



コメント

非公開コメント

こんにちは! あはは、ママザウルスとは、娘婿どのの立場にしては思い切った?ネーミングですねぇ。
といいますか、ご主人に口答えをしたことのない奥様って、今どき珍しいですね。
まあ、私も含め、たくさんの「ザウルス」で今の日本は支えられていることが、娘婿どのにも年を経るごとにわかってくることでしょう(笑)

私も、こんなに忙しくなくて、こんなに夜遅くまで働かなかったら、もっと優しくなれるのに、、、と夫やスタッフに申しております。
そして、いつの日かのために、本や手芸の道具を揃えているのですが、いつの日になるか。
少しずつペースダウンできるか、それとも、マグロのように泳ぎ続けるのか??
すいれんさんは、すいすいと波にお魚みたいに泳いでいる感じです。

はっ・・・

我が家はお婿さんのお宅と同じ家族構成・・・・でも、吼えまくってますわ~ワタクシ。
自己主張の国だからか~?
すいれんさんが吼えるって、ネット上でしか存じ上げないと「へ?」という感じがします。
「自分の性格が気に入っている」って、とても素敵なことだと思います。

オンブルパルフェさま
良かった、理解してくださる方がいらして・・・。
私もこの歳になってやっと、男性には真っ向から「あなたは間違っている」と言ってはいけない。と、学習しました。(ちょっと遅いけど)褒めて育てるべきだったと・・・。でも、主人もよく耐えてくれました(笑)娘達には「仲がいいのか、悪いのか、変な夫婦だ」と言われております。
オンブルパルフェさんのおっしゃる「すいすいと泳ぐ魚」を目指します。ありがとうございます。

りらさま
アハハ、お仲間がいて良かった! ブログではお淑やかな日本女性のイメージで頑張っていたのですが、どうも最近 化けの皮が・・・。 でも素で生きてた方が楽ですね、何も飾る必要はないし。
婿殿のお母様は良い意味で天然なんだと思います。でなきゃ、やってられませんよ、男性3人相手に(笑)私も見習おうと思ってます。

絵美さま
婿殿のお母様は上手なんです。私みたいにぎゃーぎゃー言わないけど、あのお母様がいなければ・・・という存在なのです。羨ましい・・・。でもキャラが違うから仕方がない(笑)
そうですね、絵美さんのおっしゃる通り婿殿はまだ若いけど、今に理解するでしょう、ザウルスの威力を。
でも結構、気に入っているのです、このネーミング(笑)

うふふ・・・

すいれんさま

こんにちは~(●^o^●)
婿殿良い感じで家族の一員に・・・
「ママザウルス」
お姑さまに愛情持っていなければつけられないネーミング
それだけすいれん家になじんでいらしゃる

婿殿の家族構成&天然な母→まるでわたくしのようですわん
天然ペースでそのまま突っ走っておりますぅ
(口答えしません・・・ が・・・ 立ち直り早いですぅ(笑)

すいれんだけじゃなく、うちの母親なんて、ついこないだまで何十年間も吠え続けてました~。(^_^;)
自分のあるがままを受け容れると楽になりますよね。相手のあるがままをも受け容れられる人間にワタシはなりたい(笑)。

sachikoさま
あら~、ここにもいらした「口答えしない派」。爪の垢煎じて飲みたいです。なにしろ「あ~、今の一言、言わなきゃ良かった」と思う事たびたびですから・・・。身体弱いのに気が強くて困ったもんです。母は天然派だったんですけどね~。

そうなんです、婿どのほんとに可愛くって。
この間もフランス出張の時に私の欲しい物、ちゃんと買ってきてくれたんですよ~。彼も映画監督になりたくて学生時代にフランスに留学してた事もあって、なんか感性が似たところがあるんです。娘に「よくぞ見つけた」と、褒めてあげたいです(笑)

tomokoさま
おっしゃる通り、相手のあるがままを受け入れられたら吼えずに済むのですよね。もうそろそろ学習しなくちゃ・・・。