乾いた目に愛を

もしかしてそうではないか・・・と、思っていた。
ある朝 テレビでやっていた「ドライアイ」
いろいろな症状が当てはまる。
しかも素人が勝手な判断で 間違った目薬を点すのは危険
なのだそうな・・。

その日、思いきって眼科に行った。

まず、視力の検査。
眼科助手というのか 若いオ二ーサンからいかついメガネを
渡されて 例の丸のどこが切れているか見る。
昔はおしゃもじみたいので片目を押さえたもんだ。
「上」とか「下」とか言っているうちに、いよいよ小さくなってきて
見えなくなってきた。
「分かりません」と答えた。
何度か「分かりません」を言うとオ二ーサン「何となく薄くなってる方とか
分かるでしょ?」
え、そんな勘みたいんで答えていいんかい? と、
つっこみたくなったがグッとこらえて検査は続く。
左目が終わって右目。
私は小さくなってゆく「丸」に勘も交えて答える。
「ななめ左下」と言うとオ二ーサン、冷静な口調でのたまわった。
「ななめは、ありません」
「・・・。」

さらに2,3の検査をしてからいよいよ診療。
若い女医さんだった。
やはり典型的な「ドライアイ」だと言われた。
処方としては、定期的な目薬の点眼とお風呂で暖かく濡らしたタオルを
目の上にのせるというもの。
これが、案外効くのだとか。

私は最後に聞いてみた「ドライアイ」って治るのでしょうか?」
女医さん、きっぱりと「このお歳では無理です。これから上手に付き合って
ゆくしかありません」

えーっ(・・・と、私の心の声)
お会計を待ちながら思った。
このお歳では・・・て あなた、もうちょっと言い方があるでしょ。
「歳を重ねられると なかなか完治は難しいいんですよ」とか
医療というのは相手が患者(人間)なのだから もう少し気をつかった
言葉を選んだらどうなのでしょうかね。
と、ぼやきつつ帰宅。

目薬は朝、昼、晩 その他点けたい時。
その夜 さっそくお風呂で試してみた。
お湯に浸したタオルを軽く絞って目の上に。
凄~く 気持ち良かった。
な~んだ もっと早くやればよかった。

「お金をかける必要はありません。ホットタオルで十分です」と
女医先生は言っていたが あまりの気持ち良さに薬局で買ってしまった。
めぐリズムの「蒸気でホットアイマスク」

約40℃の蒸気が10分程度続き目元がリラックスする。
目も潤う。あー、これもうヤミツキになりそう。

そう、考えてみれば何年もずーっと目を酷使してきた。
ごめんね、私の目。
これからは大切にするからね、今までありがとう。
そしてこれからも宜しくね。
ホットアイマスクをしながら ひたすら目にお詫びと感謝をする私
なのであった。


120205_073041[1]




コメント

非公開コメント

思い当たる節が!

私もドライアイ症状が出ています。
目の検診には年に一度ほど行っているのですが、こちらではホットタオルなんて教えてくれませんでした。
早速やってみようと思います!!

モノは言いようですねぇ。
あと何年かしたらその女医さんも自分の言葉のドライさに気がつくのかもしれませんね。

りらさま
うまい! 座布団三枚ですね(笑) でも人のふり見て何とやら・・・ですから、言葉には気をつけたいと思います。何気なく使った言葉が相手には 不快だったりするかもしれませんものね。 ホットタオル、いいですよ~ 目だけでなく心にもいいかも・・・。人間は目で見ることに慣れすぎて、目には見えないもの(または感じるもの)を忘れてしまっているような気がします。 瞑想してるみたいですよ、ぜひやってみてください。

こんにちは!私のかかりつけ医のところにも置いてありますよ、メグリズム。
ドライアイは、年齢に関わらず根本的には治りにくいんじゃないかなー。私ももう5年くらい前にそう診断されましたが、部屋の湿度に気をつけて、目薬つけて、あたためて…でだいぶ症状は軽くなりましたよ!

絵美さま
パソコンやストレス、現代人病の一つなのかもしれませんね、ドライアイ。 そうですよね~、温かいケアで目もかなり改善するのでは・・・と、期待しています。

ここ2年ほど眼科の検診を受け損なっていて、自分のいまの状態がわからずにいますが、間違いなく疲れてはいますよね。この記事を拝見してさっそくお風呂で試してみました。う~んキモチい~いです♪ 私の場合、これからいよいよ花粉症もくるのでやれやれです。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

私も・・・

昨年の検診でドライアイといわれ 目薬頂き
「PCやりすぎはダメだよ」「瞬き少なくなって じーっと画面見ているの良くないよ」
注意受けました。

時間を決めて・・・ PCするからTVはたま~に
ひと休み~♪と言いながら 読書していて我が家の誰かさんから
注意されました。。。

早速 眼を温めてみますね

sachikoさま
私達の若い頃(失礼)は、PCをこんなに使う時代ではありませんでしたものね~。まさか自分がブログやるなんて、思ってもみませんでした。楽しい反面、使い方も考えなくては・・・と、思う今日この頃です。