ヨガの後で・・・

毎週木曜はヨガの日。
長平庵の和室に 御近所の奥様が集まる。
週に一度のヨガは 本当に心と身体のオアシスだ。

さて、ヨガの後 昨日が鏡開きということもあり Mさんが
白みそ仕立てのお雑煮を作ってくださった。


120112_151851[1]
朱塗りに金も華やかな葡萄唐草のお椀で


120112_152043[1]
Mさんはお料理上手。
以前このお椀をお見せした時、白みそ仕立てのお雑煮が閃いていたらしい。
確かに目にも美しい色どり。
見て美しいだけでなく、お味もおいしいこと!
ん~、そうか 料理好きの人は器を見ただけで そこにどんな料理を
盛り付けるのか 浮かぶものらしい・・・ これも才能だな、と感心して
しまう。


120112_151127[1]
お正月かお祝いの時にしか使えない鶴の器。
これも昔、母の店で使っていたもの。
でも、お料理を盛り付けると 鶴の顔が見えなくなってしまう。
タンチョウ鶴の頭の赤が隠れてしまって残念。
盛り方を研究せねば・・・。


120112_151011[1]
これは、Tさんから頂いたお菓子。
お米で出来ていて ふんわりとした口溶け。
白は和三盆、赤は苺の味。 軽くて美味しい。
金蒔絵の器に 紅白がおめでたい。


心も身体もリラックスした後にいただいた美味しいお料理に至福の時間を
過ごすことが出来た。
感謝。

普段、使われることもなく しまわれたままの器達も 日の目を見て
喜んでいることだろう。
次はMさんに 黒いお椀を見ていただこう。
さて どんなお料理が 閃くかな?





コメント

非公開コメント

わ~素晴らしい!なんときれいな!・・・一足早い女正月みたいですねえ♬
本当に器も、それを活かす腕をふるうお人と出会えて嬉しそうです。やっぱりお道具や器って使ってこそだし、お料理する人も食べてくれる人がいてこそ、ですね~。
(とはいえ、こんな立派な器は普段の暮らしではなかなか・・・)

tomokoさま
そうなんですね~、なかなかこんな事でもないと家族の食事にこのお椀を使う気にはならないですね。漆の器はきれいだけど、ここまでだとお手入れもなかなか・・・。一つ一つ、丁寧に手で洗わないとスポンジでは傷つきそうですから・・・。

とっても綺麗~~~

白みそ仕立てのお雑煮・・・ 朱塗り蒔絵の器に映えますねe-266
とっても綺麗で美味しそう~e-343
お料理好きの方は お気に入りの器を見ると わくわく&キラリ閃きv-415

すいれんさ~~ん 似たような鶴の器(すいれんさんの器のように手が込んでいませんが) 
やはり盛り付けに思案・・・
そこでセッティングの時に銘々のお取り皿として
テーブルに華やかさと目出度さ演出~♪

でもね 食洗機に入れられないし 洗う時に気を使うし
やっぱり「晴れの日用の器」ですぅ(笑)

sachikoさま
ああ、なるほど銘々皿になさってるのですね~。良いお考えです。今度やってみます。 でもやっぱり「何か」の時ですよね・・・こういうお皿は。

こんにちは! お福分けいただいた気分です。どのお料理もとても美しくて・・・
鶴のお皿ですが、あえて料理で隠してしまって、食べ終わったら顔が見える、という仕掛けでもいいのでは? と思います。
いずれにしても実にお正月に相応しい、見事なお皿ですね。

絵美さま
ありがとうございます。
こうしてネット上でも見て頂けて嬉しいです。
そうだ、今度「きものブログ友達」で、お雛様の会でもやりますかね~? 

はじめまして
器大好きで、一年前から着物にはまった初心者です。いろいろな皆様のブログからやってきました。漆が大好きなので、ため息です。
また、色々と目の保養させてくださいませ。

オンブルパルフェさま
ようこそおいで下さいました。昔、母が日本料理の店をしていたもので器が集まってしまいました。漆はきれいですが、なかなか普段使いには手入れが面倒で・・・。ほかにも、文箱とか、鏡とかいろいろあるので、少しづつご紹介いたしますね。