目黒に集う・秋の女子会

きものブログ友達、ルリ子さんにお誘い頂いて目黒雅叙園で
開かれている「華道家・假屋崎省吾の世界」展へ。
秋のきもの女子会だ。

カーリーのお花は、華道というより造形芸術とでも言った方が良い感じ。
絢爛豪華な雅叙園の百段階段で絢爛豪華なカーリーのお花と振袖が
所狭しと競いあっていた。

さて、私達 大人の女子会はシックに秋のおきものを楽しんだ。
ということで、今回私は「お太鼓」にフォーカス。


111030_120548[1]
右側、絵美さんは、菊柄の小紋に墨黒の地に手毬の刺繍が
愛らしい名古屋帯。
岡田知子さんは金茶の縮緬のきものに、縞の帯で、知子さんらしい
着こなし。





111030_150222[1]
ルリ子さんは、ピンクの辻が花にブルーの帯。
カーリーのお花に負けない華やかさ。



111030_121346[1]
ルリ子さんのお姉さまは、落ち着いたベージュ系の紬に、何にでも
よく合いそうな袋帯。



111030_110638[1]
可愛かった知子さんの「背守り」 背紋の所に縫いつけてあるので、
動くたびに揺れる。



e38199e38184e3828ce38293e38195e382933[1]_convert_20111101201403[1]
私は銀鼠の紬に、3年前くらいに京都で求めたベージュ地の袋帯。
なかなかする機会がなかったので、久しぶりに締められて嬉しい。



e381bfe381aae38195e382932[1]_convert_20111101202829[1]

やっぱり、日本の衣裳は美しい。
やわらかものに 織りのきもの、好みで自由にきものが着られる現代は
良い時代なのかも。
理屈抜きに 秋の楽しい一日でした。





コメント

非公開コメント

女子会

こんにちは! 偶然、私も自分のブログ記事に同じタイトルをつけていました(笑)。
やはり着物を着ると、気分が華やぎますよね。
みなさんのコーデ、5者5様で私自身も目の保養になりました。

絵美さま
五者五洋、本当に個性や好みでいろいろな おきものが見られて楽しかったです。絵美さんの帯のなんとも言えない地色、素敵でした。何にでも合わせやすそうですね。

すいれんさん、えらい!みなさんの装い、ちゃんとテーマで撮ってたんですね!私も撮らせてもらおうと思っていたのに、帰宅して見てみたらワサワサしたスナップショットばかりで・・・。でもま、これも楽しげでいっか、と。楽しいひとときに感謝です。

tomokoさま
いえいえ、テーマなんてそんな大層なものではありません(笑)
皆さまの後姿(もちろん前もですが・・・)美しかったものですから・・・。

華麗なる・・・

すいれん様、
楽しいひと時を思い出させてくれる写真ですね。ありがとうございました。
 
5人の集合写真はほんとうに「華麗なる・・」か 「○雪」のごとくですね。 雅叙園の内側から見ていた人たちは何の雑誌の撮影か、ロケか、と思いそうな華やかさでしたね。
お着物はやはり夢を与えてくれます。 

ルリ子さま
そうですね、きものを着ると普段ガサツな自分が、少しおしとやかになれる様な・・・そんな気がします。
普段はほとんどGパンなので、歩幅が倍くらい違うんですよ(笑)