自然の恵み

庭に実生の柚子が生えて、もう何年になるのだろう。
毎年 すこしづつ大きくなって 今では私の背丈を越えた。
はじめは何の木だか分からなかったが、ある年、実をつけて それが柚子と
分かった。
今年はたくさん実をつけてくれた。
これからの鍋の季節に重宝するだろう。


111022_100604[1]



鍋といえば 欠かせないのが柚子胡椒。
友人のTさんが 毎年生の柚子胡椒を作ってくれる。
売っているビン詰とは 比べものにならないフレッシュな香りとピリっと
した辛さは たまらない。
すっかり我が家のブームになってしまった。


111022_101207[1]



ところで柚子の皮と唐辛子をすりおろし、塩を加えて混ぜたものなのに
なぜ「こしょう」というか?
それは、もとはこれが九州の調味料で あちらでは青唐辛子のことを
「こしょう」と呼んでいたので「ユズコショウ」という名前なのだそう。
緑の柚子に青唐辛子を加えた緑色のものと、熟した黄色い柚子に赤唐辛子を
加えたオレンジ色の二つのタイプがある。
私は断然、色も香りも爽やかな緑色派。
肉料理はもちろん、サラダのドレッシングに混ぜることもある。



それにしても植物の生命力は凄いものだ。
風に運ばれたのか よくぞ少しの隙間に着地し、発芽し、ここまで成長したものだ。
自然の恵みに感謝。


コメント

非公開コメント