リラックス・チャイニーズティー

映画「レッドクリフ」で周瑜の妻 小喬が、まさにこれから戦いが
始まろうという時、敵の大将、曹操の所に行き 茶を入れて曹操に飲ませる
というシーンがあった。
絶世の美女、小喬に惚れていた曹操は、部下が止めるのも聞かず 彼女の
差し出すお茶を飲む。

飲んだのは、二杯だったか 三杯だったか・・・その間に風向きが変わり、
結果 曹操軍は負ける。

また、さあ これから戦うぞ!と、アドレナリン全開の曹操にリラックス効果の
高いお茶を飲ませることで、戦意を喪失とまではいかないが、フェイントを
かけたのも事実。
急激な緊張からの解放で、彼はめまいを覚えるのである。

そんな場面を思い出しながら 私は午後のお茶を楽しんでいた。
場所は横浜そごうの四階にある「上海ティーサロン」
ここに来れば いろいろな中国茶が楽しめる。


111007_152216[1]

頼んだのは宮廷普洱茶。
独特の中国茶セットがテーブルの上に並び、一せんめはお姐さんが入れてくれる。


111007_152433[1]


小さなガラス製の急須と湯呑み茶碗がおままごとみたいで、可愛らしい。


中国人は「お茶で家を潰す」という程、お茶好きで、茶葉もピンからキリまで。
高いものは、ウン万円もするのだとか。


ところで ここに来るたびに「欲しいな~」と思っているものがある。
それは・・・


111007_154003[1]


急須やお茶碗を飾る 飾り棚。
棚といっても 幅60センチ足らず、高さも40センチくらいだろうか。
形は三種類あったが、私はこの楕円形のものが好き。

でも家には これを飾る場所がない。
この雰囲気は やっぱり長平庵か・・・。
でも そうすると中国茶を飲みたくなった時にはアトリエまで行かなければならない。
だって、当然 中国茶セットは、この棚に飾る訳だから。

・・・な~んて事を考えていると、いつも買わずに帰ることになる。


小喬役のリン・チーリンがその長い美しい指で 優雅にお茶をいれる姿を思い浮かべ
ながらも その日も急須一つも買わずに店を出た。
私にとっては この「中国茶セット」には 「優雅に」が不可欠。
「優雅にお茶を飲める時間」が 持てるまで、まだ時間がかかりそうだ。



コメント

非公開コメント

台湾で・・・

こんにちは。“オトナのおままごと”中国茶編、優雅ですねぇ。
豆皿が特に可愛いです。
うちも一時期、台湾のお茶に凝った時期がありました。凍頂烏龍茶とか・・・。中国茶も本当に種類がたくさんあって、お店では目移りしちゃいますよね。
飾りだな、素敵! いっそのこと茶器も「飾り用」と「実用」両方求めて、飾り用は飾りだなとともに長平庵に・・・というのはどうでしょう?

絵美さま
そうですね~、飾り棚はあくまでも飾り棚として・・・ですね。
考えてみたら何を飾っても良いわけで、たとえばちいさなビンとか、使いようによっては面白いかも。
アハハ、また買う口実 見つけちゃった。

アリエルさんへのご協力、いつもありがとうございます!
ところで、去年仕事で上海へ行ったさい、庶民的骨董街もまわりましたが、可愛らしい茶器棚がたくさんあって、思わず何度も買いそうになりました。私の場合は、水滴や文鎮を飾りたいな~って思って。でも置く場所がないので諦めました。
長平庵のような場所を得たなら、典雅な棚も喜びそうですね~?

tomokoさま
本当に、可愛いですよね この棚。
いつか・・・いつか買って 長平庵に飾ります。
その時は、チャイ二ーズ・ティーパーティーしましょうね。