シデナワーク・色と遊ぶ

今回が2回目となるシデナ・マリクラーク氏のクリエイターコース。
何にも囚われないシデナさんの自由な発想は いつも私達に
「新しい発見」をもたらしてくれる。
もちろん、人によって感じ方はいろいろなので、個性を大切にするのも
シデナ流。

今回のワークを一言で言うと「色と遊んで科学する」といったところか。
色画用紙を使ってレイアウトしたり、色の持つパワーを再認識したり。


110917_145206[1]
色の三原色から2色選び、中間色を一つ選んで
レイアウト。さらに黒を加えた。
色の分量でもイメージは大きく変わる。


実際に選んだ色で絵も描いた。
ただし、トーンを変えて。
一言に赤と言っても 明るい赤から紫かかった暗い赤までさまざま。
それで受ける印象は 全くかわるのだから「色」というものは、つくづく
奥が深い。
なるほど描き手の心的印象が、絵に反映される訳だ。
普段、なにげなくやっていることを こうして実験してみるのは、とても
興味深かった。


もうひとつ、面白かったのは 自分で「黒」を作り画面に塗る。
それを洗いにかけ、最後にポイントになる色を入れるというもの。

紙を実際に水道の蛇口の下で洗ったのは初めて。
これも新鮮な驚きだった。
洗いにかけるというのが 染色みたいで面白かった。
自分の思惑に関係なく 絵具は勝手に模様を作る。


110918_093014[1]
ブルーは乾く途中で入れたもの。ピンクは完全に乾いてから
垂らしたもの。



シデナさんはやり方を押しつけたりしない。
可能性を広げるヒントを 私達に教えてくれるのだ。

絵を描くのに決まりなんてないのだ。
額に皺を寄せて「痛みの分からんやつに 絵は描けない」なんて言っている
どこかの偉い先生に教えてあげたい。

もっと自由に、もっと楽しく、枠をどんどん取っ払ってゆく、それこそが
アートの醍醐味ではないのか。





シデナ・マリクラークのサイト



コメント

非公開コメント

前回の記事でも興味深いものを感じましたが、今回のも面白そうなワークですね。
>もっと自由に、もっと楽しく、枠をどんどん取っ払ってゆく、
それこそが今の私には一番ムズカシイ事かもしれないです~(汗)。自分の固定観念をいっぺん壊してみたい気がします。それでもなお残る自分の、自分ならではの絵、私自身それを見てみたい気がします。

tomokoさま
普通の絵のワークとは違うのです。技法を教わるのではなく、むしろ心の解放、いかに自分の枠を外していくかということをやっているのだと思います。だから終わった後は、気分がいいです。
おっしゃる通り、同じことをしても結局 出来た作品は必ず、自分を反映しているので、このワークをもしtomokoさんが受けたらどんな風に絵に変化が出るのか私も見てみたいです。

偶然、必然

こんにちは! わあ「紙を洗う」なんて発想、私にはまったくありませんでした。でも、とーっても幻想的な作品になるのですね。偶然をいかにアートにするか、センスが問われますね(私にはまったくないなあ)。

絵美さま
ね~、私も生まれて初めてです、紙を洗ったのは(笑) いろんな事を試してアートにしてしまうシデナさんは凄いです。
面白いから絵美さんもぜひ試して、その紙で例の「袋」を作ってみたらどうでしょう・・・  
絵美さん、センスはいつも磨かれていると思いますよ。帯に小物を合わせるのは立派にアートだと思います。