蓮のブローチ

先日、ブログに書いた山梨のT子姉から、ブローチと帯留が届いた。
この数年間で、展覧会の度に1つづつ買い集めたブローチが4点。
この蓮の蕾が 描かれたブローチは5点めとなる。


110909_170925[1]
ヨーガンレールのワンピースによく似合う。
大きさの割には木製なので、とても軽い。


実は私が一目で気に入ったものは、他のものだったが胸にあててみると
あまり、似合わなかった。
好きなものと 似合うものは別なのだな・・・。

結局、私の気に入った そのブローチは N子姉のものとなった。
彼女の方がよく似合っていた。
これが、個性というものか。

N子姉とT子姉の両親は同じ。
つまり私と彼女達は 異父姉妹なのだが、だからと言ってN子姉とT子姉が
似ているかというとそうでもない。
三人三様と いったところ。

服装でいうと、N子姉はヨウジ・ヤマモト、T子姉はコムデ・ギャルソン、
私はヨーガン・レール。
個性とは面白いものだ。

私達は個性を尊重し合っているし、困った時にはお互い手を差しのべあう。
普段はなかなか会えないし、遠くに住んでいても姉妹という絆はかたい。
だが、この絆も姉妹の歴史の中で いろいろな出来事を乗り越えて
培われてきたものだ。

そんな三人も もう子供達が結婚するお年頃となった。
光陰矢のごとし、というが、月日の早さを痛感すると共に こうして、穏やかに
昔のことを語り合える姉達がいることに感謝する日々である。


110909_165851[1]
ブローチを帯留に直してもらった。
これは姉からのプレゼント。
帯はタペストリーの作家、冨田潤氏の八寸。




コメント

非公開コメント

帯留め、モダンなデザインなのに、温もり感とまろやかな光沢はやっぱり塗りものならではでしょうか。
すごく素敵です~!!

大ぶりのブローチ

こんにちは! 遠目でも存在感たっぷりのブローチは、布の量が多めのヨーガンレールを引き立ててくれることでしょうね。
帯留めも、なかなか他にはない三角形、モダンですねぇ。

みなさんそれぞれに個性的だからこそ、三人寄れば「文殊の知恵」なのかも知れません。
でも、ヨージヤマモト、コムデギャルソン…とみなさん都会的なスタイルがお好み、という点では共通しているかも!

tomokoさま
ありがとうございます。 私も一目で気に入って、絶対これ帯留にいい!と、思いました。

絵美さま
そうですね、皆 あんまり普通のオバサンには見えないかもしれませんね(笑) 姉妹のエピソードには事欠きませんよ。黒澤の姉は、姉というより兄に近いです。でも、頼りになる人で、私は何回助けてもらったか分かりません。