ゆく夏に・・・

エノコログサとは「犬の子草」の意味で、その穂が子犬の尾に
似ているからだそうな。
いね科の植物で夏、茎の頂に緑色の円柱状の花をつける。
ネコジャラシと言えば知らぬ人は いないだろう。
雑草と言われる地味な草だが、意外に花器に活けると
サマになる。

ネコジャラシとは よく言ったもので、どんなにおすましの猫
でも 目の前にこれをチラつかせると 思わず跳びつく。
本能には勝てないらしい。

庭の隅にはびこってしまったエノコロクサも涼しくなってくると
だんだん茶色になって、枯れてゆく。

朝夕、涼しくなってきて もう赤とんぼも飛び始めた。
あんなに暑かった夏も去ろうとしている。
ゆく夏を愛しんで 備前焼の花器に活けてみた。
素朴な土の質感によく似合う。


110829_120124[1]
長平庵の食堂の窓際にて

コメント

非公開コメント

No title

エノコログサ、私もだ~い好きです!去年、一番最初に摘んできてうちのベランダに移植したのがエノコログサでした。すぐに育ってくれて、風にゆさゆさ揺れる風情が大好きなんです。都会とちがって、野の草ものびのび育っていて、街の郊外はいいですよねえ。

赤とんぼ

こんにちは! エノコロクサと備前焼、合いますね。色数が少なくて、癒しになります。
ところでもう赤トンボが飛び始めたのですね! うちはまだかなあ。蝉の必死に鳴く声が何だか痛々しいです。

No title

tomokoさま
かわいいですよね。 でも、あまりに増えると抜かざるをえないのですが・・・

No title

絵美さま
今年は蝉が鳴きはじめるのが、遅かったような気がします。短い夏を必死に鳴く蝉、切ないですね~。

思いは 秋の野に・・・

すいれんさま♪

備前の火だすき ゆく夏のひと時・・・

ネコじゃらしがなんとも風情のある姿に
周りを見渡すと 少しずつ秋の気配 感じるこの頃ですね

sachikoさま
そうですね、ついこの間まで暑い暑いと言っていたのに秋はもうそこまで来ているのですね~。sachikoさんの秋の装い、楽しみです。