浜町

前回の続き


今回この五月花型歌舞伎を公演した明治座のある浜町と
いうのは 昔、父の「彼女」が住んでいた所。
「浜町」という地名は そのまま彼女の代名詞だった。

もうウン十年も前の古い話だが、その存在を知ってから一度も
浜町に足を向けたことはなかった。
父母が亡くなって数年たったので、そろそろ時効かしらね、と
お芝居の後で お茶を飲みながらM子姉と思い出話をした。

「浜町」は、その後しっかり正妻の座についた。
いわゆる修羅場というやつを、いくつも潜り抜け、一つの家庭が
壊れるのに何年もの時がかかった。
そしてさらに何年もの時が過ぎ「あの親父は酷い親父だった」と
笑って話せるようになるのだから「時」というのは凄いものだ。

人にはそれぞれ その立場というものがある。
たまたま今世では、こういう巡り合わせになってしまった・・・と
いうのか、自分の演じる役を母も浜町も、もう上で決めて降りてきた
のかもしれない、今はそう思えるようになった。

一つだけ言えることは、人を恨んだり憎んだりして一番辛いのは誰か、
というと 結局は自分なのだという事に気付かされたこと。

今回、この歌舞伎のお陰で久しぶりに「浜町」を思い出したが
そこに憎しみを感じなかったことが、嬉しかった。
父のことも、浜町のこともM子姉と笑い飛ばせたことが、嬉しかった。

私たちは心の封印を解いて父の悪口を思いっきり言いあった、笑いながら。
本当に酷い人だった。
でも、憎みきれないのは、やっぱり父だからだろうか・・・?
母は離婚してから、父のことは一切言わなかった。
病気のことも父のことも、グチを言わない母はカッコ良かったなぁ~。

夫婦の情、親子の情って 何とも複雑怪奇。
好きだけど嫌いで 憎いけど好きな唐草模様。
泣いて 怒って 笑って・・・また 泣いて。
人生って本当に 悲喜劇だな と、つくづく思う。


20100511203452238.jpg

コメント

非公開コメント

感じ方なのでしょうけれども、ときがたつのって、人にも、物にも、すべてに平等でいっさいの偏りがなくていいものですね。
その上で、人それぞれの心のあり様で、そんな風に優しくもなり、また逆に酷にもなり・・・で。

浜町、ですか。むかしはもっと粋な町だったのでしょうね。ちなみに、明治座からもほど近い人形町の「錦や」さんにもずいぶん以前からお世話になっております~。とはいえ、もっぱら直しものが多いんですけども(笑)。

こんにちは。どんなに不条理な思いをしても、時間が解決してくれることってありますよね。その当時はお辛かったことと思いますが、詰まるところ人間は「今」を生きることが大事なんだ、と思います(まあ、思いながらもなかなかすぱっと切り替えることは難しいですが・・・その点、お母様は本当に偉かったですよね)

tomokoさま

へ~、「錦や」さんですか・・・。あの辺も昔からの面白そうなお店が、ありそうですものね。
そうそう、あっち方面に和紙のお店あるんですよ。一度行きたいと思ってたんです。千代紙だけでも何百種類とか・・・。
ご一緒しませんか?

絵美さま

はい、うちの母は偉大です。
とても越えられそうもありません(笑)