皐月に単衣を纏う

初夏らしい爽やかな日、今日は完成した作品の額を
作りに行きつけの額屋さんへ。
5月は本当は袷の季節だが、異常気象の上に節電でどこも
あまり冷房を効かせない今、自分の体感やその日の気温で
きものを選ぶべきだと思う。
と、言う訳で 今年はじめての単衣に袖をとおした。

何と軽やかで爽やかなこと。
単衣の季節が長くなれば、きものを楽しむ人も増えるのでは?
一枚でふたつの季節(つまり、夏に向かう5月、6月と
夏から秋へむかう9月、10月)を楽しめるのも単衣の面白さ。
帯や小物で季節感をだせるのも 楽しみどころだ。

今日のきものは、2年前に八木さんで誂えた白鷹織り。
実はこれは、単衣デビューのきものだったのだが、これが
大当たりだった。
シボのある織り地は、身体にまとわりつかずに サラリとした
着心地。
これから夏が始まるという開放感と共に身も心も軽くなり
単衣の季節のまず最初に着るきものとなった。

帯は島仲由美子さんのグンボウ。
昨年、山本きもの工房さんで見染めてしまったもの。
「真冬意外は、しめられますよ」という山本さんのことばにも
惹かれた。
南の島の素朴さか、飽きのこない帯。

どちらも大好きなきものと帯。
不思議なもので、時間がたてばたつほど 愛着が湧いてくる。
洋服では、あまりない感覚だ。
大切に末永く纏いたい。


110514_123255[1]



110514_161459[1]

コメント

非公開コメント

こんにちは! 今の時期はもう単ですよねぇ。白系のお色、シボの感じがとても清清しく、帯とのコントラストもステキです。シボといえば私は塩沢の単を持っているのですが、こういうタイプは本当にさらっとして軽く、着心地いいですよね。

絵美さま

写真だと真っ白に見えますが、少しクリームがかっていて、暖色系の帯をすれば秋にも着れるので、本当に重宝しています。

ここ2,3日 爽やかできもの日和ですね~。

涼しそうです

すいれんさん、

 こんにちは。
とてもお洒落なコーディネートで素敵です!

白鷹織、お召でしょうか。 細かい絣がよいですね。 帯も色、柄も大人っぽくて良いですね。 単衣が心地よい季節になりました。

ルリ子さま

ありがとうございます。
単衣のきものの数が少ないので、今の季節、ほとんど「これ」です(笑)
でも、どんな帯にも合わせやすく重宝しています。