宝箱

N子姉が、和箪笥の片づけをすると聞いて、お手伝いに。
と、いうのも姉の箪笥は私にとって「宝箱」
きものを全く着なくなった姉が、折にふれて少しづつ片づける
その箪笥の中には、金銀財宝がザックザク・・・というのは嘘だが
私にとっては垂涎のきものや帯が、ザックザクなのだ。

ただ、姉が女将時代に着ていた、言わば仕事用のきものなので、
私の好きな紬系は あまりない。
でも、母と違って地味好きなので 好みはとても似ている。

今回も期待に違わず、2本の帯を貰った。
今がまさに旬のアヤメの帯と白地の夏帯。
「これ、する?」の「す」のあたりでもう「するする」と
二つ返事の私。
どちらも 大好きな帯だった。

アヤメの帯は柄が大きいが、色が優しくて品が良い。
白い方は葉がアジサイに似ているが、花びらが5枚のところをみると
ウツギをデザインしたものか、葉は白、花は金糸の刺繍がしてあり
華やか。
しかし、さすがに白の帯は薄っすら、シミや色変わりが見られる。
これは早速、山本さんに相談して、シミ抜きで良いのか、色をかけた方が
良いのか・・・プロの意見を聞いてみよう。

帰りは「舌切り雀」の葛籠をもらったお婆さんの心境。
(もちろん、私は小さな葛籠のお婆さんの方ですよ)
ただ、次回にむけて、しっかり目星はつけてきた(笑)

それは何とも個性的な紬の帯。
姉には珍しいタイプだが、もうまさに私好み。
見る度に褒めるのだが「これは、ダメ~」といつも断られる。
「いつか、するから~」 ん~、どこかで聞いたセリフだ。

でも負けないぞ。
今後もおねだりするつもり。
いつか姉が、根負けするまで。
想いは通づる経験を、何度もしてきた私。
今回は、写メしてきたので、見る度に「おいで~、おいで~
私のところへ」と、念じよう。フフフ(怖)


110504_104215[1]
まるで、日本画のような
アヤメの帯。

110504_104245[1]
白地にウツギの花か。
残念ながら変色が
見られる。


110502_143340[1]
「おいで~、おいで~」の
紬の帯。

110504_172116[1]
この日のきものは、
柴崎重一氏の
ざぐり織りの紬。


110504_171553[1]
帯はお馴染の
洛風林のふくれ織り。

コメント

非公開コメント

ムフフ!お宝分け、よろしいですこと!お姉さまの帯、どれもステキですねえ。
夏帯の地は絽つづれですか?それとも絽の染め?どんなお直しができるのかちょっと関心アリ!です。夏物の傷みは他人事ではありません。とはいえ、自分の手持ちはずいぶん限られているんですけどもネ。
「お裾分け」に感謝です。

tomokoさま
絽つづれって言うんですかね~? さっぱり私は詳しくなくて・・・。 tomokoさんに見てもらいたいです。
考えたら、染めるとまたお金がかかるので、今回はシミ抜きだけしてみようかと思います。あやめの帯の方が薄くて軽いんですよ。あやめは、6月ですかね?

こんにちは!

>「す」のあたりでもう「するする」と
きゃー(笑)、その情景が目に浮かぶようです!
アヤメの帯、隠れてしまうところまできちんと描かれていて、さすが素晴らしいお品ですね。

紬の帯、いいですねぇステキステキ。「こっちへおいで~」と念じて待ちましょう!

絵美さま
日本人の美意識なんでしょうかね? 見えないところまで神経を行き届かせるのは。
このあやめの帯、手前は全部、刺繍なんですよ。まさに衣裳って感じですよね。