準備万端

今年も日本蜜蜂の分蜂の季節がやってきた。
我が家の巣箱は、残念なことに昨年の猛暑の影響で全滅。
(といっても、2箱しかないのだが)
今年の分蜂に期待したい。
きっとどこからか、飛んできてくれる・・・ハズ。

例によって我が日本蜜蜂の師、渡辺先生の登場。
巣箱の清掃から、周りの環境設定まで すべてお任せ。
すると 早くも偵察蜂を発見!
風にのってフワフワと飛んでいた。
これは「いい感じ」と、期待度倍増の先生と私。
良い場所を見つけた、と早く仲間に知らせておくれ。

お手入れの後、いつも蜜蜂のお話を伺うのが楽しみ。
「古い桜に樹にはウロがあるので、日本蜜蜂は必ず、そのそばに
いるものです」
つまり野生の日本蜜蜂はウロを巣にすることが多いからだ。
もちろん、短い期間ではあるが桜の蜜も集める。
和蜂と桜、なんともしっくりくる関係だ。

蜂蜜の味は、集める蜜によって味が変わる。
桜の蜜から作られた蜂蜜は、どんな味だろう?

西洋蜜蜂は、一度巣箱に棲むと ずっとそこに棲み続けるが
和蜂は何か気に入らなければ(たとえば、午後の日当たりが強いとか、
風当たりが強いとか)作った蜂蜜を持ってさっさとその巣を捨ててしまう。
何ともドライというか、でもこれも生活の知恵で、だからこそ
細々とでも生き抜いてこられたのだろう。
合理的と、言えるかもしれない。

好む蜜も洋蜂は、レンゲやタンポポなどだが、和蜂は地味な花、
ツゲやサカキなど、花が咲いていると気付かないような小さな花を
好む。 食性が全く違うことも、和蜂にとって幸いしてるのかもしれない。

ただ共通の敵は農薬。
なので、田舎の蜂は危機に瀕している。
皮肉なもので、銀座の蜂が元気なのは皇居や浜離宮から蜜を採って
くるから。
どこでもいいから 蜂さん達が元気に飛び回ってくれることを
切に願うばかりだ。

110410_101803[1]
箱に残っていた巣のかけら。
これで、和ロウソクを作る。


110410_102157[1]
黒蜜や日本酒などを塗っておいた巣箱。
バーナーであぶると、それらが溶けて
蜂の好きな匂いを発する。

コメント

非公開コメント

こんにちは! おおお、蜂の巣! 蜜! と聞いてお腹がぐうと鳴ってしまいましたが(笑)。和ろうそくを創るための採取なのでか・・・これはまた風雅ですね。
どうやって創るのか存知上げないので、また教えてくださいね☆

絵美さま
ごめんなさい、書き方が悪くて。
私は和ろうそく、作りませんが、この日本蜜蜂の巣から作られるのだそうです。
火を灯すと、甘い香がするそうですよ。

そもそも長平庵の縁の下に日本蜜蜂が巣を作って、伊勢の豊受けの神のお使いと言われているので駆除も出来ず、分蜂の度に巣箱を作ったのが始まりです。蜂さんに教わる事は、多々あります。ご興味ありましたら、カテゴリの「蜜蜂日記」を見てくださいませ。

日本蜜蜂って豊受けの神様のお使いだったのですか~!知りませんでした。もし知っていたら、4年ほど前に参拝に行ったさい、日本蜜蜂さんのこともお祈りしてたのになあ。
蜜鑞の香り、好きです。ターシャも自分で作るのは蜜鑞のろうそくだったようですね。でもあの手間を思うと、とっても大変そうです。市販のはちみつ石けんも、ほんのり蜜鑞の香りがして好きでした。
今年はうまくいくといいですね!そしたらそっと見学にうかがいたいと思っています~。

すいれんさま

わぁ~♪ 凄いですねv-410
自家製蜂蜜・・・ 桜の蜜はどんなお味でしょ 

蜂蜜日記 拝読~♪
日光の農家の方 西洋蜜蜂の巣箱を畑と雑木林の境に置いている方が・・・
この西洋蜜蜂は日光に永住なのですね。
蜜蜂によって生活習慣の違いや蜜の好みもそれぞれなのですね。
 いままで美味しいと食しているだけでしたわ
一つ知識が増えました(●^o^●)


そうそう・・・ 先日のお出かけのさくらの大島 見事な織りですね~e-266
繊細で計算しつくされた糸の組み合わせ 
陽のあたるさくら 陰のさくら とっても素敵・・・

 


tomokoさま
はい、ぜひぜひ見にきてくださいませ。巣箱に入りましたら、すぐにお知らせしますので。でも、嬉しくてその前にブログに書きますね、きっと。昨年もあの猛暑の中、花も少ないのに懸命に蜜を集める姿、愛おしかったです。洋蜂より一回り小さいし、グレーと黒の縞で目立たない蜂さんですが・・・。

sachikoさま
蜜蜂のこと、知れば知る程、凄いんです。特に和蜂は小さな体で自然と共存して、仲間どうし力を合わせて懸命に生きる姿に感銘をうけます。今の日本にヒントになる生き方かも・・・。

さくらのきものは、奄美大島のウムタラさんという染色家が染めたものです。それはそれは気の遠くなる作業のすえに出来たものです。ご存知のように、糸を績む人も織る人も高齢化していて、もうこんな手の込んだ織りが出来る人はいなくなるかも・・・と、言ってました。若い人が育ってくれれば良いのですが。