一本の電話

日本在住のスリランカ人の知り合いが、今回の地震を心配して
電話をくれた。
家族皆、無事だと言うと とても喜んでくれた。
そして彼はこう言った。

「国に帰ることも考えたのですが・・・。
20年近く日本に住んで、良い時だけ住んでて悪くなったから
帰るというのは、ちょっと違うと思って、日本に残ることに
しました。僕にも出来ることが、あるかもしれないし」

私は胸が熱くなった。
こういう人もいるんだなぁ、と。

もちろん、国に帰る外国の人達を責めるつもりはない。
こんな時、自分の国に帰りたいと思うのは当然だから。
いろいろ事情もあるだろうし。

でも、そんな中でも彼の言葉は本当に暖かく感じられた。
なに人とかどこの人とかでなく、これはもうその人の人間性の
問題なのだろう。
人と人の絆に国境はないのだと、初めて身近に感じられた。

人間として・・・
人としてどう行動をとるか、それを基準に考えれば
おのずと自分のやるべきこと、やらない方が良いことが
分かってくるのではないか。

110318_001636[1]
懐中電灯の光で
歯を磨いた。
幻想的な光の中では
いつもの洗面台が
違って見えた。
新しい発見。

コメント

非公開コメント

すいれん様

毎日、報道されることに心を痛め、せめて孫だけはなんとかしたいと日々心を乱されています。こんな方がいらっしゃることは励まされます。

ありがたいことですよね。外国の中には、地震なんて滅多にないところもありますし(スリランカはどうかわからないのですが)、原発の問題もありますので、海外の人の恐怖心はよくわかります。

懐中電灯に、スーパーの白い袋をくしゃくしゃっとさせて被せると、光が散乱してより明るくなるとどこかで読みました。うちはまだ停電になっていないので試していないのですが、アートとしても面白そう・・・。

みっちゃんへ
そうですね、私も大切な事を教えられた気がします。

絵美さま
へえ、工夫するといろいろあるものなのですね。私もやってみます。
大停電に備えて、慌てないように、いろいろシュミレーションしています。家の中が違って見えて、驚きました。十何年も暮らしている家なのに・・・。

相手の気持ちをいただくって、きっとこういうコトなのでしょうね。胸のうちがぽかぽかしてくるようですもん。
誰でもなんでもそうなんでしょうが、上手くいっているときにはわからなくても、こんな非常時ほど、人間一人ひとりの内面って表れるものなんだな~ってあらためて感じています。
あ、懐中電灯照明ですが、もしトレーシングペーパーがありましたら、それもオススメです~。

tomokoさま
そうですね、娘の友達の彼氏はさっさと国に帰っちゃたそうですから。まあ、彼にも家族がいるので、責められません。日本人でも、小さい子がいる家は、国外に出ることを考えてるみたいです。子供を守りたい一心なので、やはり責められません。何が良い悪いではかたずけられませんが、何を優先するか・・・という事ですかね?

トレーシングペーパーを貼るんですか?
皆さん、いろんな事、ご存知なんですね~。

おはようございます。。。

輪番停電・・・ あるのか? ないのか?
前日夕方か当日2時間前お知らせですものね
続けての余震 落ち着かぬ日々・・・
仕事にも差しさわりがありますしv-390

そんな時に暖かな思いあふれるお電話に心ほっこりv-410

青空見上げ お花やU^ェ^Uからパワー貰っております。


そうそう・・・義妹のドイツ友人より 国外退避考えているなら
その時はこちらへ とメールが入ったそうです
原発に対する考え方 日本とはかなり違う欧米諸国のようです。

sachikoさま
そうなんです、外人ってやっぱりフランクなんですかね、ハワイの友人も早くこっちへ来いと言ってくれるんですが、こんな時に日本を離れられませんよね。