こいつぁ春から縁起がいいわい

森田空美さんの生徒といっても、私など好きな時に教えて
頂くプライベートレッスンの「お気楽生徒」なので、新年会に
出席させて頂くのも気がひけるが、そこは きもの好きな私のこと
皆さんがどの様な新春のきものをお召になるのか拝見したくて
たまらずに参加。
それはもう噂に違わず百花繚乱。
「流石です、森田先生」な絵巻きが広がっていた。

しかし、プライベートレッスンは、もちろんお友達は出来ない。
なにしろ毎回、一人なので・・・
知った方もいなくて寂しいかな、と思いきや、そこに奇跡がおきた。
何と隣に座った方、知り合いだったのだ!
130名のお集まりに、よりにもよって隣になるとは
「神様、ありがとうございます」
彼女は昨年の夏から、お教室に通っているのだとか。
こんな偶然あるだろうか。

おいしくお料理を頂いた後は、皆さんお待ちかねの当たりくじの
発表。銀座もとじさん、青山八木さん、ぎをんない藤さんが
それぞれお店の品をプレゼントしてくださるのだ。
素晴らしい品々が、当たる度に会場内に広がる拍手とため息。

そして、ぎをんない藤さんの草履袋(これは旅行の時などに便利)
の時に2度目の奇跡がおきた。
読み上げられた「44番」は、私の番号だ。
「神様、ありがとうございます」
もう頭の中が真っ白で壇上に上がり、ない藤の女将さんに
「2年前に伺ってお草履、頂きました」なんて訳の分からない事を
言った様な気がする。

そして3度目の奇跡は会場を後にして電車に乗り、自分の駅に
着いた時におきた。
「あのぅ」と、声をかけられ振り向くと、おきもの姿の女性。
森田先生の生徒さんは、同じ町にもいらしたのだ。
「神様、ありがとうございます」
この事が一番、嬉しかったかも・・・だって、またきもの好きの方と
ご縁が頂けたのだから。

こうして、3つの奇跡がおきた森田先生の新年会。
さっそく「ありがとうございます」の効果が表れたのか?
ちょっと早すぎる気もするが、まあ良いことなのでウエルカム。

それにしても、「草履を入れる袋」とは旅行にもきものを持ってゆけと
いう事かしら?
などと思いながら、その夜は幸せな眠りについた。
「女神がほほ笑む日」って、あるんですね~。

110116_205535[1]

会場風景

110116_205907[1]

偶然、隣の席になったIさんと

110117_122136[1]

くじが当たった
ない藤さんの草履入れ。
草履に噛ませるクッションが
かわいい。

110116_153721[1]

この日のきものは、10年前に
姉から譲り受けた辻が花。
帯は例のシャンパンゴールド。
活躍してます。

110117_121915[1]

裾模様。
刺繍の蝶がちょうど、帯と
合っている。

コメント

非公開コメント

ひゃあ~!運を引き寄せてますねえ~~!
ウワサに違わぬ(?)盛況ぶりで何よりでした。ない藤さんの草履袋も引き当てて、新しい着物仲間も増える予感!!縁起のい~い春ですねえ、ホント。
会の様子や新しいお友達のこと、今度またお話をあれこれうかがえるのを楽しみにしてま~すっ!

tomokoさま
本当に。
こういう日って、たまにあるんですよね。
「ありがとうございます」言いまくってます。(笑)

おぉ~~~ 早速、効果有り~e-266
3つの奇跡・・・ お話伺えば伺うほど なんと「幸」の機運がすいれんさんに集まってきているようですわ

お姉さまから譲られた辻が花のお着物をより引き立てるシャンパンゴールド帯
ほんとにお利巧優れ帯ですね。。。 直に拝見したいですぅ

sachikoさま
言霊って本当にあるのですね。特に日本語って、凄いと思います。
だから、うかつに悪いことを言葉に出来ません。本当になってしまうから(怖)

そーです、この帯は◎でした。1月でもう4回、締めましたもの!

こんにちは! すごい、すごーい! 嬉しい偶然がトリプルだなんて! ない藤さんの草履入れ、優しいお色でモダンなデザインですね。

それにしても本当に華やかな、そしてぴしっとした宴席・・・こっそり行って、お一人おひとりの装いを拝見したかったです(笑)。すいれんさんの辻か花、オパールような多色の移り変わりがなんともいえず、ラグジュアリーですね。

絵美さま
華やかな中にも品があって、もとじの社長さんも大絶賛の会でした。
本当に、きもの好きの私は、お一人お一人、おきものの事、ゆっくり伺いたかったです。
龍村の昔の帯をしてらっしゃる方とか、江戸小紋を帯でグレードアップしてらっしゃる方とか、お勉強になりました。