きもの始め

きもの友達の絵美さんと知子さんと「日本のおしゃれ展」に
ご一緒した。
池田重子さんのコレクション展である。
季節性と物語性、そして池田さんの美意識に裏付けされた
数々の展示品は、とても見ごたえがあった。
きものや帯だけでなく、髪飾りや袋物、帯留など その技術の
細かさなどには驚嘆するのみ。
本当に日本人は、細やかな感性を持っているのだな・・・と、
つくづく思う。
(松屋銀座にて1月17日まで)

ところで、この日のお二人をレポート。
絵美さんは濃い紺地に椿の小紋。帯に金糸銀糸が入っていて、お正月の
華やぎを表現。
知子さんは深い緑のロウケツ染めの付け下げ。
帯は銀糸の無地。完璧なコーディネイト。

本当に個性が違うので、それぞれが自分に似合うもの、自分の好きな
ものをしっかりと持ってらして拝見していて楽しい。
きものに造詣の深いお二人の会話は、きもの1年生の私には
とても勉強になる。



110105_121538[1]
ランチは和光新館のカフェで。

110105_142306[1]
会場の前で
ツーショット。

110105_150249[1]
展示会の後は
三越のハロッズでお茶。

110104_142959[1]
私はグレー地の付け下げに
例のシャンパンゴールドの帯。
お正月なので、帯揚げは
もう少し、淡い色の方が
良かったか?

110105_180837[1]
こんなに早く、
この帯をお披露目
出来て嬉しい。










絵美さんのブログ
知子さんのブログ

コメント

非公開コメント

先だってはおつきあいさせていただき感謝です。ホントに楽しい着物はじめでした。
帯、素敵でしたね~!織りの質感こそは実物を見なければわからないお品ですねえ。カッコイイです~!
しかし、お会いする度に思うことですが、すいれんさんのスラリとした手足や肩のあたり、スッキリしっとりとした着姿になるのがまあ~なんとも美し~い、といつも感心しています!母親ゆずりのもっさり農耕体型の私には永遠の憧れです~。(笑)
また今年も着物あそびにお誘いください。久米島会(?)も楽しみにしています~!うふ。

tomokoさま
お褒め頂いて嬉しいかぎりですが、私は本当はもっと太りたいのです。でも体質というか、胃腸の吸収分解能力が弱くてダメみたいです。農耕体型こそ大和民族。私にはそちらの方が羨ましいですが・・・。
年をとってきて痩せていると、貧相で幸福感がないじゃないですか(笑)

わぉ~♪ シャンパンゴールドの帯e-266
素敵・素敵・・・ 直に拝見したいですわ♪

すっきりと綺麗な着姿 モデルさんのような~
憧れのスタイル お洋服もお着物もすいれんさんのオーラが・・・

ふっくら小さな私 どうしましょ v-390 
アッ・・・ 心だけは大きく伸びやか~v-410

sachikoさま
ワーイ、sachikoさんに褒められた!
でも、きものは小柄の方が良いような・・・。 池田重子さんのコレクションも皆、小柄でかわいらしかったです。
みんな、無いものねだりですね。

こんにちは! 先日はありがとうございました☆ ホント、シャンパンゴールドの帯は気品があって、沈まず出過ぎず、すいれんさんの雰囲気にぴったり。眼福でございました。

池田重子さんのコレクションも、見応えありましたね…でも、どうして「ひつじどし」の帯どめが「本」だったのか、まだひっかかっているワタシです。やっぱり創った人、羊見たことなかったんじゃないかなー、ナンテ。

絵美さま
アハハ、ほんとに! 未年の私達としては、納得のいかないところですよね。

またおきものお出掛け、宜しくお願いします。