熱冷めず

病名:きもの熱、織り型
症状:織りのきものや帯を見ると、心弾んでしまうあまり
   自分を見失う。
   連鎖的に「欲しい欲しい病」も併発
感染:樋口可南子さん、森田空美さん、清野恵理子さんあたりから
   感染したもよう。
現状:改善の見通したたず。むしろ、熱が体内にこもる傾向。
処方:危険物には近寄らない。
   (そうは言っても、突然出合ってしまう可能性大)

こんなやっかいな病気をかかえて2,3年たつだろうか。
だが お陰で同じ病状の友人が増えた(笑)
普通の病と違うところは、元気がでる事。
(あれ、これって良いことじゃないのぉ?)

ということで、本題へ。
今年最後の「山本通い」
11月に山本さんで開催した年に2度の、ちょっとお得な展示会で
「え、このお値段でいいの?」という久米島紬の反物をGET。
(時々あるみたいですよ、こういうのが・・・)
やっと、お仕立てに漕ぎ着けたという訳。
この日は、八掛の色を決めに。

初めての久米島紬。
とうとう来たか・・・沖縄。
来年は沖縄の嵐が吹き荒れそうな 嬉しい、あ、違った大変な
予感がぁぁぁ・・・。

101224_150626[1]

反物の下に見えている
ベージュが八掛の色です。

101224_140705[1]

この日着たのは、
山田織りのきものに
冨田潤さんの帯。
辛子色の三分紐に
アヒルの帯留。
実はこれブローチです。

101224_171624[1]

コートは2年前くらいに
awaiで、購入したもの。
洋服のデザイナーが洋服の
生地で作ったのだとか。

101225_110735[1]

お袖の振りの所に空きが
ないので、とても暖かい。

コメント

非公開コメント

うわ!ゆうなでしたっけ?グレーの久米島紬、素敵ですね~!縞の間の絣の色がいいですね。
いやあ、もう出会ってしまったら、舞台からダイブするしかないですよねえ!(笑)
私の久米島はいわゆる泥染めのです(大好きなの)。すいれんさんのとは色がかぶらないので、いつかぜひ久米島デートいたしませう~!

tomokoさま
一枚は、こういうの欲しいと思ってました。
よ~く考えて、これも出合ってから手に入れるまで、数か月かかりました。その間に売れてしまえば、ご縁がなかったという事で・・・と、思うのですが、売れてないのですよね、これが(笑)
ぜひぜひ、来年仕立てあがったら、久米島お披露目会いたしましょう。