今夜は眠れない

山本きもの工房さんの「秋・冬」展に伺った。
毎年、春と秋の恒例の展示会。

和栽師、山本秀司さんのこだわりの選定で集められた
布達は、さすがにどれも素敵。
一歩、会場に足を踏み入れたら、もう 福眼を通り越して目の毒。
目移りするは、目まいはするはで もう大変。
ああ、何とも魅力的な沖縄の布達が 手招きしている。

しかし「見るだけ、見るだけ」と、何とか無事にスル―した、
筈だったのに・・・
運命の帯と、(前にも聞いたセリフ・笑)出合ってしまった。
「プロトタイプ」と、命名されたその帯、実にめずらしい
織りで色はシャンパンゴールド。
1、何よりも、先日お願いした黒留袖に、これ以上ない程、
  ピッタリなこと。
2、直して頂いた母の付け下げにも、ピッタリなこと。
3、ちょっとした食事会などで、紬に合わせても締められること。
  (そうだ、焦げ茶の紬に合う。あ、黒の刺繍大島にも合うぞ)

これ以上、万能な帯が他にあるだろうかぁ!(もうほとんど、
叫んでいる)

*△○*◇・・・。
計算の弱い私の頭が、一生懸命 計算してる。
んー、また 宮古ちゃんは ちょっと遠ざかるが、出合ってしまっては
仕方ない。
甥の結婚式は、来年3月予定なのだから、こちらを優先すべきだろう。
△*○×□・・・。
あー、今夜は眠れない。

101126_152111[1]

会場で、きものブログ友達の
絵美さんと。
絵美さんの帯、とっても
素敵!

101126_165133[1]

この日のきものは、
新潟の山田織り。
帯は洛風林の
ふくれ織。













山本きもの工房「秋冬」展
11月25日~28日



http://yamamoto-kimono.jp/

コメント

非公開コメント

うっふふふ~!会場でアドレナリン大放出している様子が目に浮かぶようですね~!で、出会ってしまわれたんですね?(笑)
黒留から紬にまであう帯なんてそうそうあるもんじゃありませんから、財布のことはまあ、脇へ置いておきましょうよ。(そういう私は、今は近づかないようにしていますが~)
まっさらな礼装で決まったお姿、アップされるのが楽しみです~!って、来春まで待ちますわっ。

こんにちは! やっぱりいいいいい! すいれんさんの目、ハート型していましたもの★
何と言うか、ただゴージャスとかいうのではなく、個性もちゃんとあって、かつ格も感じさせる帯でしたよね。
うん、いい出合いですv-238

tomokoさま
ね~、そうでしょ?黒留から紬までなんて、そうあるもんじゃないわよね。もう、ブログというより、ほとんど自分の頭を整理してるみたいな文章ですが、女なら分かってもらえる筈。本当に珍しい帯なの。もし、手に入ったらお見せするわね。

絵美さま
そーなの。あの後ね、今縫ってる途中の黒留袖を出してきてくださって、合わせてみたら、皆さんがもうピッタリだって。それなのに、紬にも合わせられるって(例の山本さんが)そんな帯、そうあるものではないでしょ? これも出合いですよね。
それにしても、女とは欲深いものですぅ。
でも、欲がなくなったら仏様かな・・・(笑)

すいれんさま

おぉ・・・ 素敵なお出会いが合ったのですね~
ひと目ぼれでしょうかe-266
しかし・・・ なんとゆう欲張りなお利巧帯なのでしょう
黒留に・・・ 訪問着に・・・ しかも紬にも

きっと私もひとめぼれしてしまいますね。。。

ぜひぜひ拝見させてくださいねv-410

sachikoさま
そーなのです。ちょっと考えられないでしょ?でも、合わせてみると本当に合うのです。不思議な帯です。京都の帯やさんが開発(?)したもので、織り方が変わっているのです。ちょっと専門的なお話でまだ良く理解出来てないのですが・・・。今度、よーく伺ってレポートしますね。