「マイケルの遺した言葉」


今さら私がマイケル・ジャクソンについて語ろうとは思わないが、同じ時代を生きてきた者として、やはり彼の死はショックだった。
あれだけ世界の人々から愛され光を浴びた分、また同じくらいの闇の部分を持っていたであろう彼の孤独は計り知れなく切ない。

CDでは彼の心の叫びが、本当の彼のことばが伝わりにくい。
翻訳するときに商業的にか、あるいは訳者の感性か少し違った意味になっていたりする。大西恒樹さんのブログは「マイケルへの愛と熱意に満ちた誠実な背景検証を踏まえた訳詞集ブログ」だ。興味のある方はぜひ読んでみてほしい。

皮肉なもので、生きている時には彼の奇異な行動やスキャンダルに注目が集まっていたが、亡くなってやっと本当の彼を理解しようとする人が増えてきた気がする。
やっぱり彼は天才だったのだなぁ~と、つくづく思う。

http://mjwords.exblog.jp/

コメント

非公開コメント