とうとう黒留

黒留袖は既婚女性の、最礼装。
ところが私は 結婚して31年も経つのに、一枚も持っていない。
もちろん、親戚の結婚式が今までなかった訳ではないのだが、季節が
夏だったり、まだ私がそこまで きものに嵌まっていなかった頃で。
ここにきて、甥の結婚が決まり うちにも年頃の娘が二人いることだし、
そろそろ準備のしどころか・・・
と、山本きもの工房さんで 探して頂いた。

何点かある中で、一番私に似合った(自他ともに認める)ものは、
やっぱり色を押さえた 渋いものだった。
白い桐が印象的。桐は菊とともに皇室の紋章でもあり、どこかやはり
高貴な雰囲気を漂わせる柄。

普段から無地っぽい紬のきものとかが好きな私には、どうにも苦手な
範疇ではあるが、山本さんご夫妻にアドバイス頂いて決めたこの黒留袖、
きっと本番の時には、「やっぱり これにして良かったね」と、
思える一枚になるだろう。
仕立てあがってくるのが、楽しみだ。

100929_160034[1]


101015_102614[1]

今日のきものは、
黒い大島紬。
裾に唐草の
刺繍があって、
モダンな感じ。

101009_150554[1]

刺繍の柄は
こんな感じです。

101009_150800[1]

帯は上原美智子作、
吉野透かし織り。
グレイッシュなピンクが
ほんのり大人の甘さ。
上原さんの帯は本当に
締めやすい。

101009_150504[1]

コメント

非公開コメント

こんにちは! 黒留袖、白い桐、すごくすいれんさんのイメージです(ってお会いしていないのにスミマセン)。
この間、山本きもの工房さんで、コプトの帯を見ましたーそちらもすいれんさんのイメージでした。お写真の大島もお似合いですねー。刺繍の位置(高さ)が絶妙ですね!

絵美さま
そうですか? 私のイメージですか、それなら良かったです。他に気になるのも、あったのですが、山本さんご夫婦も、これが一押しでした。やっぱり、自分らしさって、大切ですよね。ところが今度は母の帯が、これに合わないという問題が発生しまして・・・。
まあ帯は間に合わなければ、借りるとか、何か方法はありますものね。

はじめまして~

はじめまして。神奈川絵美さんのところから来て、ときどき楽しく拝見しております。
モダンで素敵な黒い大島の模様はひょっとして刺繍でしょうか?長艸さんのところの・・・?と思いながら拝見しています。お写真で拝見するお姿にとってもお似合いのことと想像しています~。

tomokoさま
ご訪問、ありがとうございます。
残念ながら長艸さんのものではありません。
京都で、たまたま入った卸のお店で出会って
しまった一枚です。でも、運命の出会いだったと、思います(笑)やっぱり、私くらいの年齢になると、本当に気に入ったものを、大切に着たいです。これからも、どんな出会いがあるか、ワクワクします。やっと涼しくなって、秋本番、きものが着やすい季節ですね! また、お遊びにいらしてくださいね。
ところで、私もtomokoなんですよ~。