2010年10月10日、ぞろ目のライブ

朝はかなりの雨が降っていたが、午後には止み、演奏開始と共に
モンジュ―のバックから日が差し込むというドラマティックな展開で
始まったこの日のコンサート。
長平庵で2回目となる「モンジュ―」のライブ。

今回は20名程の人数で(でも、洋間にはちょうど良い感じ)
何とも贅沢なホームコンサートとなった。
前回も書いたが、長平庵の洋間に モンジュ―は本当によく似合う。
天井が高く、何造りというのだろう? よく神社仏閣で見られるような
造りになっていてそれが音響効果として とても良いらしく、
「レコーディングしたいくらいだ」と、三輪さんが言ってくださった。

さて曲目は「シャレード」「Night and Day」「Libertango」等々
お馴染の曲から 変わったところでは「フーテンの寅さんのテーマ曲」も
あり、弾けない曲はないんだな・・・と、感心した。
それもその筈、もともとフランス大衆音楽である このミュゼっト、
楽譜も何もないところから、ラジオから流れるアメリカのジャズを聞き
「これ、やろう」という感じで弾いていたそうなのでタンゴからジブリまで
何でもござれなのだ。
3人の息の合わせ方を ま近で見ているとおもしろかった。
息の合わない時もあるらしいのだが、まあ本番ではオーディエンスは
ほとんど分からないレベルだそう。

この日は一般によく知られている曲が 殆んどだったが実はもっと
マニアックな曲(彼らはそれぞれが曲を作るので)も あるそうで
次回はぜひ、そっちの線でお願いしたい。

Monjeu
三輪 崇雅 Guitar

原田 忠  Accordion

戸川 智章 Bass

モンジュ―で検索すると、ヨーロピアンジャズ・ユニット・モンジュ―として
載ってます。
待望の3rd アルバムは、MISC(目黒インテリアショップスコミュニティー)
とのコラボによる家具をモチーフとしたアルバムなのだとか。
どんな曲なのでしょう・・?楽しみ。


101010_143208[1]


コメント

非公開コメント

こんにちは! なんとここで思いがけずモンジュ-の名前を見るとは! というのも彼ら、山本達彦さんのサポートミュージシャンもしていて、私、7月のライブで彼らを生で見ているのです。ヨーロピアンジャズ…そうですね、少しアンティークなアコースティックで、生音が心地よいですよね。
家具をモチーフにしたミニアルバムの話もしていました。ライブも(家具やさんで?)行ったそうですね。

絵美さま
わー! ご存知だったんですね、モンジュ―の事。三輪さんの奥様が私の友達で、そのご縁で長平庵でのコンサートに繋がったのですが、なーんだ無理にでもお誘いすれば良かった。お忙しいかなっと、遠慮してしまいました。次回はぜひぜひ。とても良い雰囲気でしたよ。長平庵はきものが似合う場所なので、きものの催しとかも、やりたいな~と思っています。お知り合いで場所を探していらっしゃる方がいらしたら、ご紹介くださいね。
それより、まず一度私のアトリエ(長平庵なのですが)に、お遊びにいらしてください。
タロットの原画なども、お見せしたいので。