中世の秋

素敵なネーミングに惹かれて、吉田美保子氏の展覧会に行ってきた。
場所は、銀座もとじ。
最終日の日曜とあって店内は 混み合っていたが、ご本人にも
お目にかかれたし、何よりも作品の素晴らしさを実際にこの目で
見る事が出来て幸せだった。

吉田さんの作品は ネットなどで拝見して何ともモダンな柄ゆきや
変わり格子や、縞、四角という幾何学模様なのにシャープになりすぎず、
そこに布の質感や光沢、そしてご本人のお人柄か、優しさも加わって
独特の雰囲気を醸し出している。
しかも重くなりすぎず、今まさに着たいきものや帯だ。

今回はまた、プラハやボヘミヤの中世の秋がテーマとあって作品の
一つ一つに、吉田さんの旅の思い出が織り込まれている。
私が「欲しい!」と、思った帯は石畳のシリーズの一つ。
石畳の上に降っては消える雪のイメージで、織られたそうで お話を
伺ってますます魅力的に見えた。
品の良いベージュとオフホワイトの地に所々にグレーや押さえた紫の線が
縦に入る。
何気ないのだけれど、きっとこういうのは、締めれば締める程に
愛着が湧いてくるのだろう。(それにどんな着物とも合いそう)
あー、宝くじが 買いたくなる。
私の今の第一目標は、あの「宮古ちゃん」なのでグッと我慢で店を出た。
美しすぎる中世の秋であった・・・。

100926_153609[1]

銀座もとじさんの
店内。


100926_154356[1]

吉田美保子さんと。
彼女の作品の前で



100926_134344[1]

この日のきものは、
白鷹おりの単衣に
作家ものの帯。

100910_183023[1]

後ろはこんな感じ。
この帯は、タペストリーの
作家、冨田潤さんの作品。

コメント

非公開コメント

こんにちは! 日曜日、私もお店に行きましたよ~お友達と、午後1時すぎ~3時くらいまでいたのですが…。入れ違いだったのでしょうか、残念です。
白鷹織がとても清楚で、すっとした御顔立ちによくお似合いですね。帯もたおやかな秋の色で満ちていて…眼福です。

絵美さま
そーなんです。一足違いだったみたいですよ。お目にかかれる良い機会だったのに、残念でした。それにしても、吉田さんの織られた、あの白い着尺、ご覧になりました?
綺麗でしたね~。以前、樋口可南子さんが、田島拓雄さんの白い紬をお召になって、それはもう、なんとも言えない美しさで。白い紬、憧れです。もう、きりがありませんね。