夏きもの、三種の神器

この猛暑、やはりきもの好きの皆さんも、いろいろ
考えていらっしゃる様で・・・
「暑いから着ない」ではなく「こんな暑さに負けるものか」
と、工夫して着る、この大和魂に乾杯!

まずは「バブシャワー」
ある方のブログで見たのだが、着付け前にこれでシャワーすると
凄い爽快感で、汗知らずで着付け出来るとか・・・
さっそく、試してみた。
確かに涼しい。スーッとした感じ。
別にきもの着る人用ではないので、着ない人もぜひお試しあれ。
風にあたると、なお爽快感が増す。

そして「求めよ、されば与えられん」と、まさにそんな感じで
見つけた、きもの用下着。
着物スリップと長襦袢が、一つになったもの。
本体は筒袖だが、取り外し可能なお袖も別売りしてて、本当に
涼しそう(だって、きものの下はこれだけでOKなので)

もう一つの秘密兵器は「保冷剤」
小さめの保冷剤をハンカチの間に挟んで携帯。
汗をふくフリをしつつ、これを首の後ろとかに当てたら、絶対
涼しいと思う。

来週、きものを着る機会があって正直、本当に着るかどうか
悩んでいたのだが、今は「よし、これらを試す良い機会だ!」と
覚悟を決めた。
まず、朝はニュースで その日の気温は見ない。
(見ると それだけで暑くなるから)
着付け直前に、バブシャワーを使い、
「大うそつき」(この下着の名前です)を着用。
そして この夏、一度も着ていない絽のきものと帯で、いざ出陣。

難関は家から駅までの間。
日傘をさして、バブシャワーの持続力に期待しよう。
後はもう「冷房」が効いているので安心。
早めに、待ち合わせ場所に着いて涼もう、という計画。
完璧!

100821_102331[1]
これが噂のバブシャワー
すごく売れてるみたい
です。

100821_095845[1]
長襦袢を着てないのに
長襦袢を着てるように
見せるので「大うそつき」
という粋なネーミング。
二部式のうそつきは、
昔からありましたが、
これは一体型。

100821_101946[1]
保冷剤。
クール便なんかに
必ず入ってくるので、
とっておきます。

コメント

非公開コメント